Try Apple Music Download on the App Store Watch on Apple TV Find it on Apple Arcade Find it on Apple News+ 100 人気 アニメ

ioritorei’s blog

完全趣味の世界

カリスマのぶっ飛び名言伝説【スティーブ・ジョブズ信者の呟き】『私が言ったことを覚えられないようなら、今すぐやめろ。』

 

 

 

 

 

本稿を読んでいただく前に

 

本稿を読んでいただく前に、大切なことをお伝えしておきたい。

本稿の目的は啓発であり啓蒙である。

決して強要するものではない。

誰にもスティーブ・ジョブズにはなれないし、スティーブ・ジョブズも彼以外にはなれない。

スティーブ・ジョブズのようにはなれても、スティーブ・ジョブズ自身にはなれないのである。

捨てるも拾うもあなたの自由。

何かの役に立つと思えば吸収すればいいし、不要と思うなら流せばいい。

反面教師にしたっていい。

あなたはあなたのままで、何かを感じてもらえたら。

そういう心づもりで読んでいただけたのなら幸いだ。

 

 

 

 

 

 

スティーブ・ジョブズ

1955年2月24日 - 2011年10月5日

 

優れた生産方式やシステムを有し、人材も優秀なのにも関わらず、モノづくりの力が弱くなってしまった日本。

日本の企業…いやさ、今の日本人には大切な何かが欠けているように思えてならない。

それは人を惹きつける人間力ではないだろうか。

カリスマ性や魅力ともいえる。

多くの優秀な点を集め、大きな絵を描けたとしても、そこに長く繋ぎとめおく魅力が、今の日本にはない。

日本でイノベーションが起きにくくなったのは、才能云々の問題ではなく、人間力の問題といえる。

ほんの少し考え方を変えれば、ジョブズほどの革新は起こせなくとも、日々の生活の中で自分なりの小さな革新を起こすことはできるはずだ。

生きづらい時代になって久しい。

おそらく、これからもっと生きづらくなるだろう。

仕事でつまずいたり、気持ちが暗くなることも多いだろう。

こんな時代だからこそ、ジョブズの言葉の中に自分の中で革新を起こすためのヒントを探してみたい。

実はスティーブ・ジョブズは、天才技術者でも天才経営者でもない。

ただし、余人にはない圧倒的な人間力と確固たる信念と揺るぎない確信を持っていた。

圧倒的な人間力はさておき、信念と確信なら我々にだって持てる。

さらに彼は、屈辱的な挫折を経験している。

挫折を知らない成功者ではないのだ。

そんな彼だからこそ、彼から我々が学べることは少なくないはずだ。

 

 

 

 

 

 

プロフィール

 

スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)こと、スティーブン・ポール・ジョブズ(Steven Paul Jobs)は、アメリカ合衆国の起業家、実業家、工業デザイナー。

アメリカ国家技術賞を受賞している。

Appleの共同設立者の一人で、NeXTの創業者。

NeXT CEOやピクサー・アニメーション・スタジオCEOを歴任。

 

1976年、ジョブズは友人のスティーブ・ウォズニアックが自作したマイクロコンピュータApple I」を販売するために起業することを決意。

同年4月1日にウォズニアックおよびロナルド・ウェインと共同で「Apple Computer Company(アップルコンピュータ・カンパニー)」を創業する。

Apple Computer(以下Apple)が1977年に発売した「Apple II」は商業的な大成功を収め、パーソナルコンピュータという概念を世間一般に浸透させた。

Appleシリコンバレーを代表する企業に急成長を遂げ、ジョブズは1980年12月のApple IPO時に2億5,600万ドルもの個人資産を手にし、1982年2月には『タイム』誌の表紙を飾るなど若くして著名な起業家となった。

一度はAppleを去ったジョブズだが1996年、業績不振に陥っていたAppleにNeXTを売却すると同時に復帰。

1997年には、iCEO(暫定CEO、Interim CEOの略)となる。

同年には、不倶戴天のライバルとさえされていたマイクロソフトとの提携と、同社からの支援を得ることに成功。

また社内ではリストラを進めてAppleの業績を向上させた。

2000年、正式にCEOに就任。

2001年から2003年にかけてMacintoshのOSをNeXTの技術を基盤としたMac OS Xへと切り替える。

その後はiPodiPhoneiPadAppleの業務範囲を従来のパソコンからデジタル家電とメディア配信事業へと拡大させた。

 

スティーブ・ジョブズ (字幕版)

スティーブ・ジョブズ (字幕版)

 

 

 

 

 

 

 

スティーブ・ジョブズのカリスマ性

人を動かす魔法の言葉

 

スティーブ・ジョブズは人を引き抜く際に、その人を強く揺り動かす「魔法」を唱えることで知られている。

ペプシコーラの事業担当社長をしていたジョン・スカリーの引き抜きを画策。

スカリーを口説くためにジョブズが用いた「このまま一生砂糖水を売りつづけたいか?それとも世界を変えたいか?」というフレーズはあまりにも有名。

スカリーのほかに、1982年当時ゼロックスで働いていたエンジニア、ボブ・ベルヴィールには「君は優秀だと聞いたけど、やってきた仕事は全部ガラクタだな。俺ん所で働けよ。」と語りかけて引き抜いている。

また、しばしば何の予告もなしに、突然価値観を180度変えることもあり「3か月前に白が最高だと言っていたのに、今では黒が最高だと言い始め、理由はそれが今正しいからいいんだと、自身以外は納得のいくものは何も口にしない」と元社員は語っている。

ソニー製品について「ソニーHDVカメラは優秀で、高価だが一家に一台必要だ」と言う一方で、「iPodに劣る」としてウォークマンを批判するといった評価をしたりもしている。

1999年10月5日のメディアイベントのスピーチ冒頭で、ソニー共同創業者盛田昭夫の死に追悼の意を表し、トランジスタラジオやトリニトロンウォークマンなど革新的な商品開発を、Appleに大きな影響を与えたものとして称賛した。

部下に対して高い目標を提示し、精力的に優れた仕事へと導くため、理想の上司として評価されることも多い。

一方でジョブズの要求する水準を満たさない者に対しては放送禁止用語だらけの罵声を浴びせたり、その場で解雇にすることでも知られる。

Apple PR担当チーフのローレンス・クレィヴィアはジョブズとのミーティングの前には必ず闘牛士と同じように「自分はすでに死んだ」と暗示をかけてから挑むと同僚に語っている。

また、ジョブズApple復帰後に次々と社員がリストラされた際には「スティーブされる」(=解雇になる)という隠語が生まれるほどだった。

 

 

 

 

 

 

 

明日からの生き方が変わるかもしれない

スティーブ・ジョブズのぶっ飛び名言

 

『言ったことが覚えられないなら、今すぐやめろ。』

 

スティーブ・ジョブズは人を動かすカリスマだ。

怒鳴ったかと思えば猫なで声を出し、人格攻撃したかと思えば絶賛する。

無理を平然と押し付けつつ、理想の旗を高く掲げる。

どこまでが本心で、どこまでが戦略なのかがわからない。

たとえばアップル復帰後、ジョブズは再建のために、すべての製品グループと話し合った。

大会議室で、何の前置きもなしに説明と質問を浴びせかける。

その席上で誰かが熱心にメモを取っていたところを見たジョブズは、こう言ったという。

『私が言ったことを覚えられないようなら、今すぐやめろ。』

この言葉にはいくつかの解釈があるようだ。

普通なら「メモを取るのをやめろ」と受け取るところだが、ジョブズの性格を鑑みると「会社を辞めろ」という意味だったという解釈もある。

何であれ、この言葉の真意が「大切なことなら覚えていられるはず」ということには変わりない。

日本人は、とかくメモを取ることを重んじる。

何でもかんでもメモを取れという。

そういえば今まで出会った上司と呼ばれる人に、「メモを取るな」といわれたことは一度もない。

一度たりとも「頭に叩き込め」といわれたことがない。

たしかに、メモを取ることで忘れる心配はなくなるのかもしれない。

しかし、ただそれだけだ。

それでは何も生まれないし、何の進歩もしない。

メモを取っていてはダメなのだ。

例えばだ。

やりたくもない仕事の予定は覚えられなくても、目標にしている資格試験の日時はしっかり覚えていられるだろう?

特に目的のない約束は忘れても、楽しみにしているイベントの予定なら細かい日時までしっかり覚えていられるだろう?

何故か。

要するに、意識の問題なのだろう。

意識することが重要なのである。

意識して情報に優先順位をつける。

頭に叩き込むのだから、無駄なことを覚えている余裕なんかない。

大切なことが何なのかを考える。

その結果、鑑識眼や審美眼といった目が養われるのだ。

頭の良い人間というのは、物事を要約することに長けているという。

メモを取るばかりでは、「要するに」と考えられる頭脳は育まれない。

ジョブズはアップル再建の戦略の第一歩として、意識改革を目指したのではないだろうか。

皆がいっていることが正しいとは限らない。

たったひとりの反対意見が正しいことだってある。

 

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

GarageBand

GarageBand

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog

 

 

 

 

 

カリスマのぶっ飛び名言伝説【スティーブ・ジョブズ信者の呟き】『イエスではなくノーと言うことだ。』そして、 『何かを捨てないと前に進めない。』

 

 

 

 

本稿を読んでいただく前に
 

 

本稿を読んでいただく前に、大切なことをお伝えしておきたい。

本稿の目的は啓発であり啓蒙である。

決して強要するものではない。

誰にもスティーブ・ジョブズにはなれないし、スティーブ・ジョブズも彼以外にはなれない。

スティーブ・ジョブズのようにはなれても、スティーブ・ジョブズ自身にはなれないのである。

捨てるも拾うもあなたの自由。

何かの役に立つと思えば吸収すればいいし、不要と思うなら流せばいい。

反面教師にしたっていい。

あなたはあなたのままで、何かを感じてもらえたら。

そういう心づもりで読んでいただけたのなら幸いだ。

 

 

 

 

 

スティーブ・ジョブズ

1955年2月24日 - 2011年10月5日

 

優れた生産方式やシステムを有し、人材も優秀なのにも関わらず、モノづくりの力が弱くなってしまった日本。

日本の企業…いやさ、今の日本人には大切な何かが欠けているように思えてならない。

それは人を惹きつける人間力ではないだろうか。

カリスマ性や魅力ともいえる。

多くの優秀な点を集め、大きな絵を描けたとしても、そこに長く繋ぎとめおく魅力が、今の日本にはない。

日本でイノベーションが起きにくくなったのは、才能云々の問題ではなく、人間力の問題といえる。

ほんの少し考え方を変えれば、ジョブズほどの革新は起こせなくとも、日々の生活の中で自分なりの小さな革新を起こすことはできるはずだ。

生きづらい時代になって久しい。

おそらく、これからもっと生きづらくなるだろう。

仕事でつまずいたり、気持ちが暗くなることも多いだろう。

こんな時代だからこそ、ジョブズの言葉の中に自分の中で革新を起こすためのヒントを探してみたい。

実はスティーブ・ジョブズは、天才技術者でも天才経営者でもない。

ただし、余人にはない圧倒的な人間力と確固たる信念と揺るぎない確信を持っていた。

圧倒的な人間力はさておき、信念と確信なら我々にだって持てる。

さらに彼は、屈辱的な挫折を経験している。

挫折を知らない成功者ではないのだ。

そんな彼だからこそ、彼から我々が学べることは少なくないはずだ。

 

 

 

プロフィール

 

スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)こと、スティーブン・ポール・ジョブズ(Steven Paul Jobs)は、アメリカ合衆国の起業家、実業家、工業デザイナー。

アメリカ国家技術賞を受賞している。

Appleの共同設立者の一人で、NeXTの創業者。

NeXT CEOやピクサー・アニメーション・スタジオCEOを歴任。

1976年、ジョブズは友人のスティーブ・ウォズニアックが自作したマイクロコンピュータApple I」を販売するために起業することを決意。

同年4月1日にウォズニアックおよびロナルド・ウェインと共同で「Apple Computer Company(アップルコンピュータ・カンパニー)」を創業する。

Apple Computer(以下Apple)が1977年に発売した「Apple II」は商業的な大成功を収め、パーソナルコンピュータという概念を世間一般に浸透させた。

Appleシリコンバレーを代表する企業に急成長を遂げ、ジョブズは1980年12月のApple IPO時に2億5,600万ドルもの個人資産を手にし、1982年2月には『タイム』誌の表紙を飾るなど若くして著名な起業家となった。

一度はAppleを去ったジョブズだが1996年、業績不振に陥っていたAppleにNeXTを売却すると同時に復帰。

1997年には、iCEO(暫定CEO、Interim CEOの略)となる。

同年には、不倶戴天のライバルとさえされていたマイクロソフトとの提携と、同社からの支援を得ることに成功。

また社内ではリストラを進めてAppleの業績を向上させた。

2000年、正式にCEOに就任。

2001年から2003年にかけてMacintoshのOSをNeXTの技術を基盤としたMac OS Xへと切り替える。

その後はiPodiPhoneiPadAppleの業務範囲を従来のパソコンからデジタル家電とメディア配信事業へと拡大させた。

 

スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II

 

 

 

 

 

スティーブ・ジョブズのカリスマ性

人を動かす魔法の言葉

 

スティーブ・ジョブズは人を引き抜く際に、その人を強く揺り動かす「魔法」を唱えることで知られている。

ペプシコーラの事業担当社長をしていたジョン・スカリーの引き抜きを画策。

スカリーを口説くためにジョブズが用いた「このまま一生砂糖水を売りつづけたいか?それとも世界を変えたいか?」というフレーズはあまりにも有名。

スカリーのほかに、1982年当時ゼロックスで働いていたエンジニア、ボブ・ベルヴィールには「君は優秀だと聞いたけど、やってきた仕事は全部ガラクタだな。俺ん所で働けよ。」と語りかけて引き抜いている。

また、しばしば何の予告もなしに、突然価値観を180度変えることもあり「3か月前に白が最高だと言っていたのに、今では黒が最高だと言い始め、理由はそれが今正しいからいいんだと、自身以外は納得のいくものは何も口にしない」と元社員は語っている。

ソニー製品について「ソニーHDVカメラは優秀で、高価だが一家に一台必要だ」と言う一方で、「iPodに劣る」としてウォークマンを批判するといった評価をしたりもしている。

1999年10月5日のメディアイベントのスピーチ冒頭で、ソニー共同創業者盛田昭夫の死に追悼の意を表し、トランジスタラジオやトリニトロンウォークマンなど革新的な商品開発を、Appleに大きな影響を与えたものとして称賛した。

