ioritorei’s blog

完全趣味の世界

2022年4月期アニメ1番の注目作品【SPY×FAMILY】原作は読んでないけどアニメは間違いなく面白い!

 

 

 

SPY×FAMILY

 

 

spy-family.net

 

 

 

SPY×FAMILY』とは

 

 

SPY×FAMILY』は、遠藤達哉先生による漫画。

少年ジャンプ+(集英社、以下『J+』)2019年3月25日より隔週月曜更新で連載中。

遠藤先生にとって3作目の連載作品。

赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女が「仮初の家族」を築き、「家族としての普通の日常」を送るために日々のトラブルと奮闘するホームコメディ。

本作の連載開始と同日発売の週刊少年ジャンプ(集英社)2019年17号には、本作の予告漫画が掲載された。

1巻発売直後の32号、2巻発売後の47号にも読切の出張掲載が行われた。

閲覧数・コメント数・発行部数における最高記録を次々と更新するなど、『J+』史上初の大ヒット作となっている。

テレビアニメがテレビ東京系列ほかにて分割2クールで放送され、第1クールは2022年4月より放送中。

ナレーションは松田健一郎氏

 

 

SPY×FAMILY カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

SPY×FAMILY カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

あらすじ

 

 

東西の間に鉄のカーテンが下りて十余年、隣り合う東国(オスタニア)西国(ウェスタリス)の間には仮初の平和が成り立っていた。

西国から東国に送られた凄腕スパイ・黄昏(たそがれ)は、東国の政治家ドノバン・デズモンドと接触するため、偽装家族を作ってデズモンドの息子が通う名門イーデン校に養子を入学させる任務オペレーション〈梟〉(ストリクス)を命じられる。

黄昏精神科医ロイド・フォージャーを名乗り、養子を探して孤児院で少女アーニャと出会う。

ロイドは知らないがアーニャは心を読むことができ、彼の心を読んで賢いふりをしたため、難関イーデン校に合格できると考えたロイドは彼女を養子にする。

実はそれほど賢くないアーニャロイドは四苦八苦させられるが、なんとか筆記試験に合格。

しかし次の面接試験に「両親」揃って来るよう指示されたため、ロイドは急いで妻役の女性を探すことになる。

その矢先、二人はヨル・ブライアという女性と出会う。

彼女は公務員をする傍らいばら姫のコードネームで密かに殺し屋をしていたが、婚期の遅れを周囲に揶揄され、他人の注目を避けるために形式上の恋人を探していた。

心を読む能力によってヨルが殺し屋であることを知ったアーニャは、好奇心からヨルが母親になってくれるよう仕向ける。

恋人役を探していたヨルと、妻役を捜していたロイド、そして「わくわく」を求めるアーニャの利害が一致し、3人は互いに素性を隠しつつ、即席の家族としての生活をスタートさせる。

 

 

第1話 【MISSION:1】オペレーション〈梟(ストリクス)〉

第1話 【MISSION:1】オペレーション〈梟(ストリクス)〉

 

 

 

2022年4月期最注目アニメ!

原作は読んでないけどアニメは間違いなく面白い!!

※原作未読のためネタバレはほぼナシ

 

 

久しぶりに、まったく予備知識がない新作アニメを観てみた。

巷で話題になっていたSPY×FAMILY』である。

正直、聞いていた設定とパッと見の画風から、たいした期待はしていなかった。

だが、食わず嫌いは本当によくないと思い知らせる。

「仮初の家族」を築くという設定では、「仮初の家族」となる全員が揃うまで、進行がとかくだらけがちになるのだが、まったくだらけることなくサクサクと物語は進行。

キャラクターも魅力的だ。

スパイと超能力者と殺し屋という、漫画ならではの設定だが、全員がどこか抜けていて非常に好感が持てる。

なかでも養女となるアーニャが可愛いすぎる。

 

 

 

超豪華な声優陣にも注目

 

 

毎週のようにサプライズで発表される新キャラクターの声優陣にも注目したい。

第1話では、ロイドが所属するWISE(西国情報局)の局長役大塚明夫

第2話では、ヨル弟のユーリ・ブライア役小野賢章

ヨルの雇用主である<ガーデン>店長役諏訪部順一

ヨルの市役所の同僚カミラ庄司宇芽香さん

ミリー役石見舞菜香さん

シャロン熊谷海麗さんと、豪華な声優陣が出演している。

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 

アーニャを演じているのは種崎敦美(たねざきあつみ)さん。

ダイの大冒険ダイ役鬼滅の刃』雛鶴役ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャンエンポリオ・アルニーニョ役などが有名で、演技の幅広さに定評がある。

劇中ではロイドヨルをそれぞれ父(ちち)・母(はは)と呼び、なんとも愛くるしい姿をみせてくれる。

父(ちち)・母(はは)という呼び方をきいたのは、同じく漫画原作で昔々昼ドラにもなった『ぽっかぽか』以来だ。

シナリオとキャラクターの面白さもさることながら、アーニャにすっかりメロメロにされてしまった。

アーニャのあの可愛さからは、もう目が離せない。

これは観るべし!

まだまだ余裕で追いつけるので、興味がある人は是非。

とにかくアーニャが超絶可愛い♡

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

Amazon Prime Video

Amazon Prime Video

  • AMZN Mobile LLC
  • エンターテインメント
  • 無料

U-NEXT - 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題

U-NEXT - 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題

  • U-NEXT Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

アニメ放題

アニメ放題

  • U-NEXT Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog