ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【TBS日曜劇場『アトムの童』】かつてのゲーマーたちの心を鷲掴み!「待ちガイル」という専門用語で人気が爆上がりした注目ドラマ。

 

TBS日曜劇場(2022年)

アトムの童

 

 

『アトムの童』とは

 

 

『アトムの童』(アトムのこ)は、2022年10月16日よりTBS系「日曜劇場」枠にて放送中のテレビドラマ。

主演は山﨑賢人氏、松下洸平氏・岸井ゆきのさん出演。

若き天才ゲーム開発者が倒産危機の老舗玩具メーカーと手を組み、ゲーム業界の大資本企業に立ち向かい成長していく姿を描く。

 

 


www.youtube.com

 

 

 

これまでのあらすじ

 

 

主人公の安積那由他(山﨑賢人氏)は、個人でゲーム制作を行う通称「インディー」と呼ばれる若き天才ゲーム開発者。

かつては「ジョン・ドゥ」という名前でゲームを制作していたが、誰もその素性を知らないことから「ゲーム業界のバンクシー」と称されていた。

しかし現在は自動車整備工場で整備の仕事をしており、ゲーム制作からは離れてひっそりと暮らしていた。

そんな中、老舗の玩具メーカー「アトム玩具」は、海外との価格競争などの影響を受け廃業の危機を迎えていた。

そこで一発逆転の経営再建をはかるべく、ゲーム制作へ参入することを決め、天才ゲーム開発者「ジョン・ドゥ」を探し始める。

ノウハウもなく資金もないアトム玩具は、どうにか「ジョン・ドゥ」と接触をはかろうと奔走する。

アトム玩具の新社長となった海(岸井ゆきのさん)は無事「ジョン・ドゥ」を見つけ出し、新生「アトム玩具」のスタートをきった。

しかし那由他からは肝心のゲームのアイデアが全く出てこない。

海は「ジョン・ドゥ」を再結成したらどうかと提案するが、那由他は頑としてそれを拒否する。

仕方なくゲーム開発の新しいパートナーを探すことになった那由他は、海に連れられゲームジャムのイベントに出かけるが、そこでもう一人の「ジョン・ドゥ」である菅生隼人(松下洸平さん)とバッタリ再会してしまう。

二人の間に何やら深い事情があることを察した海は、その真相を聞くべくネットゲームカフェ店の森田(岡部大氏)を訪ねる。

森田が話したのは、那由他と隼人とその友人・緒方公哉(栁俊太郎氏)の関係性、そして興津(オダギリジョー氏)との因縁の過去についてであった。

那由他と隼人がアトム玩具でゲーム作りを始めて10カ月が経った。

海の父・繁雄(風間杜夫さん)たちがデザインしたキャラクターはPC画面の中でイキイキと動き出し、アトム玩具は経営再建に向け順調な滑り出しを窺わせていた。

ところがその矢先、海の前の職場でもある「やよい銀行」の小山田(皆川猿時氏)から突然、アトム玩具に融資金の即時返金を迫られてしまう。

しかもその期限は1ヶ月。

従業員総出の資金集めが始まる事となった。

そんな折、パブリッシャーである相良晶(玄理さん)が、投資家とゲームクリエイターをつなぐ大規模プレゼン大会の参加を提案する。

那由他たちはラストチャンスに賭ける事となるのだが…。

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 

 

原作のない完全オリジナルストーリー

 

 

さすがモンスタードラマ枠だけあって前評判は上々。

しかし本作は原作のない完全オリジナルストーリーである。

したがって前評判はキャスティングに依るところ大きかった。

その中に岸井ゆきのさんの名があることが嬉しい。

 

 

 

岸井ゆきのがついにTBS日曜劇場ヒロイン役へ

 

 

前々から陰ながら密かに応援してきた岸井ゆきのさんが、ついに日曜劇場のヒロイン役にまで上り詰めたことは喜ばしいことだ。

かつて日曜劇場に出演したことはあっても、有名女優がひしめくヒロイン役となると話は別。

世間がついに岸井ゆきのさんを認めた!

…と言いたいところだが、岸井ゆきのさんが演じる海にアンチが大量発生しているらしい。

なんでも「そもそも潰れかかっているアトム玩具は、天才ゲーム開発者の那由他頼みであるにもかかわらず、数日アイデアが浮かばないだけで早くしろと怒ったり、パートナーを探して来るように命じたりと、とかく上から目線で声のボリュームも大きい。」。

さらに、ライバル社に勤める隼人のところに押しかけて強引にスカウト行為に及ぶなど、愛嬌を通り越してかなり図々しい一面を見せていることに、どうやら起因しているらしい。

そのため、視聴者からは「最高にウザイ」「イラっとして集中できない」「なんであんな偉そうなの?」といった岸井さんへのネガティブワードがネット上で連打される事態となってしまった。

そんな視聴者の “岸井アレルギー” がMAXになったのが、海の度重なる情報漏洩シーン。

そもそも那由他と隼人の不仲となったのは、過去にゲームのアイデアを盗まれたことが原因。

それなのに那由他の考案したゲームを無断で見せてアドバイスをもらおうとしたり、わざわざ会社まで来させて制作中のゲームをプレイさせたりしたことで、 「ライバルにベラベラ喋んなよ」「なんで言うの?アホなの?」「元銀行員だと思えない漏洩力」「隼人にパクられたら会社潰れるよね?」と呆れ声が飛び交うこととなってしまった。

たしかに著者も情報漏洩シーンは気になったところではあった。

だが結果をみれば仲間入りフラグだったと考えられなくもない。

さらに言うなら、海の情報漏洩癖は後に起こるトラブルへの伏線だとは考えられないだろうか。

昔と同じ手段、同じ理由で三人の関係が壊れかける…。

もしその通りならシナリオとしては凡庸だが、十分考えられる事態ではある。

なんであれアンチの言い分は演出が原因であって、演者の責任ではない。

もしも岸井ゆきのさん演じる海が本当にイラつくキャラ設定ならば、視聴者をこれだけイラつかせた演者の演技力は、むしろ賞賛に値する。

それこそ演出の掌の上だ。

それにアンチの言い分は、どれも物語に没入しているからこそ噴出してきたものばかりである。

それだけ惹き込まれているということの証明ではないか。

岸井ゆきのさんには外野の野次にめげず、役に没頭してほしい。

彼女のこれからの活躍に目が離せないのは、間違いないのだから。

 

 

ioritorei.com

 

 

 

初回の視聴率は大コケ

歴代ワースト3の不名誉

 

 

前評判とは裏腹に、初回平均視聴率が9%を切ってしまった本作。

テレビ関係者の間に激震が走ったらしい。

何しろここ10年間の同枠で初回が2桁を割ったのは、2016年1月期の香取慎吾氏主演『家族ノカタチ』と、17年7月期の長瀬智也氏主演『ごめん、愛してる』の2作品だけ。

『アトムの童』はワースト3入りしてしまった。

 

 

 

大コケの要因を考えてみる

 

 

日曜劇場は欠かさずチェックする枠ではあるが、放送前に告知されるタイトルで期待値は変動する。

振り返ると、タイトルが名詞(もしくは固有名詞)の時の方が期待値は高いように思う。

半沢直樹は言わずもがな。

他には『グランメゾン東京』だったり下町ロケットだったり陸王だったは、タイトルだけを聞いても面白そうな雰囲気を漂わせていた。

逆にワースト記録の『家族ノカタチ』『ごめん、愛してる』や本作『アトムの童』は、タイトルを聞いてもワクワクしてこない。

実際に観てみれば面白いのかもしれないが、実際に観させるためにはタイトルへの工夫が重要なのではないだろうか。

『アトムの童』の不名誉な記録を鑑みるに、そう思えてならない。

 

 

 

第2回放送の視聴率が爆上がり!

要因は「待ちガイル」?

 

 

初回視聴率が低迷した『アトムの童』だが、第2回放送では視聴率が爆上がり。

物語が大きく動き出したのも要因ではあるが、一番の要因として考えられるのが「待ちガイル」という専門用語の登場だ。

待ちガイル」とはストリートファイターⅡ(ストⅡ)に魅了されたゲーマーならば誰でもわかる、ゲーム中のテクニックのひとつである。

劇中では松下洸平氏の格好良さのせいもあって非常にクールな技のように描かれていたが、実際にはチキン用のハメ技に近い。

詳しくはこのアニメを観てもらいたい。

主人公が「待ちガイル」の使い手で、ゲーセンで実際に使用すると、周りからどういう目で見られるのかがよくわかる。

ちなみにヒロインは超絶ザンギエフ使い。

気になった人は是非チェックしてみてほしい。

 

 

ioritorei.com

 

 

ストⅡの話題は仲間入りフラグ用で一旦収まったようにもみえるが、ゲームがテーマの本作である。

今後も事あるごとにキーワードになりそうな雰囲気でもあるような気がする。

昔の熱きゲーマーたちのハートをガッチリ鷲掴みし、視聴率爆上げに貢献した「待ちガイル」。

今後もストⅡネタはあるのか?

はたまた別の傑作ゲームの登場はあるのか?

そのあたりも本作の見所になってきたようだ。

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

  • HJ Holdings, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

Paravi(パラビ)

Paravi(パラビ)

  • Premium Platform Japan, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料