ioritorei’s blog

完全趣味の世界

知らないなんてもったいない!【アニメ『池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)』】食わず嫌いで正当な評価を受けられなかった名作アニメ『池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)』。

 

 

アニメ

池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)

 

 

池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)』とは

 

 

池袋ウエストゲートパーク石田衣良先生の連作短編小説集シリーズ。

略称は「I.W.G.P.」。

第1篇池袋ウエストゲートパークが第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞。

オール讀物への連載を経て、文藝春秋より1998年から2010年にかけて第1シーズン10巻が刊行された。

3年半を経た2014年から第2シーズン既刊7巻が刊行されている。

文体は1人称小説であり、主人公・マコトの回想録の形態である。

ほぼ全ての作品において、冒頭で謎めいた述懐が読者に語りかけられた後、事件の展開を追うという構成を取っている。

舞台となるのは主に池袋で、登場人物は主役脇役を問わず、多くがいわゆる「負け組」や「サイレント・マイノリティ」に分類されるような、周縁的な存在である。

本作は1冊分のエピソードを四季に分け1冊ごとに1年経過する設定になっているが、長期連載で第1シーズンで10年経過してしまい第2シーズンより一度リセットし再スタートをかけている。

外伝として、本編に登場する「サル」が、マコトではない主人公と共に活躍する『赤(ルージュ)・黒(ノワール)』タカシを主人公にした第2シーズン設定の前日譚にあたる『キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇』がある(第1シーズンでは本作と矛盾する描写が存在する)。

番外編としては、コミックこちら葛飾区亀有公園前派出所連載30周年記念企画の一環としての小説版に、「池袋⇔亀有エクスプレス」が収録されている。

後にテレビドラマ、コミック、ミュージカル、舞台、テレビアニメなど幅広いメディアミックスがなされた。

 

 

池袋ウエストゲートパーク

池袋ウエストゲートパーク

 

 

 

ドラマ『池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)』

 

 

池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)』はTBS系の「金曜9時」枠で放送されたテレビドラマ。

主演は長瀬智也

通称およびドラマ内での愛称は「I.W.G.P.」。

脚本・宮藤官九郎、チーフ演出・堤幸彦により、2000年4月14日から同年6月23日にかけて、TBSでテレビドラマ化された。

後にスペシャル版として2003年3月28日に「スープの回」(原作:『骨音』『東口ラーメンライン』)も放送されている。

一部のキャラクター設定が大きく異なる等、原作との相違点が多い。

 

 

池袋ウエストゲートパーク Blu-ray COMPLETE BOX

池袋ウエストゲートパーク Blu-ray COMPLETE BOX

 

 

 

アニメ『池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)』

 

 

動画工房制作によるアニメ作品が2020年10月から12月までAT-Xほかにて放送された。

当初は同年7月からの放送を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて延期となっている。

最終回の第十二話では窪塚洋介依頼人役でゲスト出演したことで話題となる。

 

 

アニメ「池袋ウエストゲートパーク」キャラ設定資料集&インタビューBOOK【文春e-book】 (文春e-Books)

アニメ「池袋ウエストゲートパーク」キャラ設定資料集&インタビューBOOK【文春e-book】 (文春e-Books)

 

 

https://iwgp-anime.com/

iwgp-anime.com

 

 

 

あらすじ

 

 

東京の池袋西口公園近くの果物屋の息子・真島 誠(マコト)は、“池袋のトラブルシューター” とも呼ばれ、依頼された難事件を次々と解決し、住民の幸福と秩序の維持を目指していく。

 

 

第一話 北口スモークタワー

第一話 北口スモークタワー

 

 

 

ドラマの印象とはまったく違うアニメ『池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)』

 

 

爆発的な人気を博したドラマ池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)』のイメージのままアニメ版を観ることは、残念ながらおすすめしない。

ドラマ版のファンならなおさらだ。

それほどアニメとドラマの印象には温度差がある。

そんな調子だから、アニメ版の一般的な評価は芳しくない。

人気ドラマのアニメ化にもかかわらず、Amazonレビューでの評価はまったくもってふるわない。

だが著者の評価は決して悪いものではない。

アニメではドラマのバイオレンス調の雰囲気は薄れ、知的なものへと舵を切っている。

もちろん闘争のシーンはあるのだが、暴力ばかりがフィーチャーされているわけではない。

若者たちがただただ荒れ狂うなんて時代錯誤なシーンは、アニメには存在しない。

だから個人的な評価は、「ドラマも面白かったがアニメはアニメで面白い」である。

「人の噂ほど当てにならないものはない」と昔からいわれるが、噂が全てを決めてしまう場合があるのが現代社会だ。

ネットやSNSには口コミがあふれ、実物を知らずに批判する人で炎上したりする。

これだけ価値観の違いが叫ばれる世の中で、他人の目線を、さも自分と全く同じ価値観のように盲信するのが現代の風潮である。

それもこれも情報過多が影響しているのだろう。

自分の目でみて面白いと思ったのなら、それこそが真実だ。

他人の意見に左右されて、食わず嫌いばかりしていてはもったいない。

いろいろなものを、周りの評価に流されずみてみよう。

そこには意外な発見があるかもしれない。

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

Amazon Prime Video

Amazon Prime Video

  • AMZN Mobile LLC
  • エンターテインメント
  • 無料

Netflix

Netflix

  • Netflix, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

テレ東動画 by ネットもテレ東

テレ東動画 by ネットもテレ東

  • TV TOKYO Communications Corporation
  • エンターテインメント
  • 無料