部下に対して高い目標を提示し、精力的に優れた仕事へと導くため、理想の上司として評価されることも多い。

一方でジョブズの要求する水準を満たさない者に対しては放送禁止用語だらけの罵声を浴びせたり、その場で解雇にすることでも知られる。

Apple PR担当チーフのローレンス・クレィヴィアはジョブズとのミーティングの前には必ず闘牛士と同じように「自分はすでに死んだ」と暗示をかけてから挑むと同僚に語っている。

また、ジョブズApple復帰後に次々と社員がリストラされた際には「スティーブされる」(=解雇になる)という隠語が生まれるほどだった。

 

 

 

 

明日からの生き方が変わるかもしれない

スティーブ・ジョブズのぶっ飛び名言

 

『イエスではなくノーと言うことだ。』

そして、

『何かを捨てないと前に進めない。』

 

ジョブズの成功法のひとつは、徹底した「選択と集中」である。

ジョブズが復帰したとき、アップルにはおよそ40種類もの製品があったが、目玉となる製品はなかった。

そこでジョブズは「選択と集中」を考える。

そして最終的にたった4つの製品に絞り込み、組織の徹底的なスリム化を断行した。

こうしてアップルは再生への第一歩を踏み出すことになる。

また、ジョブズiPodの中でも一番の売れ筋だったminiの生産を打ち切って、さらに薄型の後継モデルのnanoを開発している。

特に上手くいっている時や高い評価を得ている時に、それを打ち切ることなど普通の企業ならやるはずがない。

少しずつ改良し、長く売ろうとする。

だがジョブズは言う。

『普通の人なら、「最高じゃないか、ここで失敗したら失うものも大きいのだからあとは安全にやろう。」と、思うかもしれない。だが、これは僕らにとって一番危険な落とし穴なんだ。僕らはもっと大胆にチャレンジし続けなきゃいけない。現状に甘えているわけにはいかないんだ。』

ジョブズの製品開発は、何かを捨てるノーから始まる。

凡人なら新製品には新機能を盛り込みたがる。

しかしジョブズは違った。

技術者が付けて当たり前と思っていても、消費者に不要と思えば平気で外させる。

ジョブズには凡人が陥りがちな足し算的思考はなく、思い切った引き算ができた。

ジョブズが創り出したアップルのcoolは、何かを捨てるノーから生まれている。

 

我々凡人には、ジョブズほどに攻めた考え方は必要ないのかもしれない。

しかし、平凡を望むにしても変化が求められる。

現状維持とは、現状から何も変えないということではない。

何も変えなければジリ貧になるだけだ。

本当に現状維持したいのなら、常に微増していなくてはいけない。

平凡な今にしがみついてばかりいたら、その平凡すら失われることにもなりかねない。

多かれ少なかれ、人は変化を忘れてはいけないのだ。

ジョブズの引き算的思考は、我々凡人の固定観念をぶち壊すヒントになりはしないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

GarageBand

GarageBand

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog

 

 

 

 

 

【福田雄一監督作品「今日から俺は‼︎」︎】ヤンキー漫画実写化の成功例と失敗例。

 

 

 

 

 

今日から俺は‼︎」

 

今日から俺は‼︎」とは

 

 

今日から俺は!!」は西森博之氏による漫画作品。

『増刊少年サンデー』(小学館)にて1988年9月号から1990年8月号まで連載。

その後掲載誌を『週刊少年サンデー』(小学館)に移し、1990年40号から1997年47号まで連載されて完結。

コミックス版全38巻。

ワイド版全19巻。

コンビニコミック版全14巻。

文庫版全18巻。

2012年4月時点で累計発行部数は4000万部を突破している。

テレビドラマ企画が始まり久しぶりに復活した2018年11月24日発売の『週刊少年サンデーS』2019年1月号(小学館)にて「今日から俺は!! 特別編」が連載されている。

またそれを原作にしたOVA作品及びオリジナルビデオ、劇場公開映画、テレビドラマの実写作品化もされた。

 

作品の舞台は千葉県。軟葉高校とその周辺地域を舞台にしたヤンキーの日常・バトル漫画でありコメディ・ギャグ漫画。

三橋貴志と伊藤真司が様々な敵と戦ったり珍事に巻き込まれたりする。

各サブタイトルは全て「○○編」。

不良モノの漫画には珍しく暴走族構成員が登場せず、田中良が女子を助けた時(3巻)や、三橋の過去(18巻)などにのみ登場している。

作中の不良の暴力性も比較的控えめで殺し合いレベルの戦闘はない。

ヤンキーギャグ漫画でありながら下ネタが非常に少なく、また恋愛関係において奥手で、性描写もない。

主に1990年代にヒットした漫画であったが、2018年から2020年にかけてテレビドラマ・実写映画化され、リバイバルヒットした。

 

今日から俺は!!(1) (少年サンデーコミックス)

今日から俺は!!(1) (少年サンデーコミックス)

 

 

 

 

原作はヤンキー漫画にカウントしない

 

原作は、あくまでヤンキーギャグ漫画である。

決してヤンキー漫画ではないと、個人的には思う。

ちなみに原作は、ちゃんと全巻持っている。

その上での感想だということはお断りしておこう。

原作は全巻持っているが、ヤンキー漫画として読んだつもりは一度もない。

それは、原作がヲタクが描いたヤンキー漫画のように思えたからだ。

そもそも本物のヤンキー感がまったくない。

校章なんか付けているヤンキーなんかいない。

ヤンキーが制服のネクタイなんかするわけがない。

おそらくは、赤テープ白テープの意味も知らないのではないだろうか。

そんな原作をヤンキー漫画と呼ぶには抵抗があった。

 

これは、あくまで個人的な意見だが…

長期連載はしていたものの、面白かったのは10巻くらいまで。

それ以降は惰性だった。

福田雄一監督作品「今日から俺は‼︎」︎の大ヒットの要因は、物語の面白さというよりは、ひとえに福田雄一監督の力量と監督のぶっ飛んだ演出に完璧に応えた俳優陣によるものであったと思う。

 

ところでヤンキーといえば薄いカバン。

薄いカバンといえば、昔、秀逸すぎる標語を目にしたことがあるから、余談だが紹介しておこう。

 

服装の乱れは心の乱れ

カバンの薄さは知能の薄さ

 

おっしゃる通りだ(笑)

こういう感じって、今の若い子は知らないんだろうな…

 

 

 

 

 

今日から俺は‼︎」︎最初の実写化

 

93年4月にOVA化され、シリーズ全10作のヒット作に。

そしてOVAより一足早い93年1月には、東映Vシネマとして初の実写化が実現。

主人公の三橋&伊藤役には、役名を芸名とした三橋貴志と、中倉健太郎の新人2人が抜てきされ、シリーズ全6作(シリーズ第3弾は、映画版として劇場公開)が制作された。

しかし正直、こんなのあったね〜程度の記憶しかない。

 

映画版 今日から俺は!! [DVD]

映画版 今日から俺は!! [DVD]

 

 

 

 

 

福田雄一監督のプロフィール

 

福田 雄一氏は、劇作家、放送作家、ドラマ・映画脚本家、舞台・ドラマ演出家、映画監督。

劇団「ブラボーカンパニー」座長。

コメディ作品を次々に生み出し、ムロツヨシ佐藤二朗といった個性派俳優を抜擢し、「コメディの奇才」と称された。

1990年に旗揚げした劇団ブラボーカンパニーで座長を務める傍ら、フリーの放送作家として数多くの人気バラエティ番組の構成を手掛ける。

映画「逆境ナイン」('05)や「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」('08)で脚本を担当。

監督・脚本を手がけたTVドラマ「33分探偵」シリーズ('08~'09)やDVD「THE3名様」シリーズ('05~)などで着実にファンを増やし、ブラボーカンパニーの舞台を映画化した「大洗にも星はふるなり」('09)で長編映画初メガホンをとった。

深夜ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ('11~'16)で人気を不動のものにした。

コメディセンスに定評があり、人気漫画の実写映画化した「HK 変態仮面」シリーズ('13、'16)や「斉木楠雄のΨ難」('17)などを手掛けたほか、「銀魂」シリーズ('17、'18)を大ヒットに導いた。

その他、TVドラマ「アオイホノオ」('14)、「スーパーサラリーマン左江内氏」('17)、「今日から俺は!!」「聖☆おにいさん」(ともに'18)などの監督・脚本・演出を務める。

 

 

 

 

 

福田雄一監督版「今日から俺は‼︎」

 

賀来賢人伊藤健太郎の共演、福田雄一監督の演出・脚本による2018年のドラマ版、そして20年7月から公開された劇場版の大ヒットで、再び注目を集めた80年代青春ツッパリコメディ「今日から俺は!!」。

金髪パーマの規格外ヒーロー・三橋貴志が、トンガリ頭の伊藤真司(伊藤)とともに “最強のツッパリコンビ” として大暴れするさまを描いている。

 

今日から俺は!!劇場版

今日から俺は!!劇場版

 

 

 

 

 

劇場版「今日から俺は‼︎」

みんな本当に面白いと思ったの?

 

福田組は大好きだからとても忍びないのだが…

やはりヤンキー漫画の実写化は難しいと感じたのが率直な個人的な感想。

つまらなくはないが、間延びしていた感が否めない。

たしかにドラマ版は面白かった。

しかし、原作の面白いエピソードはドラマで粗方使い果たしてしまった。

劇場版の長尺に耐えられて、かつ面白いエピソードがひとつも残っていなかった。

福田監督はドラマだけで終わると思っていたのではないだろうか?

まさか劇場版まで作るとは、考えもしなかったのではないだろうか?

正直、原作の中でもかなりつまらないエピソードを映画化してしまったのは、残念と言うほかあるまい。

本当に面白いエピソードはすべてドラマで使い果たしているのだ。

これは福田組のせいでも、熱演してくれた演者さんのせいでもない。

むしろ福田組だったからこそのヒットだし、福田組でなければ少しも面白くはならなかっただろう。

 

しかし主題歌のチョイスはサイコーに良かった。

ドラマでも使用した「男の勲章 / 嶋大輔」はもちろん、「ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校編) / 横浜銀蝿」にはシビれた。

演者がLIVE形式で演奏し歌う演出もメチャクチャ良かったと思う。

細部まで遊び心を忘れない福田組ならではの演出といえるだろう。

 

 

今日から俺は!!主題歌「男の勲章」フルサイズ - YouTube

 

 

『今日から俺は!!劇場版』トレーラー<ツッパリ High School Rock'n Roll(登校編) > - YouTube

 

 

 

 

 

他にもあった!!

ヤンキー漫画実写化の成功例

 

なんといってもヤンキー漫画実写化の大成功例といえば、古くはビー・バップ・ハイスクール(BE-BOP-HIGHSCHOOL)』、新しくは『クローズZERO』が代表的な作品といえるだろう。

ビー・バップ・ハイスクール(BE-BOP-HIGHSCHOOL)』は、きうちかずひろ氏による同名の漫画が原作。

『クローズZERO』の原作は高橋ヒロシ氏による漫画『クローズ』。

どちらもヤンキー漫画として、『今日から俺は‼︎』よりリアリティーがあった。

何より実写化された際に集められたヤンキー役のエキストラは、ほとんどが本物のヤンキーだったという。

ビー・バップ・ハイスクール(BE-BOP-HIGHSCHOOL)』が実写化されたのは、まさにヤンキー時代真っ最中。

ヤンキー時代というより、暴走族が最盛期だ。

そんな時代だから、『ビー・バップ・ハイスクール(BE-BOP-HIGHSCHOOL)』の人気は理解できる。

だが、ほぼ同時代(7年の隔たりがあるが…)の原作『クローズ』が時代を経て実写化され、かつヒットできたのは、『クローズZERO』の人気若手俳優をごっそり集めたキャスティングによるものだろう。

ヤンキーブームの再燃というよりは、"イケメンのちょいワル" が人気になったと思われる。

余談だが「ビー・バップ・ハイスクール(BE-BOP-HIGHSCHOOL)」は、町のラーメン屋には必ず置いてあった。

何故だったんだろう?

 

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎 Blu-ray COLLECTION

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎 Blu-ray COLLECTION

 

 

『クローズ』も原作は全巻制覇している。

だが『クローズZERO』のエピソードは記憶にない。

ZEROと銘打つからには『クローズ』へと繋がっていく最初の物語という理解でいいのだろう。

いつか、ゼットンの時代を描いて欲しいな…

 

映画「クローズZERO」【TBSオンデマンド】

映画「クローズZERO」【TBSオンデマンド】

 

 

 

 

 

本気のヤンキー漫画

ガチすぎる『特攻の拓』と、格好良すぎる『ろくでなしブルース

 

個人的にヤンキー漫画で好きな作品は、いささかメジャーな作品になってしまうが、やはり『特攻の拓』や『ろくでなしブルース』になる。

特攻の拓』…マイナー作品ではないはずだ。

例えるなら、車の旧車ブームをつくり出したのが『頭文字D』だとするなら、単車の旧車ブームをつくり出したのは『特攻の拓』だと強く信じている。

 

特攻の拓 新装版 コミック 1-27巻セット (ヤングマガジンKC)

特攻の拓 新装版 コミック 1-27巻セット (ヤングマガジンKC)

 

 

ろくでなしブルース』は、言わずと知れたジャンプ全盛期の作品だ。

説明は不要だろう。

東京四天王編が、とにかくメチャクチャ格好良い。

東京四天王って言葉の響きだけでもサイコーに格好良い。

 

ろくでなしブルース彫金マグネット ろくでなしblues ろくでなしブルース 東京四天王 前田 鬼塚 葛西 薬師寺

ろくでなしブルース彫金マグネット ろくでなしblues ろくでなしブルース 東京四天王 前田 鬼塚 葛西 薬師寺

 

ろくでなしBLUES 文庫版 コミック 全25巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

ろくでなしBLUES 文庫版 コミック 全25巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

 

 

ちなみに、一応お断りしておくが『ビー・バップ・ハイスクール(BE-BOP-HIGHSCHOOL)』も『ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校編) / 横浜銀蝿』も、全然リアタイではない。

もっと上の世代の人の話だから、くれぐれも間違えないで欲しい。

 

最後に、銀蝿がすげー面白いことをしていたので貼り付けておく。

 

ツッパリ High School Rock'n Roll (還暦編)(full ver.) / 横浜銀蝿40th - YouTube

 

 

ツッパリ High School Rock'n Roll (在宅自粛編) / 横浜銀蝿40th - YouTube

 

アガるぜ(笑)

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

  • HJ Holdings, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

Paravi(パラビ)

Paravi(パラビ)

  • Premium Platform Japan, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog

 

 

 

 

 

 

【伝説のローカル番組『水曜どうでしょう』】名優・大泉洋、安田顕を輩出した…たぶん旅番組?(笑)

 

 

 

 

 

 

水曜どうでしょう

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

 

水曜どうでしょう』とは

 

水曜どうでしょう(How do you like wednesday?)』は、北海道テレビ(HTB)制作のバラエティ深夜番組。

シンボルキャラクターは福助人形。

1996年10月10日(10月9日深夜)に放送を開始。

レギュラー出演者の"ミスター"こと鈴井貴之氏と"すずむし"の異名を持つ大泉洋氏、ロケーション同行ディレクターの"ひげ"こと藤村忠寿氏と"うれしー"こと嬉野雅道氏の4人(ゲストが加わり出演人数が増えることがある)が過酷な旅を行い、その模様を放送する。

番組開始当初は、局内外から「低俗番組」の烙印を押され打ち切りとなった前身番組『モザイクな夜V3』の後、半年間のつなぎ番組の予定で、会社からは全く期待されていなかった。

しかし、半年の間に人気が出て番組が続行されることとなった経緯がある。

放送開始当時は固定の出演者・企画を設定せず、前身番組『モザイクな夜V3』の延長線上として様々な企画を行っていた。

しかし、その中の一つである「鈴井・大泉による旅メインの企画」が人気となったことで、1997年後半からは放送する企画のほとんどが旅企画となり、現在の出演者・ディレクターがひたすら会話を繰り広げていくスタイルとなった。

1999年12月8日の放送では深夜23時の放送にも関わらず、レギュラー放送時代の最高視聴率となる18.6%を叩き出し、年末にはゴールデンタイムでのスペシャル番組も放送された。

番組開始当初から「低予算」「低姿勢」「低カロリー」のいわゆる「3低」をモットーにしている。

初期は数回分の制作予算を使って、日本国内での企画が多かった。

しかし、中期から後期になると数か月分の制作予算を一気に使い、日本国外への旅がメインとなる。

2002年9月25日にレギュラー放送を終了。

その際に「今後、一生続けられるペースで『水曜どうでしょう』をやっていく」と宣言。

レギュラー放送終了後は、不定期での新作放送や、過去に放送された企画の再放送・DVD化が行われている。

また、テレビ放送以外の形でファンを楽しませることを目的として、『どうでしょう本』の制作や『水曜天幕團』による演劇公演など、さまざまな番組関連企画が行われている。

レギュラー放送が終了した2002年9月以降は、再放送の『どうでしょうリターンズ』・『水曜どうでしょうClassic』・『水曜どうでしょうプレミア』が全国各地で放送されており、2007年には全国47都道府県すべてでの放送を達成した。

現在も数年に1回のペースで『水曜どうでしょう』自体の新作が撮影・作成されており、こちらも北海道での本放送開始を皮切りに順次全国各地で放送されている。

また、番組を再構成・再編集したDVD『水曜どうでしょうDVD全集』も発売されている。

 

水曜どうでしょう 第16弾 72時間! 原付東日本縦断ラリー/シェフ大泉 夏野菜スペシャル [DVD]

水曜どうでしょう 第16弾 72時間! 原付東日本縦断ラリー/シェフ大泉 夏野菜スペシャル [DVD]

 

水曜どうでしょう第29弾DVD「原付日本列島制覇」

水曜どうでしょう第29弾DVD「原付日本列島制覇」

 

水曜どうでしょう 第15弾 アメリカ合衆国横断 [DVD]

水曜どうでしょう 第15弾 アメリカ合衆国横断 [DVD]

 

 

 

 

 

特殊な旅番組

 

第1回に放送された「東京でのアンルイスへのインタビュー企画」の撮影が終わった時、「せっかく東京に来たのにそのまま帰ってはもったいない」と、鈴井氏が「サイコロの旅」(サイコロの出た目で次の行き先と手段を決定し、東京から北海道まで帰る)を企画した。

これが実質的に『水曜どうでしょう』の始まりとなり、これをきっかけとして「特殊な旅番組」というスタンスが生まれた。

レギュラー放送後半になると、出演者を撮影せずに風景ばかり撮影することが多くなる。

これは、嬉野氏がカメラを回したまま寝てしまい、出演陣の会話をBGMにただただ車窓からの風景が撮れていた事があり、それを藤村Dが「これおもしろい」「意外とこっちのほうがいい」と多くカットに採用したことがきっかけとなっている。

これについては、嬉野氏曰く「風景のなか声がしてくる方が緊張感なく見られる」とのことで、大泉氏も「車のなかでカメラを向けてほしくない、話しにくい」と語っている。

旅番組の要素が盛り込まれているものの、低予算を逆手にとり、移動には「深夜バス」やレンタカー、鉄道を多く利用。

道中に繰り広げられるタレントとディレクターのケンカ、罵り合い、座席や料理をめぐる醜い争い、トークなどをそのまま放送したところ、口コミなどで「面白い番組」という噂が広がっていった。

愚痴や罵り合いは主に企画の詰めの甘さ(無さ?)に起因しており、鈴井氏や大泉氏の説教、インチキ(やらせ)を計画・実行までの様子もそのまま「ネタ」として放送する。

観光の要素は一部に含むが、食事や買い物にクローズアップされることはほとんどない。

下ネタを含むトークも例外はあるものの、基本的にはカットされている。

藤村D曰く、レギュラー放送当時に放送されていた『進ぬ!電波少年』(日本テレビ)の手法を参考にした、という。

 

 

 

 

 

旅という名の拉致監禁(笑)?

常に行き先を知らされない洋ちゃん

 

基本的に番組の企画会議は、藤村・嬉野両ディレクターと企画も兼ねる鈴井氏の「首脳陣」3人で行われている。

一方、大泉氏は参加を許されていないばかりか、会議の内容・結果についても十分に伝えられない。

このため、大泉氏はほぼ毎回、ロケ初日に行き先及び企画内容を初めて知る事になる。

企画概要を知った大泉氏の驚いた顔とリアクションは、番組の見所の一つになっている。

レギュラー放送当時、大泉氏のパスポートは北海道テレビへ「局預かり」となっていたため、大泉にとってはロケのスケジュール(ロケ開始日や終了日など)しか判断材料がなく、「決め打ち」と称して荷物を用意していた。

しかし、その決め打ちは裏目に出る事が多く、代表的な例として、「北極圏突入 〜アラスカ半島620マイル〜」では、マントを羽織っただけの上半身裸に海パン姿で旅立ち、「ヨーロッパ・リベンジ」では、北極圏を越えるノルウェーで、最後まで短パンにTシャツで旅をした。

視聴者も大泉氏と同じく、企画発表で全貌を知る事になるため、番組公式ウェブサイトでは新作を遅れて放送する地域を考慮しネタバレに慎重な態度を示している。

実際に、2006年新作で行った枠撮りでは、観衆にネタバレ防止に関して釘を刺しているほか、2011年新作で行ったインターネット配信では、視聴開始前に企画名がバレてしまうことを嬉野氏が報告し、企画名を伏せるように変更した。

 

 

 

 

 

 

ひたすらアカプルコにこだわり続けた洋ちゃん

 

仮にも旅番組を名乗っているにもかかわらず、何も知らない大泉氏は行き先をいつもアカプルコと予想する。

何故、あれほどアカプルコ固執したのか(笑)?

どうしても行ってみたかったのかなww

そんな洋ちゃんだが、さり気なくどうでしょう愛を叫んだ。

それが2021年末の紅白歌合戦という大舞台。

コロナ禍が終息したなら旅行に行きたいという趣旨の会話の中で、「何処に行きたい?」と聞かれた洋ちゃん。

すかさず「アカプルコ!」と答えていた。

どうでしょうファンは歓喜したのではないだろうか。

いや、どうでしょうファンならきっと笑っただろうな。

どうでしょう班アカプルコへ旅立ったことは、残念ながら今のところない。

洋ちゃんの長年の悲願であるアカプルコへ、いつか『水曜どうでしょう』本編で旅立つことを期待したい。

しかしどうでしょう首脳陣が、トラブルの少なそうなリゾート都市を目的地に選ぶとは、決して思えないがな(爆笑)

 

アカプルコ

 

 

アカプルコは太平洋に面したメキシコのビーチリゾート都市です。

大きな湾の沿岸には高層ビルが立ち並び、後ろにはシエラ マドル デル シュル山脈がそびえています。

この街は 1950~60 年代にかけて、ジェットセットと呼ばれるジェット機で豪遊する富裕層によって有名になり、エネルギッシュなナイトスポット、ビーチ、ゴルフで知られています。

この街を象徴するラケブラダの断崖では、高さ 40 m の崖の上から小さな海の入り江に飛び込むプロダイバーの姿が毎日のように見られます。 ― Google

 

 

 

 

 

現在の役者としての大泉洋安田顕の姿からは想像できない?

おバカぶりとイジられっぷりが『どうでしょう』での二人の真骨頂

 

今では渋い役でドラマや映画に引っ張りだこの安田顕氏。

どうでしょう班以外では、最も出演回数が多い準レギュラー的存在だた。

レギュラー最終回でのエンディングでは、鈴井氏・大泉氏と同じ扱いを受けているほどだ。

しかし顔出しの機会は少ない。

旅企画などに登場する際は、HTBのマスコットキャラクター・onちゃんスーツアクターとして登場することが多かった。

その際、紹介テロップは「安田さん onちゃん」の表記になり、安田自身も「onちゃん」と呼ばれている。

名前すら呼んでもらえないほど、ぞんざいな扱いを受けていた。

にもかかわらず、『水曜どうでしょう』で「シェフ大泉 夏野菜スペシャル」を始め、「シェフ大泉 クリスマスパーティー」や「対決列島」など、安田氏が参加した企画はいずれも番組内で人気が高い。

安田さん onちゃんHTBのマスコットにも関わらず、大泉氏や・藤村Dから時々「on」と呼び捨てにされる。

安田氏がonちゃんに入るようになってからは、大泉氏から殴る蹴るの暴力行為(?)を受けたり、更には鈴井氏から蹴られることもあった。

onちゃんが大泉氏に反撃して殴りかかったこともあるものの、ほとんどの場面で大泉に返り討ちに遭っている。

今の俳優・安田顕氏の姿しか知らない方にとっては、『水曜どうでしょう』に出演していた頃の安田顕氏の姿はなかなか衝撃的にうつるだろう。

今やドラマや映画に引っ張りだこの大泉洋氏と安田顕氏だが、『水曜どうでしょう』では正直、おバカキャラだ。

洋ちゃんが何故、"すずむし"と呼ばれているか?

それは、"ひげ"こと藤村Dにすずむし程度の知能だと揶揄されたからだ。

今ならやれパワハラモラハラだと騒ぎ立てられるかもしれないが、『水曜どうでしょう』では当たり前の光景だった。

安田顕氏に関しても同様だ。

鼻から牛乳を吹き出す安田顕氏の姿なんて、どうでしょうでしか見れない。

あまりにバカすぎるからとりあえず勉強させてみるが、結局バカはバカのまま。

結局は洋ちゃんがとばっちりをうけて、四国八十八ヵ所・お遍路のルートをわずかな日程ですべてまわり切らなければいけなくなるなど、とにかく無茶苦茶やっていたのが『水曜どうでしょう』だった。

 

 

 

 

 

 

伝説のローカル番組『水曜どうでしょう』の功績

 

今どきのコンプライアンスに抵触しまくっている『水曜どうでしょう』だが、全国のローカル番組に与えた影響は大きかった。

何せ低予算でもできてしまう番組構成だ。

地方局はこぞって、まだメジャーになりきっていないタレントや芸人を旅へと向かわせた。

現在でも『水曜どうでしょう』の影響を受けたと思われる番組が、いくつか存在する。

テレビ東京の『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』や、テレビ西日本の『ゴリパラ見聞録』などは、『水曜どうでしょう』感を強く感じる。

まぁ、どちらも『水曜どうでしょう』より断然しっかり制作されているのだが(笑)

しかしローカル番組に、これほどまでに多大な影響を与えた『水曜どうでしょう』の功績は偉大だ。

水曜どうでしょう』を伝説のローカル番組と呼んでも、決して大袈裟な表現ではないはずだ。

 


www.youtube.com

水曜どうでしょうスペシャル裏トーク

 

 

 

 

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【『リリー・フランキー「スナック ラジオ」』】打ち切りを断固阻止!みんなで聴いて盛り上げてくれー!!

 

 

 

 

リリー・フランキー「スナック ラジオ」』

 

f:id:ioritorei:20220115125459j:image

 

リリー・フランキー「スナック ラジオ」』とは

 

リリー・フランキー「スナック ラジオ」』は、TOKYO FMをキーステーションにJFN38局で放送されているラジオ番組。

2010年4月から2020年3月まで、10年間にわたって放送してきた『KIRIN BEER "Good Luck" LIVE』の放送枠を受け継ぎ、パーソナリティのリリー・フランキーが店主に見立てて、アルバイト店員ないしチーママ1〜3人を交えて土曜の夕方に「開店準備の時間」の模様を届ける番組だ。

2021年6月5日放送分より、ショートビデオアプリのTikTokがスポンサーを務めることとなり、これを記念して同アプリの番組公式アカウントが開設された。

夕方枠ながら、下ネタ等アダルトな話題が多いこともあり、系列局から「(土曜夕方という)放送時間帯に合わないのではないか?」と疑問を呈されたことがある。

 

店主


リリー・フランキー

 

アルバイト・チーママ


BABI
川村那月
峯岸みなみ
松野井雅
花井貴佑介
麻美ゆま
ミッツ・マングローブ

 

リリー・フランキー「スナック ラジオ」 -TOKYO FM 80.0MHz

 

 

 

 

 

リリー・フランキー「スナック ラジオ」』の魅力

 

刑務所内で聴かれているらしく、プリズンラジオとも呼ばれている『リリー・フランキー「スナック ラジオ」』。

刑務所で好んで聴かれるだけあって、話題がとにかくマニアックだ。

マニアックではあるが多数派に決して媚びず、個人のアイデンティティーをとても大切にしてくれる。

リリー氏の豊富な人生経験。

BABIさんやなっちゃん(川村那月)のぶっちゃけトーク

性的マイノリティや不登校を色眼鏡で見ない懐の深さ。

およそFMとは思えない古い歌謡曲が、至極当然のように流れてくる。

学校では決して教えてくれない、人生訓が学べる『リリー・フランキー「スナック ラジオ」』。

コンプライアンスがうるさい昨今で、コンプライアンス違反すれすれのこういう番組の存在は貴重だ。

 

 

 

 

 

打ち切りの危機と常に隣り合わせの綱渡り番組

 

土曜夕方4時に放送されるスナックラジオは、MCのリリー・フランキーがその時間帯に相応しくないゲスい話をしまくる番組だ。
しかし如何せん、内容が内容なだけにスポンサーがなかなかつかない。

運よくショートビデオアプリのTikTokがスポンサーを務めてくれていたが、おそらくそろそろ契約が切れるのではなかろうか…

前回か前々回の放送でTikTokを使った企画が終わった気がする…

こんな調子だから、聴取率の高さを頼みの綱になんとか継続している番組なのだ。

しかし、東京FMのお偉いさんからいつ終了宣言が下されるのか、毎回ひやひやしながら聴いている。

ラジオを聴く習慣のある方にお願いしたい。

聴取率の高さを頼みの綱だから、土曜夕方4時からの『リリー・フランキー「スナック ラジオ」』をみんな聴いてー!!

もしくは大企業の広報様!

是非とも『リリー・フランキー「スナック ラジオ」』のスポンサーになってー!!

少し過激で下世話で賛否両論渦巻くこういう番組を、簡単に終わらせてはいけない。

賛成ばかりの世の中は、正義ではない。

否定もあってこそ、健全な社会なのだから。

 

 

スナックラジオアイコンとウェブ パーカー

スナックラジオアイコンとウェブ パーカー

 

スナックラジオ トレーナー

スナックラジオ トレーナー

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

TikTok ティックトック

TikTok ティックトック

  • TikTok Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog

 

 

 

 

カリスマのぶっ飛び名言伝説【スティーブ・ジョブズ信者の呟き】『大事なのは自分の心に素直になることだ。』

 

 

 

本稿を読んでいただく前に

 

本稿を読んでいただく前に、大切なことをお伝えしておきたい。

本稿の目的は啓発であり啓蒙である。

決して強要するものではない。

誰にもスティーブ・ジョブズにはなれないし、スティーブ・ジョブズも彼以外にはなれない。

スティーブ・ジョブズのようにはなれても、スティーブ・ジョブズ自身にはなれないのである。

捨てるも拾うもあなたの自由。

何かの役に立つと思えば吸収すればいいし、不要と思うなら流せばいい。

反面教師にしたっていい。

あなたはあなたのままで、何かを感じてもらえたら。

そういう心づもりで読んでいただけたのなら幸いだ。

 

 

 

 

スティーブ・ジョブズ

1955年2月24日 - 2011年10月5日

 

優れた生産方式やシステムを有し、人材も優秀なのにも関わらず、モノづくりの力が弱くなってしまった日本。

日本の企業…いやさ、今の日本人には大切な何かが欠けているように思えてならない。

それは人を惹きつける人間力ではないだろうか。

カリスマ性や魅力ともいえる。

多くの優秀な点を集め、大きな絵を描けたとしても、そこに長く繋ぎとめおく魅力が、今の日本にはない。

日本でイノベーションが起きにくくなったのは、才能云々の問題ではなく、人間力の問題といえる。

ほんの少し考え方を変えれば、ジョブズほどの革新は起こせなくとも、日々の生活の中で自分なりの小さな革新を起こすことはできるはずだ。

生きづらい時代になって久しい。

おそらく、これからもっと生きづらくなるだろう。

仕事でつまずいたり、気持ちが暗くなることも多いだろう。

こんな時代だからこそ、ジョブズの言葉の中に自分の中で革新を起こすためのヒントを探してみたい。

実はスティーブ・ジョブズは、天才技術者でも天才経営者でもない。

ただし、余人にはない圧倒的な人間力と確固たる信念と揺るぎない確信を持っていた。

圧倒的な人間力はさておき、信念と確信なら我々だって持てる。

さらに彼は、屈辱的な挫折を経験している。

挫折を知らない成功者ではないのだ。

そんな彼だからこそ、彼から我々が学べることは少なくないはずだ。

 

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

 

 

 

 

 

プロフィール

 

スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)こと、スティーブン・ポール・ジョブズ(Steven Paul Jobs)は、アメリカ合衆国の起業家、実業家、工業デザイナー。

アメリカ国家技術賞を受賞している。

Appleの共同設立者の一人で、NeXTの創業者。

NeXT CEOやピクサー・アニメーション・スタジオCEOを歴任。

 

1976年、ジョブズは友人のスティーブ・ウォズニアックが自作したマイクロコンピュータApple I」を販売するために起業することを決意。

同年4月1日にウォズニアックおよびロナルド・ウェインと共同で「Apple Computer Company(アップルコンピュータ・カンパニー)」を創業する。

Apple Computer(以下Apple)が1977年に発売した「Apple II」は商業的な大成功を収め、パーソナルコンピュータという概念を世間一般に浸透させた。

Appleシリコンバレーを代表する企業に急成長を遂げ、ジョブズは1980年12月のApple IPO時に2億5,600万ドルもの個人資産を手にし、1982年2月には『タイム』誌の表紙を飾るなど若くして著名な起業家となった。

一度はAppleを去ったジョブズだが1996年、業績不振に陥っていたAppleにNeXTを売却すると同時に復帰。

1997年には、iCEO(暫定CEO、Interim CEOの略)となる。

同年には、不倶戴天のライバルとさえされていたマイクロソフトとの提携と、同社からの支援を得ることに成功。

また社内ではリストラを進めてAppleの業績を向上させた。

2000年、正式にCEOに就任。

2001年から2003年にかけてMacintoshのOSをNeXTの技術を基盤としたMac OS Xへと切り替える。

その後はiPodiPhoneiPadAppleの業務範囲を従来のパソコンからデジタル家電とメディア配信事業へと拡大させた。

 

 

 

 

 

スティーブ・ジョブズのカリスマ性

人を動かす魔法の言葉

 

スティーブ・ジョブズは人を引き抜く際に、その人を強く揺り動かす「魔法」を唱えることで知られている。

ペプシコーラの事業担当社長をしていたジョン・スカリーの引き抜きを画策。

スカリーを口説くためにジョブズが用いた「このまま一生砂糖水を売りつづけたいか?それとも世界を変えたいか?」というフレーズはあまりにも有名。

スカリーのほかに、1982年当時ゼロックスで働いていたエンジニア、ボブ・ベルヴィールには「君は優秀だと聞いたけど、やってきた仕事は全部ガラクタだな。俺ん所で働けよ。」と語りかけて引き抜いている。

また、しばしば何の予告もなしに、突然価値観を180度変えることもあり「3か月前に白が最高だと言っていたのに、今では黒が最高だと言い始め、理由はそれが今正しいからいいんだと、自身以外は納得のいくものは何も口にしない」と元社員は語っている。

ソニー製品について「ソニーHDVカメラは優秀で、高価だが一家に一台必要だ」と言う一方で、「iPodに劣る」としてウォークマンを批判するといった評価をしたりもしている。

1999年10月5日のメディアイベントのスピーチ冒頭で、ソニー共同創業者盛田昭夫の死に追悼の意を表し、トランジスタラジオやトリニトロンウォークマンなど革新的な商品開発を、Appleに大きな影響を与えたものとして称賛した。

部下に対して高い目標を提示し、精力的に優れた仕事へと導くため、理想の上司として評価されることも多い。

一方でジョブズの要求する水準を満たさない者に対しては放送禁止用語だらけの罵声を浴びせたり、その場で解雇にすることでも知られる。

Apple PR担当チーフのローレンス・クレィヴィアはジョブズとのミーティングの前には必ず闘牛士と同じように「自分はすでに死んだ」と暗示をかけてから挑むと同僚に語っている。

また、ジョブズApple復帰後に次々と社員がリストラされた際には「スティーブされる」(=解雇になる)という隠語が生まれるほどだった。

 

 

 

 

明日からの生き方が変わるかもしれない

スティーブ・ジョブズのぶっ飛び名言

 

『大事なのは自分の心に素直になることだ。』

 

ジョブズほど「死」を口にした起業家も珍しい。

だが、そこはスピーチの天才・スティーブ・ジョブズ

スタンフォード大学の卒業式でスピーチした際も、人生の門出の場でありながら「死」について語り、しかも感銘をもって聴衆に伝えている。

栄光と挫折を経験したジョブズの口から「死」という言葉が語られる時、今を生きる尊さと大切さが切実さを増して伝わってくる。

ジョブズはいう。

『人生の時間は限られている。

他人の人生を生きてはいけない。

そして、一番大事なのは自分の心に素直に従う勇気を持つことです。

墓場で一番大金持ちになっても意味がない。

夜、ベッドにもぐりこんだ時に「素晴らしいことを成し遂げた」と、そう自分にいえることが僕にとっては何よりも意味があるんだ。』

誰にでもできそうで、なかなかそのようには生きられない。

生きることに必死になって、自分の心に素直になることができない。

だが、ここらでみんな、一度立ち止まってしっかり考えるべき時なのかもしれない。

本当に欲しいものはいったい何なのか?

