ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【心に沁みる名言】今日を精一杯生きるために…。#90

 

#90

心に沁みる名言

 

 

今日を精一杯生きるために…

 

 

明日ではなく今日。

今、この時を精一杯生きるあなたのために素敵な言葉を綴ろう。

 

 

 

アマデウス紅莉栖(STEINS;GATE 0より)

 

 

STEINS;GATE 0』第22話「投企のリナシメント」でのヒトコマ。

第三次世界大戦を阻止すべく、過去改変のためにタイムマシンへと乗り込む鈴羽とまゆり。

だが攻撃ヘリにミサイルを撃ち込まれ、ふたりの安否が不明の事態になってしまう。

岡部はタイムリープを繰り返し攻撃阻止を試みるが、何度やっても結果は変わらない。

何度やりなおしても、タイムマシンの破壊は回避できないのか。

諦めることなく方策を練る岡部達に待っていたのは、ひとつの苦渋の決断だった。

それは牧瀬紅莉栖の記憶をデータ化した人工知能アマデウスの消去。

しかしアマデウスを消去するということは、再び紅莉栖を犠牲にすることだと感じている岡部は、決断しきれないでいた。

そんな岡部をアマデウス紅莉栖は外へと連れ出した。

そして優しく語りかけるのであった。

 

 

だって ここは混沌としていて

法則など何もない

 

私の存在している ここは

すべてのものに理由と必然がある

 

存在する理由がないものは

消され

無駄は省かれ

すべて効率的に構築されていく

 

でも 今みえているこの世界は

大袈裟に言うと無秩序

 

必要ないものが存在し

 

無駄にしか思うない行動が

日常のように発生し

 

明らかに答えが分かっている選択を

なぜか誤る

 

けど それが偶然を生み

意味のないものに必然を与え

 

複雑に絡み合って

 

奇跡のような出来事が

生み出されていく

 

出会いが生まれる

 

 

「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー004☆牧瀬紅莉栖

「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー004☆牧瀬紅莉栖

 

 

実に科学者らしい理数脳ならではの言葉である。

だがこれほど心に響くのはなぜだろう?

実に理路整然とした理知的な言葉で、最も科学者らしくない "奇跡" について嬉々として語っている。

そして何より温かく、出会いに感謝と歓びを与えてくれる。

「意味のないものなんて何もない」なんて綺麗事を信じたくなったのはいつ以来だろう?

本気で奇跡を信じてみたくなったのは、いったいいつ以来だろう。

はじめは無意味に感じたものでも、巡り巡っていつかは何かの意味を持つ。

まるでそれが必然だったかのように。

この言葉を聞くと、この世に無駄なものなど何もないように本気で思えてくる。

そうか…。

これはバタフライエフェクトと同じなのだ。

たとえ趣旨とは異なろうが、すべてのものには何かしらの理由がある。

巡り巡って誰かの何かの理由になる。

そういうものの積み重ねが、出会いの奇跡を生んでいる。

そうだった。

出会いとは、奇跡そのものだったじゃないか。

そんなことすらいつの間にか忘れかけていた。

すべての出会いは必然であり、そこには何かしらの意味がある。

ならばすべての出会いに感謝しよう。

良くも悪くもすべての出会いに感謝しよう。

奇跡はそこにある。

無限に広がる宇宙の片隅で、こうして同じ時を共有しているというだけで、すでに奇跡は成立していると思わないか?

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

ペンギンの島

ペンギンの島

  • HABBY
  • ゲーム
  • 無料

猫とスープ

猫とスープ

  • hidea
  • ゲーム
  • 無料