ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【心に沁みる名言】今日を精一杯生きるために…。#5

 

 

 

明日ではなく今日。

今、この時を精一杯生きるあなたのために素敵な言葉を綴ろう。

 

 

 

アレキサンダー・ポープ

 

アレキサンダー・ポープは、生来虚弱で学校教育を受けず、独学で古典に親しみ、幼少の頃から詩作を試みたイギリスの詩人である。

 

 

 

夢を見るのが恋人たち。

目が覚めているのが夫婦だ。

 

 

 

f:id:ioritorei:20220128142015j:image

 

たまには色恋のことを書いてみよう。

これは名言どうこうというより、とても好きな言葉である。

なんといっても言い得て妙だ。

なるほど、たしかに恋人時代に夢を見ていた時もあった。

それが夫婦になると「目が覚めている」とはなかなか辛辣だが、長い時間を共に過ごせばたしかにお互い嫌な部分も見えてくる。

困ったことに、これがどんなに名言でもこのままでは解決にならない。

だから今、恋愛のことで悩まれている人のために、もうひとつ言葉を綴ろう。

斎藤茂太先生の言葉にこうある。

 

相手の長所と向き合えることを自分の長所にしてごらん。

 

だが、少しばかり綺麗事に聞こえる。

相手の長所とは、すでに好感を持っている部分だからである。

向き合えて当然ではないか。

個人的には逆だと思う。

 

相手の短所と向き合えることを自分の長所にしてごらん。

 

お互いの短所を見て見ぬふりで過ごせるのは、ほんの僅かな時間だけだ。

出会った時は満点でも、一緒にいればいるほど減点されていくのが恋愛というものだ。

だから減点を無くす、もしくは止める必要がある。

相手の短所で減点しないようにしなくてはいけない。

ならば相手の短所もひっくるめて丸ごと愛してこそ、末長く同じ時間を共に過ごせるのだと個人的には思う。

短所と向き合えるということは、そういうことだと思う。

しかし短所を無にできるほど、相手の長所ととことん向き合っているのなら話は別だが。

何はともあれ、いくら最愛の人とはいえど所詮は他人である。

最低限の礼を失してはいけない。

ちゃんと「ありがとう」「ごめんなさい」を、口に出して相手に伝えているだろうか?

もし「いちいち言わなくてもわかる」なんて思っているなら、それはひとりよがりの勘違い。

子供の理論に過ぎない。

もちろん以心伝心で伝わることもあるだろうが、面と向かってちゃんと言ってもらえたら、単純に嬉しいではないか。

簡単な話だ。

そんなことを言うのは恥ずかしい?

そんなだから日本人には紳士が少ないのだ。

関白宣言なんて時代錯誤な考え方はしない方が身のためだ。

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

BetterSleep:睡眠トラッカー

BetterSleep:睡眠トラッカー

  • Ipnos Software Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

癒しの水の音 ( WaterSound )

癒しの水の音 ( WaterSound )

  • Kousaka Kirino
  • メディカル
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog