☆人気アプリはこちら☆

ioritorei’s blog

完全趣味のブログ

江戸城宝物庫の楢柴肩衝 ー徳川家康編ー

 

 

 

 

どうせだから一気に書いてしまおう。

 

織田信長編を書いたら豊臣秀吉編になりそうなものだが、先に徳川家康編を書いた方が話がわかりやすい。

 

時代は前後するがご承知願いたい。

 

織田信長垂涎の的だった天下三肩衝を初めてすべて手にしたのは豊臣秀吉だった。

 

天下三肩衝をすべて手に入れた者が天下を獲るとまで言われたが事実そうなった。

 

時代は移り天下三肩衝は天下人となった徳川家康の手に収まる。

 

そして天下三肩衝江戸城の宝物庫に収められた。

 

問題の楢柴肩衝江戸城の宝物庫深く眠っていたのだろうが、明暦3年(1657年)の明暦の大火の際に破損し修復された記録が残っている。

 

ここまでは事実だろう。

 

しかし後に何故か行方知れずとなっている。

 

天下三肩衝のひとつ、楢柴肩衝は忽然とその姿を消してしまったのだ。

 

東照大権現以来、徳川家の家宝とも言える楢柴肩衝が紛失したのだから大事件になりそうなものだが、不可解なことに江戸城内で大した騒ぎになっていない。

 

江戸城は当時の政治の中心だ。

 

その宝物庫ならばセキュリティーが半端なわけがない。

 

厳重なセキュリティーをくぐり抜けて、大事件にも発展せず、まるで最初からそんなものは存在しなかったかのように、静かに楢柴肩衝はその姿を消した。

 

この謎のヒントが豊臣秀吉編に隠されている。

 

 

 

 

 

 

〔あわせて読む⤵︎〕

 

2020年大河ドラマ 『麒麟がくる』 - ioritorei’s blog

本能寺の変と楢柴肩衝 ー織田信長編ー - ioritorei’s blog

千利休と楢柴肩衝 ー豊臣秀吉編ー - ioritorei’s blog

織田信長の比叡山焼き討ちは宗教弾圧ではない - ioritorei’s blog

大河ドラマ『青天を衝け』に三野村利左衛門登場 - ioritorei’s blog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog