ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【心に沁みる名言】今日を精一杯生きるために…。#66

 

#66

心に沁みる名言

 

 

今日を精一杯生きるために…

 

 

明日ではなく今日。

今、この時を精一杯生きるあなたのために素敵な言葉を綴ろう。

 

 

 

フォルトナ(Re:ゼロから始める異世界生活より)

 

 

フォルトナはメインヒロイン、エミリアの育ての母である。

系譜は叔母(エミリアの父の妹)にあたる。 

エミリアと同じく銀髪に紫紺の瞳を持つ。髪は短く切り揃えられており、目つきは鋭い。

種族はエルフ。
強力な氷の魔法(正確には温度操作の火の魔法)を使える。

100年ほど前、エリオール大森林でエミリアやエルフたちと共に暮らしており、魔女教の穏健派であるジュースともつながりがあった。
本編開始時は既に故人である。

 

Re:ゼロから始める異世界生活2nd season』第17話「記憶の旅路」のヒトコマ。

エミリアは「試練」に臨むために、忘れようとしていた自分の過去と向き合う覚悟を決める。

その準備のために向かったのが思い出の中の、「お姫様部屋」と呼ばれた大樹の洞に作られた小屋。

扉を通り抜けるとなかにいたのは、幼いエミリアとフォルトナ母様。

フォルトナに「嘘や隠し事はいけない」と教えられていた懐かしい思い出が、エミリアの胸に甦る。

 

 

約束は

信じる気持ちの表れだから

それを破るのは

信じてくれてる気持ちを裏切ることだから

ダメ

 

 

eStream Re:ゼロから始める異世界生活 ビジュアルタペストリー 幼少期エミリア フォルトナ B2サイズ ポリエステル製

eStream Re:ゼロから始める異世界生活 ビジュアルタペストリー 幼少期エミリア フォルトナ B2サイズ ポリエステル製

 

 

正直者が馬鹿を見るような世の中で、正直者でい続けることは難しい。

SNSの普及で他人との繋がりが増えたことで、「約束」という言葉が持つ意味も変わりつつある。

必ず守らなければいけない大切な約束があれば、どうでもいいと蔑ろにされる約束もある。

だが「約束」という言葉が本来持つ意味は、そんな曖昧なもののはずがない。

「約束」したのなら、守るべきなのだ。

「約束」が果たされるように、行動すべきなのだ。

どうでもいい「約束」と蔑ろにするのなら、軽々しく「約束」すべきではない。

それは「約束」した相手への非礼であり、「約束」を信じてくれている相手への侮辱である。

できない「約束」ならしない。

そんな当たり前のことですら、わからない人が多すぎて困る。

そういう人間は、他人に良い顔をしたいばかりに手当たり次第「約束」をする。

故に「約束」が軽い。

「約束」を守る気が薄い。

だが、達成しようと善処した上で果たせない「約束」と、はなから守る気などさらさらない「約束」は違うのである。

「約束」という言葉を軽んじている人は思い知るがいい。

因果応報、己の大切な「約束」がいつか簡単に反故にされるだろう。

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

ペンギンの島

ペンギンの島

  • HABBY
  • ゲーム
  • 無料

猫とスープ

猫とスープ

  • hidea
  • ゲーム
  • 無料