幸せな家庭?

やりがいのある仕事?

人生を豊かにする趣味?

なんだっていいじゃないか。

野心に燃えて、社会的な成功を収め、あり余る財を成したとしても、幸福が必ずしもそこにあるとは限らないのだから。

 

 

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

GarageBand

GarageBand

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog

 

 

物語が未完のまま原作者が逝去【ベルセルク:三浦健太郎】原作者不在のまま物語を先へ進めることは是か非か?

 

 

 

 

ベルセルク

 

 

ベルセルク』とは

 

ベルセルク』は三浦建太郎先生による漫画作品。

白泉社発行の漫画誌ヤングアニマル」にて、月イチ連載(第4金曜日)されていた。

単行本は白泉社からヤングアニマルコミックスのレーベルで刊行。

細部に渡って緻密に描き込まれた重厚な画に加え、長大な俯瞰とモブシーンの多用、主要キャラクターの内面と感情的な繋がりを表現するストーリー、壮大な世界観が特徴である。

日本国内のみならず海外でも単行本が出版され、世界中でも支持を集めている。

2002年、第6回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞を受賞。

2021年5月時点で全世界累計発行部数は5000万部を突破している。

中世ヨーロッパを下地にした「剣と魔法の世界」を舞台に、身の丈を超える巨大な剣を携えた剣士ガッツの復讐の旅を描いたダーク・ファンタジー

題名の『ベルセルク』は北欧神話の狂戦士伝説に由来しており、英語ではバーサーカー (berserker)と呼ばれるものである。

ヤングアニマル」誌の前身である「月刊アニマルハウス」1989年10月号より不定期に連載開始。

その後、ヤングアニマルにて20年以上に渡って長期連載が続く。

ただし、休載することも多くその期間が年単位に渡ることもあった。

作者の三浦先生は休載期間中も原稿を描き続けて過労に陥るほどの作業を続けており、掲載誌の巻末コメントで自身の体調に関する不安をたびたび述べ、「死ぬまでに頭の中を全て出せるのか」など完結に対する危惧を自ら語っていた。

その後、自身が危惧していた通り三浦先生は2021年に急逝。

白泉社は作品の継続や終了について明言していない。

逝去後、同年9月10日発売の「ヤングアニマル」18号に第364話が掲載された。

 


www.youtube.com

 

 

 

 

 

三浦健太郎先生自身の最後のペン入れ

最新刊41巻発売中(ネタバレなし)

 

知らぬ間に発売されていた41巻。

三浦健太郎先生ご自身が最後にペン入れをされた最後の単行本。

さっそく手に入れ、心して拝読してみる。

前巻40巻で長かったひとつの案件に、ようやく光明が差したかと思われた矢先での三浦先生の訃報だった。

あの続きが少なからず読めるというだけで幸せだと思っていた。

しかしそれは間違いだった。

三浦先生…

41巻を読んじゃったら、この先を知りたい気持ちが以前より強くなりました…

だって、あんな場面で終わらせるのはファンを生殺しにするようなものですよ…

 

ベルセルク 41 (ヤングアニマルコミックス)

ベルセルク 41 (ヤングアニマルコミックス)

 

 

 

 

 

原作者不在のまま物語を先へ進めることは是か非か?

 

まず、物語を継続するための現実的な問題としてプロットの有無によるだろう。

プロットとは、小説、劇、長詩などの筋立て、構成のこと。

普通、ストーリー(物語)の展開の意に用いられるが、ストーリーが内容の時間的経過による発展、展開を表すのに対し、プロットは主題を中心とする登場人物の性格、心理など内面的展開が加わる。

これがあれば物語の継続は可能だろう。

では、プロットが存在すれば物語を継続できるのかというと、それほど簡単な話ではない。

そもそもプロットが存在するからといっても、原作者の意図を正確に表現するのは不可能だろう。

他者が描くのだから、やはり何かしらの外的因子が加わってしまう。

すると、それは原作者が本当に描きたかったものなのかという疑問が生まれる。

これが、原作者不在のまま物語を進める是非の根幹である。

ファンとしては非常に悩ましい問題だ。

もちろん、原作者の物語を楽しみにしているのだから、原作者がいなくなってしまえば、その作品は終わるのが自然の成り行きだろう。

他者の外的因子が入り込んだ作品がオリジナルだと思えない気持ちだって、十分すぎるほど理解できる。

だが、結末までちゃんと知りたいという願望は否定できない。

それはそうだろう。

散々広げてきた風呂敷を広げっぱなしにはしたくない。

しっかり畳んで、収まり良くしなくては気持ちが悪いし、何より最後がどうなるのかをちゃんと知りたい。

オリジナル作品のまま潔く終了するか、オリジナルではない作品となって継続するか。

答えのない問いなのかもしれない。

 

 

 

2019年12月31日 第70回NHK紅白歌合戦
"AI美空ひばり"

 

「第70回NHK紅白歌合戦」に、AI技術を活用して故・美空ひばりさんの歌声を再現した「AI美空ひばり」が登場したことがある。

そして30年ぶりとなる新曲「あれから」を披露したのだった。

賛否両論の中、残念ながらどちらかといえばアーティストに対する侮辱だという否定的な意見の方が多かった。

誤解を恐れず正直な気持ちをいえば、そんなにいけないことだったのだろうか?

素直に凄いと思ってしまったのは、いけないことだったのだろうか?

AIの力を借りたとはいえ、二度と聴けないと思っていた美空ひばりさんの新曲が聴けた。

もちろん、違和感はある。

でも、誰も本物の美空ひばりさんが歌っているなんて思っていない。

当たり前だ、美空ひばりさんはもういない。

観ている方だって馬鹿ではない。

あくまで if としてでしか観ていないのだ。

ちゃんとそういう理解があるなら、悪いことではないと思うのはいけないことだろうか。

 

youtu.be

youtu.be

 

 

 

話を戻そう。

原作者不在のまま物語を進める是非は、「AI美空ひばり」と同じではないだろうか。

ちゃんとそういうものだと理解しているなら、不満は生まれない。

大切なのは、もうオリジナル作品は終わってしまっていると理解し認めること。

その上で物語が引き継がれ続いていくことは、決して悪いことではないと思うのだが、皆さんはどう思われるだろう?

 

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

  • HJ Holdings, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

Paravi(パラビ)

Paravi(パラビ)

  • Premium Platform Japan, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog