ioritorei’s blog

完全趣味の世界

雨の日を素敵にする名曲セレクション【ASKA『はじまりはいつも雨』】ジメジメ気分をふっ飛ばせ!②

 

憂鬱な雨の日だって音楽ひとつで素敵な日に変わる

 

 

雨の日。

嫌いじゃない。

雨音は心を落ち着かせる。

心音と同じだと言われているからだ。

音量が常にほぼ一定で、心地良い音のボリュームで耳に入ってくる雨音。

憂鬱に感じる雨の日だって、楽しみ方はたくさんある。

雨の日が嫌いな人でも、音楽ひとつで素敵な日に変えられるかもしれない。

 

 

ASKA

はじまりはいつも雨

 

 

『はじまりはいつも雨』とは

 

 

『はじまりはいつも雨』は、ASKAの楽曲。

自身の3作目のシングルとして、ポニーキャニオンから1991年3月6日に発売された。

当初は本作の発売の予定がなく、松下電器産業(現・パナソニック)からCMのタイアップを依頼されて、『はじまりはいつも雨』がアルバム収録用として作られたが、CMが放送された途端に問い合わせが殺到し、急遽シングル曲として本作をリリースすることが決定した。

ASKAは、1991年にCHAGE&ASKA(CHAGE and ASKA)としてもシングル『SAY YES』『僕はこの瞳で嘘をつく』、アルバム『TREE』で当時の記録を塗り替えて数々の賞を受賞しており、一躍脚光を浴びることになる。

発売当時、33歳であったASKA『SAY YES』や本作のミリオンヒットによって、人生のピークだとしたらと考えてしまい恐怖と似た感覚になったという。

KinKi Kids堂本剛氏は、小学6年生の時に初めて買った CDが本作であり、2013年には堂本氏が自身のカバーアルバム『カバ』で、表題曲をカバーしている。

発売直後からロングセラーとなり、半年後の9月にミリオンセラーを達成した。

オリコン集計による累計売上枚数は116.3万枚を記録している。

出荷枚数は120万枚以上を記録し、売上枚数・出荷枚数共にミリオンセラーとなり、ASKAソロ名義の作品として最大ヒット作品となった。

オリコン週間ランキング10位以内に本作は通算22週ランクインをしており、首位を獲得していないシングルの中では歴代1位の記録となる。

 

 

はじまりはいつも雨

はじまりはいつも雨

 

 

 

まるで雨に包み込まれているような優しい名曲

 

 

何も吹き飛ばすばかりが雨の日の気分転換ではない。

いっそ、雨の中に身を投じてしまうのもひとつの手である。

『はじまりはいつも雨』とは、まさにそんな一曲である。

 

 

君に逢う日は不思議なくらい 雨が多くて

水のトンネルくぐるみたいで しあわせになる

君を愛する度に 愛じゃ足りない気がしてた

君を連れ出す度に 雨が包んだ

 

 


www.youtube.com

 

 

今夜君のこと誘うから空を見てた

はじまりはいつも雨 星をよけて

 

 

 


www.youtube.com

 

 

まるで雨が待ち遠しいかのように優しい曲だ。

雨に包み込まれているような、果ては水の大循環まで感じられるような不思議な感覚になる。

生命を育んだ水の優しさすらも感じるような『はじまりはいつも雨』を聴けば、雨の日の良い気分転換になるのではないだろうか。

 

 

はじまりはいつも雨

はじまりはいつも雨

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

Apple Music

Apple Music

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料