...
...

ioritorei’s blog

完全趣味の世界

※当サイトではアフィリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しております。

【富山の本気がすごかった!】SNSで話題のフォトグラファー・イナガキヤスト氏の本気をみたツイート。

 

 

 

 

 

 

 

本気を出した富山がすごかった!

 

 

 

 

 

 

 

 

イナガキヤスト氏の絶景写真の数々

 

 

皆さんは本気を出した富山を見たことがありますか?

ここ最近、SNSをはじめとしたインターネット上で「本気出しすぎた富山」などの言葉とともに、山岳地帯の写真をアップしている話題の風景写真家がいる。

フォトグラファーのイナガキヤスト氏だ。

 

 

twitter.com

 

 

はじめてその写真を見た時の衝撃と感動たるや、筆舌に尽くし難い。

一見しただけでは、およそ日本の風景写真だとは夢にも思わない。

まるで海外の絶景を見ているような、夢のような絶景写真。

だけどよくよく写真を眺めてみると、紛れもなく富山だ。

どれも本当に素晴らしい写真ばかり。

イナガキヤスト氏をご存知ない人は必見だ。

こんなときこそ、日本の美しい景色を楽しませてくれる絶景写真に癒やされよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(※すべてイナガキヤスト氏Twitterより引用)

 

 

忘れられない写真とはこういうものをいうのだろう。

でも困ったことがひとつ。

こんな素晴らしい写真を見せられたら、富山のみならず、日本全国の本気が見てみたくならないだろうか?

いつか47都道府県、すべての本気を見てみたいよね。

日本にはまだまだ我々の知らない美しい景色が残されている。

本当に美しい国だ、日本は。

 

 

イナガキヤスト氏撮影 砺波市 クリアファイル 閑乗寺公園

イナガキヤスト氏撮影 砺波市 クリアファイル 閑乗寺公園

 

 

富山の本気2024カレンダー ([カレンダー])

富山の本気2024カレンダー ([カレンダー])

 

 

「みんなでシェア旅 本気の富山」

「みんなでシェア旅 本気の富山」

 

 

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

 

BeautyPlus -自撮りカメラ、AIイラスト、写真加工

BeautyPlus -自撮りカメラ、AIイラスト、写真加工

  • Pixocial Technology Singapore Pte Ltd
  • 写真/ビデオ
  • 無料

PicCollage 写真・動画の編集加工アプリ

PicCollage 写真・動画の編集加工アプリ

  • Cardinal Blue
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

 

 

 

 

【岡田准一×宮崎あおい出演映画『天地明察』】いろいろと豪華なのに全然派手じゃない名作時代劇。

 

 

 

 

 

 

 

映画

天地明察

 

 

いろいろと豪華なのに全然派手じゃない名作時代劇

 

 

 

 

 

 

 

洋画の派手さこそないがどうしようもなく心にしみる…
それこそ邦画の最大の魅力

 

洋画の派手さこそないがどうしようもなく心にしみる…

それが邦画の良さだと思う。

昔は当たり前のように洋画一択だったが、近年の邦画はなかなかバカにできない。

製作費でハリウッドに勝てないならシナリオと演出と演技で勝負といわんばかりに、邦画のクオリティーは年々高くなっている。

たしかにハリウッド映画は華やかで見栄えもするが、どうしても大味になってしまっているように感じる。

演出的にはどうしても地味な邦画ではあるが、シナリオ的に感性が合うのはやはり制作者が同じ日本人だからだろうか。

もちろん作品によるが、邦画には洋画のクライマックス的派手な見せ場がほとんどない。

ドッカンドッカン爆破しないし、ガガガガ派手な銃撃戦もない。

カッコいい戦闘機も、イカツイ戦車も邦画とは無縁に近い。

だが、最近そんな邦画が観ていてとても心地よい。

ガチャガチャとうるさいだけの映画は苦手だ。

時には深く考えさせられ、じわじわ心にしみてくる映画を好むようになってからというもの、邦画が面白くて仕方ない。

日本人ならではの感性で演出し魅せていくのが邦画だ。

ここではまったく派手ではないけれど、どうしようもなく心にしみて今なお強く記憶に残っている邦画をご紹介したいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

天地明察』とは

 

 

天地明察は、冲方丁先生による時代小説である。

野性時代(角川書店)にて、2009年1月号から7月号まで連載、2009年11月30日に角川書店より刊行された。

江戸時代前期の囲碁棋士で天文暦学者の安井算哲(渋川春海)の生涯を描く。

第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞受賞作。

第143回直木賞候補作。

 

 

天地明察(特別合本版) (角川文庫)

天地明察(特別合本版) (角川文庫)

 

 

天地明察(1) (アフタヌーンコミックス)

天地明察(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 

 

映画『天地明察

 

 

冲方丁先生による時代小説『天地明察を原作に映画化された映画『天地明察

監督は滝田洋二郎氏で、2012年9月15日公開。

主演はV6の岡田准一氏。

岡田氏は以前ラジオ番組で冲方先生と対談したことがあり、そのときに原作を読んでいた。

映画の内容は、山崎闇斎が、改暦作業に渋川春海の後見として積極的な役割を果たし、反対派の襲撃を受けて死亡するなど、原作・史実と異なる点があり、このことはエンディングロールのあとで断られている。

余談だが吉岡里帆さんは当時京都市在住の一般の高校生だったが、本作にエキストラで参加したことをきっかけに女優の道を進むこととなった。

 

 

天地明察 [DVD]

天地明察 [DVD]

 

 

あらすじ

 

 

まだコペルニクスの地動説が知られていなかった時代の日本に、天体の運行を観察し日本独自の正しい暦を作り出そうと試みた一人の男がいた。

時は江戸。

4代将軍徳川家綱の治世。

一介の棋士(囲碁)ながら会津藩主にして将軍後見役保科正之に目を掛けられる安井算哲(後の渋川春海)は天文・数学にも深い興味を示す好奇心旺盛な男。

上覧碁(将軍の前で碁を打つ)を翌日に控えた算哲は会津江戸藩邸の屋根に登り星を眺めていた。

親しい会津藩士・安藤有益から金王八幡宮に新たな和算の設問が奉納されたと聞いた算哲は居ても立ってもいられず、翌日早朝に参詣する。

そこで早速問題に取りかかろうとするのを掃除をしていたえんという若い女性に見咎められる。

登城の刻限が迫り、算哲は急いで神社を飛び出すが大事な棋譜を忘れてしまう。

算哲が慌てて取りに戻ると棋譜に気づいたえんが持っていた。

ふと設問の書かれた絵馬に目をやると算哲が解こうとした設問には全て答えが記され、新たな設問が奉納されていた。

このとき算哲は、えんの目の前で一瞥しただけで解いた人物、関孝和の事を知る。

遅刻して登城した算哲は対戦相手となる旧知の本因坊道策から真剣碁を持ちかけられる。

かねてから将軍に碁の本当の面白さを伝えたいと考えていた二人はそれぞれの師からあらかじめ指示されていた打ち筋を外れ、算哲は初手天元(碁盤の中央)という奇手を打つ。

このことで立ち会いの幕臣たちは色めき立つが家綱は面白いと承知。

道策と算哲の真剣な対局に家綱は身を乗り出して観戦していたが蝕(日蝕のこと、古来凶兆の前触れとして忌まれた)が発生したとの報告が入り、城中の儀式は全て取りやめとなり、算哲と道策の勝負も水入りとなってしまう。

それぞれの師にこっぴどく叱られる二人だったが、算哲は正之に呼び出される。

正之は初手天元の真意を尋ねた後、「半月後から日本各地で北極星の位置を確認せよ」(北極出地)という命令を与える。

その遂行に当たって刀を下賜される。

つまりは武士として職務に当たれという命令であり、これは幕府の正式な事業であった。

関孝和に会いたいと考えた算哲は手がかりとなる村瀬塾という和算塾を訪ねるが、そこでえんと思いがけぬ再会を果たす。

塾長・村瀬義益の妹だというえん

義益が関の書いた本を見せると算哲は食事も忘れて夢中になる。

算哲は関に挑戦するため関の難問を解いた上、自身の設問を掲げる。

算哲は関から解答があったら預かって欲しいとえんに頼む。

算哲とえんは互いにほのかな恋心を抱くのだった。

一方、道策は師の制裁で公開の場での対局を禁じられていた。

算哲が公務を果たした暁には封じ手とした上覧碁の続きを対局することを約束する。

北極出地の一行は雪の舞い散る中、江戸を出立する。

気のいい上役の建部伝内、伊藤重孝に気に入られた算哲は小田原での観測において二人が歩測と方角を元にした計算から角度を割り出し競っていることを知らされ、この競争に参加することになる。

熱田での観測において算哲は完璧な解答を出して建部、伊藤を驚かせる。

幼少期から高名な山崎闇斎に師事して北極星を観察してきた算哲はそのことを語り、算術については独学で学んだと語る一方で関の本を二人に差し出す。

すると建部、伊藤共に夢中になり、関に弟子入りしたいと言い出す。

その発想はなかったと算哲は語り、関の設問を解き、自らの設問を置いてきたと語る。

だが、算哲の設問を二人が計算したところ答えが無数に存在する「誤問」だと指摘され、算哲は酷く恥じ入り落ち込み。

そのことをえんに手紙で伝える。

だが、設問を見た関は美しいと賞賛していた。

出地一行が宿泊まりをしていると小者の弥吉が月が欠けている(月食)と知らせる。

だが、あらゆる暦を確認してもその日の月食について予見したものはなかった。

建部と伊藤は日本国内のすべての暦の元となっているのは800年前の唐から伝わった宣明暦であり、年月を経てズレが生じているのだと指摘する。

だが、暦の変更(改暦)については朝廷が拒み続けていたのだった。

北極出地は過酷を極め、行程には大幅な遅れが生じる。

そして旅の最中、年配の建部は健康を害してしまう。

病床にて建部は天の理を解き明かし我が二腕にて抱いて三途の川を渡るという大望を語る。

出地一行と銚子で落ち合う約束していた建部だが身罷ってしまう。

算哲は建部の遺志を継ぐことを誓う。

ようやく北極出地を終え、設問を手に村瀬塾を訪ねた算哲だったがえんは既に嫁いでしまっていた。

藩邸にいた算哲は水戸光圀に呼び出される。

北極出地について語った算哲は暦のズレが2日にもなろうとしていることを報告する。

光圀は朝廷の公家衆が既得利権のために暦を独占していると語る。

だが、公家の中にも算哲の同門で闇斎を師とする土御門泰福のようにそれで良いと思っていない者もいた。

正之に呼び出された算哲は正之の悲願である改暦について光圀、建部、伊藤、安藤そして恩師・闇斎からの推挙により責任者に任じられる。

「天を相手に真剣勝負を見せよ」という正之の言葉に算哲は「御意」と答えるのだった。

こうして幕府の威信をかけた一大事業が始まる。

だが、暦を巡る戦いは熾烈を極め、算哲は幾度となく苦境に立たされるのだった。

これは江戸初期に実在した暦の改革者・安井算哲、和算を完成させた不遇の算術家・関孝和、史上最強の棋士本因坊道策という「知の巨人」と言うべき男たちと、江戸幕府の黎明期を支えた保科正之水戸光圀といった偉大な名君たちの物語である。

 

 


www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

先人たちの偉業

 

 

正確な暦の解析へ

 

いったい何を取っ掛かりにして、昔の人は正確な暦を知り得たのか?

それにはまさに天文学的なほどの、膨大な観測データが必要だった。

歩測によって距離を測定し、あらゆる地点で星の位置を観測する。

それこそ気の遠くなるような労力を必要とした。

先人たちの偉業には本当に頭が下がる思いだ。

そういうところを知るだけでも、本作は十分楽しめる作品となっている。

 

 

世界の中心の日本人

 

この手の作品を観ると、つくづく昔の人は本当に凄いなと感心するばかりである。

まだ天動説だ、いや地動説だなどと議論している時代に、暦のズレを指摘しあまつさえそれを是正するなんて…

天才って本当に存在するんだよな。

本作主人公の安井算哲(渋川春海)然り、伊能忠敬然り、昔の日本人は自分たちが気づいていないだけで、実は世界の中心にいる人間が何人もいたのだ。

同じ日本人として、これは誇るべきことである。

細かい技術にかけては世界が驚くほどであった。

それは精細な技術を持つスイス人が、日本のカラクリ技術をみて驚くほどだったという。

その頃からの積み重ねのおかげで後に「技術の日本」と呼ばれるようになるのだ。

また本作とは直接関係はないが、江戸のインフラは世界一。

花の都・パリなんか比べものにならないくらい、快適な生活が江戸にはあった。

今、流行りのSDGs(Sustainable Development Goals、日本語では「持続可能な開発目標」)の意識も、実はこの頃の江戸からすでに存在している。

あらゆるものがリサイクルされて、まったく無駄のない生活がすでに営まれていたのだ。

究極のエコ生活は、江戸時代にはもう確立されていた。

日本人が意外と知らない、忘れ去られてしまった日本の本当の実力。

偉大な先人たちが積み重ねてきたもの…

そろそろ思い出さなくてはいけない。

 

 

 

伝統芸能の役者さんが多数出演

 

 

長屋で貧乏暮らしをしながら和算の研究に没頭する孤高の算術家、関孝和役に市川猿之助氏。

2代将軍秀忠の庶子で家光の異母弟で、初代会津藩主である保科正之役に松本幸四郎氏。

当時暦家賀茂氏を継承していた幸徳井家の当主で、陰陽頭であった幸徳井友傳をモデルにしていると思われる宮栖川友麿役に市川染五郎氏と、日本を代表する伝統芸能役者さんがズラリ出演している。

伝統芸能を継承している役者さんが演じる時代劇は、やはり何かが違う。

とにかく凄い。

普段から日本伝統芸能を知る役者さんが演じている分だけ、時代考証にリアルと深みが生まれるのだろう。

歌舞伎は敷居が高いという印象があるが、こういう時代劇が増えれば、その普及の手助けにもなるのではないだろうか。

本業に疎かにはできないだろうが、日本の伝統芸能継承者の方々には率先して時代劇に出演してほしいと心底思う。

 

 

 

 

 

 

 

いろいろと豪華なのに全然派手じゃない名作時代劇

 

 

豪華なのは伝統芸能役者さんたちばかりではない。

主演の岡田准一氏に宮崎あおいさん。

宮崎あおいさん演じるえんの兄、村瀬義益役に佐藤隆太氏。

2代水戸藩主、水戸光圀役に中井貴一氏。

北極出地隊隊長、建部伝内役に笹野高史氏。

建部の離脱後出地隊を率いる伊藤重孝役に岸部一徳氏。

口が軽くお調子者の小者、弥吉役に徳井優

四代将軍家綱役に染谷将太氏。

本因坊道悦役に尾藤イサオ氏と、安井算知役のきたろう氏。

おまけにナレーションには真田広之氏。

音楽は久石譲氏が務めている。

あまりに豪華な布陣すぎて驚きを隠せない。

しかもこんなに豪華な布陣にもかかわらず、扱うテーマが全然派手じゃない天体観測。

まったく邦画ってやつは…

だがそれが良い。

これでこそ名作邦画である。

しかしこれほど豪華布陣で臨んだ作品が、ハリウッド映画並みの大ヒットを記録できないのは少し哀しい気もする。

こういう映画こそ、より多くの人に観て欲しいと切に願う。

いや、作品が作品だけに星にでも願っておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

 

ABEMA(アベマ) 新しい未来のテレビ

ABEMA(アベマ) 新しい未来のテレビ

  • 株式会社AbemaTV
  • エンターテインメント
  • 無料

Filmarks(フィルマークス)

Filmarks(フィルマークス)

  • 株式会社つみき
  • エンターテインメント
  • 無料

Disney+

Disney+

  • Disney
  • エンターテインメント
  • 無料

 

 

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

 

 

 

【アニメ『鬼滅の刃「柱稽古編」』OP曲「夢幻」】アニソンは売れると勘違いした大物アーティストの起用で『進撃の巨人』の悪夢再び?歴代主題歌の功績を裏切る強烈な "これじゃない感" 。

 

 

 

 

 

 

 

アニメ

鬼滅の刃「柱稽古編」

 

 

アニソンは売れると勘違いした大物アーティストの起用で『進撃の巨人』の悪夢再び?歴代主題歌の功績を裏切る強烈な "これじゃない感" 

 

 

 

 

 

 

 

鬼滅の刃「柱稽古編」』とは

 

 

漫画家・吾峠呼世晴先生により連載された少年漫画『鬼滅の刃にある一篇(エピソード)のひとつ。

単行本・15~16巻に当たる章節。

実質作中最後の幕間エピソードである。

閑話休題的な回。

「柱稽古」とは劇中で行われた特別訓練(スペシャルトレーニング)のこと。

鬼殺隊は、来るべき鬼舞辻無惨率いる鬼達との決戦に備えて、組織の実力者たる柱達を筆頭に全体的な組織力強化を図る修練を行う事を決定する。

提案者は岩柱・悲鳴嶼行冥であり、産屋敷あまねによって開かれた緊急柱合会議で、他の柱達と後にお館様の同意も得て可決された。

それが「柱稽古」であり、多くの鬼殺隊士がこれに参加した。

本来なら様々な任務があって、配下の隊士全員への指導などしている暇が無い程に忙しい柱達であったが、竈門禰豆子が太陽(日光)を克服して以降、禰豆子を手に入れるべく鬼殺隊との全面衝突に備えて無惨が自らが作った全ての鬼を招集した事で、各地での鬼の出没が完全に停止する。

嵐の前の静けさとも言える状況ではあったものの、このおかげで柱達の業務も夜の最低限の警戒のみに絞られた事から、この柱稽古を実施する事が可能となったのである。

過酷な修業「柱稽古」を主に味方陣営の主戦力・柱たちの個性豊かな人柄や人物背景も知れる内容となっている。

特に岩柱・悲鳴嶼行冥による修行や彼の過去が語られ交流する様子が濃く描かれ、更に主人公の恩人・冨岡義勇へ焦点が当たる一幕がある。

 

 

鬼滅の刃 柱稽古編 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

鬼滅の刃 柱稽古編 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

 

鬼滅の刃 柱稽古編 2(完全生産限定版) [Blu-ray]

鬼滅の刃 柱稽古編 2(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 

 

刀鍛冶の里にて上弦の鬼二体の強襲にあった炭治郎たち。

玄弥や二人の柱との共闘でこれらを撃退した戦いは、禰豆子が太陽を克服し収束した。

鬼として初めて日の光を浴びても消滅しない存在となった禰豆子は、炭治郎の禰豆子を人間に戻す念願に近づいたと同時に、太陽の克服を目論む鬼の元凶、鬼舞辻無惨の標的となったことを意味する。

これを受けて鬼殺隊は、来る無惨たち鬼との戦いに備え全鬼殺隊員を招集した大規模な訓練、柱稽古を開催。

炭治郎たち隊員は、柱たちによる厳しい稽古に身を投じることとなるー。

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

アニソンは売れると勘違いした大物アーティストの起用で『進撃の巨人』の悪夢再び?

 

 

進撃の巨人』の悪夢再び?

 

今、アニメ『鬼滅の刃進撃の巨人と同じ過ちを繰り返そうとしている。

アニメ『進撃の巨人放送開始当初の主題歌はどれも秀逸で名曲揃いだった。

特にテレビシリーズ第1話から13.5話まで使用された、アニメ『進撃の巨人の初代OPテーマ 「紅蓮の弓矢」。

 

 


www.youtube.com

 

 

紅蓮の弓矢

紅蓮の弓矢

  • Linked Horizon
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 


音楽ユニット「Linked Horizon」のこの曲をきっかけにアニメを観るようになったという人も多かったのでは?

進撃の巨人の世界観をダイレクトに表現した歌詞やドイツ語のナレーションといった要素は、血で血を洗う巨人との壮絶な戦闘を示唆するメタファーになっていたように思う。

歌手の個性を活かしつつアニメの世界観を完璧に表現した驚くべき1曲で、スピード感あふれる音楽に乗って空を飛び交う兵士たちを描いたOP映像も見事なほどにマッチしていた。

「紅蓮の弓矢」はアニソンのお手本ともいうべき名曲だったのである。

The Final Season のOPである神聖かまってちゃんの「僕の戦争」も、これから繰り広げられる鬱展開を暗示しているようで進撃の巨人の雰囲気にぴったりだった。

 

 


www.youtube.com

 

 

僕の戦争

僕の戦争

  • provided courtesy of iTunes

 

 

ちなみに神聖かまってちゃんは Season.2 のエンディングも担当しており、これまた作品の雰囲気に見事マッチしていた。

 

 


www.youtube.com

 

 

夕暮れの鳥

夕暮れの鳥

  • provided courtesy of iTunes

 

 

ところが進撃の巨人OP曲に異変が起こる。

テレビシリーズ第38話から49話まで使用された4代目OPテーマ 「Red Swan」YOSHIKI feat.HYDE

日本が世界に誇るロックバンド X JAPAN と L’Arc~en~Ciel 、それぞれの顔というべき存在のYOSHIKI(ドラム・ピアノ担当)とHYDE(ボーカル担当)がタッグを組み、YOSHIKI feat.HYDE 名義でリリースされた「Red Swan」。

この説明だけを聞いていれば疑いようのない名曲になることだろう。

だが実際はそうではなかった。

起用当初こそは話題になったものの、次第にメッキが剥がれ出す。

自分たちの音楽性を押し付けつけるだけでアニメにまったく寄り添おうとしない「Red Swan」は、アニソンとしては正直がっかりと言わざるを得ない出来だった。

歴代主題歌がこれまで積み上げてきたもののすべてを破壊した悪夢のような選曲。

 

 


www.youtube.com

 

 

たしかに大物アーティストのコラボレーションは話題にはなる。

しかし話題性だけで売れるほど、アニソンの世界は甘くはないのだ。

アニソンを舐めるな。

 

 

アニメ『鬼滅の刃「柱稽古編」』OP曲 MY FIRST STORY×HYDE「夢幻」がビルボードDLソング首位もご祝儀DLか

 

2024年5月22日公開(集計期間:2024年5月13日~5月19日)の Billboard JAPAN ダウンロード・ソング・チャート "Download Songs" で、MY FIRST STORYとHYDEによる「夢幻」が24,642ダウンロード(DL)を売り上げて、首位デビューした。

アニメ『「鬼滅の刃」柱稽古編』のOP主題歌として書き下ろされた「夢幻」は、アニメ初回放送スタート後の5月13日に配信され、2位に約4,700DLの差をつけて首位に。

6月5日のCDシングル発売を前に好スタートを切った。

しかしこれは新シリーズ放送開始記念のご祝儀DLの可能性が高い。

あくまで一過性のものに過ぎず、恒久的な人気を得るものではないだろう。

 

 

アニソンは売れるという勘違い

 

アニソンが音楽チャートを席巻する昨今。

隆盛著しい日本のアニソンは、もはやワールドワイドなコンテンツとなっている。

人気アニメの主題歌ともなれば話題性は抜群。

アニメ本編よりも一足早く、世界の話題をかっさらう。

もちろん、それを歌う担当アーティストも大忙しだ。

「あの大人気アニメの主題歌」というふれこみで、あらゆる音楽番組を総ナメ。

上手くいけば海外の音楽祭からもお呼びがかかり、たった1曲で世界的なアーティストへの道が開ける。

CDが売れなくなった今の日本でアーティストが売れる一番の近道は、もしかしたらアニソンなのかもしれない。

しかし、アニソンならば何でもいいということはもちろんない。

アニメが名作であればあるほど、その主題歌にも高いクオリティが要求される。

楽曲単体の音楽性はもちろん、その主題歌とアニメをどれだけシンクロさせられるのかが重要なのである。

その大成功例がYOASOBI「アイドル」でありCreepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」であろう。

しかしアニソンには通常の音楽チャートと違う最たる特徴がある。

それは担当アーティストに有名無名を問わないことだ。

誰が歌うのかなんて正直どうでもいい。

ネームバリューで評価が左右されない。

だからこそ、アーティストにとってもアニソンには夢があるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

歴代主題歌の功績を裏切る強烈な "これじゃない感"

 

 

LiSA ー「炭治郎立志編」「無限列車編」

 

アニメ『鬼滅の刃初代OP曲「紅蓮華」を担当したLiSA。

今でこそ有名アーティストの仲間入りを果たしたが、アニメ放送開始当初彼女を知っていた人がどれほどいただろうか。

鬼滅の刃放送前からアニソン界では有名だったLiSAだが、一般的な知名度は皆無に等しかった。

しかし「紅蓮華」の大ヒットが彼女をビッグネームへと押し上げる。

そして続く「炎」で確固たる地位を手に入れた。

ちなみにLiSAはED曲も担当しており、「明け星」では第63回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞している。

LiSAが歌う曲はすべてがアニメに寄り添っていて、鬼滅の刃=「紅蓮華」、煉獄杏寿郎=「炎」のイメージを見事に確立した。

 


www.youtube.com

 

 

紅蓮華

紅蓮華

  • LiSA
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 


www.youtube.com

 

 

炎

  • LiSA
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

Aimer ー「遊郭編」

 

LiSAのイメージが固定した鬼滅の刃OP曲。

引き継いだのはAimerだった。

彼女もアニソン界ではその名が轟くも、一般的な知名度はそれまで皆無と言っていいだろう。

Aimerは『「鬼滅の刃遊郭編』OP主題歌「残響散歌」で、第73回NHK紅白歌合戦に初出場している。

「残響散歌」ではLiSAが築き上げた鬼滅の刃のイメージを踏襲しつつも、Aimer自身のアイデンティティもしっかりと示し、偉大なる初代のプレッシャーを見事に跳ね除けてみせた。

 

 


www.youtube.com

 

 

残響散歌

残響散歌

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

OP曲ばかりに目がいくが、Aimerが担当したED曲「朝が来る」は、一度しっかり聴いてほしい隠れた名曲である。

 

 


www.youtube.com

 

 

朝が来る

朝が来る

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

MAN WITH A MISSION & milet ー「刀鍛冶の里編」 

 

LiSA、Aimerと続きOP曲を引き継いだのはMAN WITH A MISSIONとmilet。

『「鬼滅の刃」刀鍛冶の里編』OP主題歌 「絆ノ奇跡」。

MAN WITH A MISSION、通称マンウィズはオオカミの被り物でお馴染みだから、アニソン界のみならず一般的な知名度も高い。

またmiletもアニメ好きには知れた名前だが、それ以上に多くのドラマ主題歌を担当していて、名こそ知らなくても、彼女の楽曲を聴けば耳にしたことがある人も多いだろう。

ちなみにMAN WITH A MISSIONとmiletはそれぞれ個別でアニメ『ヴィンランド・サガのOP・EDを担当(Aimerも)していたという共通点があり、このコラボは非常に興味深い顔合わせだった。

何よりここへきて担当アーティストの選定を、アニソン界寄りからメジャー寄りへと舵を切る。

正直、ここで進撃の巨人の悪夢が訪れるのかと著者は思っていた。

しかし蓋を開けてみればさすがと言わざるを得ない出来の良さ。

マンウィズもmiletもアニソンに精通していたからだろうか、それまでの主題歌からはガラッとテイストが変わったが、疾走感の中にわずかに残る寂寥感がアニメの作風とジャストフィット。

アーティストのアイデンティティをしっかり残しつつも、見事アニメに寄り添った主題歌だといえる楽曲だった。

 

 


www.youtube.com

 

 

絆ノ奇跡

絆ノ奇跡

  • provided courtesy of iTunes

 

 

MY FIRST STORY × HYDE ー「柱稽古編」

 

MY FIRST STORYは、2014年放送のアニメ信長協奏曲主題歌「不可逆リプレイス」、2019年に配信されたNetflixオリジナルアニメ『ケンガンアシュラ』OP主題歌「KING & ASHLEY」、2021年オンエアのアニメ『オルタンシア・サーガ』OP主題歌「LEADER」などの楽曲で、アニメファンにもお馴染みのアーティストだ。

一方HYDEは、L’Arc-en-CielVAMPS、THE LAST ROCKSTARSでボーカリストとして活躍するなど、国内外で幅広い活動を展開する著名アーティスト。

アニソンの提供にも非常に積極的で、L’Arc-en-Cielとしては『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』OP主題歌「Blurry Eyes」、1996年版るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 』ED主題歌「the Fourth Avenue Café」、GTOOP主題歌「Driver's High」、2003年版鋼の錬金術師OP主題歌「READY STEADY GO」、精霊の守り人OP主題歌「SHINE」、機動戦士ガンダム00OP主題歌「DAYBREAK'S BELL」、『EDENS ZERO』OP主題歌「FOREVER」などを歌っている。

ここで問題なのは時代が変わったということ。

「夢幻」という楽曲はHYDEの意向が多く取り入れられた作品という印象が強い。

そして、たしかにHYDEはアニソンの実績もある。

だかしかし、HYDEがアニソンに楽曲提供していた頃とは、アニソン事情がまったく違う。

アーティストの目がまだCDセールスに向いていた頃なら、大物アーティストのアニソン参戦なさぞや大きな売り文句になったことだろう。

しかしそれはアーティストの楽曲であり、アニメに寄り添った楽曲ではない。

アニメとほんのちょっとでもイメージが重なれば良いという、極めてアーティスト中心の選曲だった。

しかし今は違う。

誰もが知っている人気アーティストを起用し、そのアーティストの自我だけを貫き通せるほど、アニソンは甘くはなくなった。

そういう意味で、アニメ『「鬼滅の刃」柱稽古編』のOP曲「夢幻」は、酷くアーティスト寄りの楽曲だという印象だ。

 

 


www.youtube.com

 

 

夢幻

夢幻

  • MY FIRST STORY & HYDE
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

個人的には、極めてアーティスト中心の古き悪しき選曲だと思う。

アニソンでのヒットは見返りが大きい。

日本のアニメは世界でも高く評価され、その主題歌ともなれば注目度も話題性も抜群だ。

だからアーティストがアニソンに活路を見出す気持ちは十分わかる。

しかし今という時代での畑違いの大物アーティストのアニソン参戦は、アニメファンから言わせてもらえば、アニソンを舐めているように感じてしまう。

アニソンは売れると高を括られているのではないかと、どうしても勘繰ってしまう。

そしてもしそうだとしたのなら、アニソン寄りのアーティストへの冒涜でしかない。

アニソン専門、アニソン寄りのアーティストは伊達ではない。

アニソンを歌うアーティストは、その楽曲のみならず、アニメへの評価も左右する重責を担っているのだ。

アニメの評価という点で危惧するのが、今後の人気が下降する恐れである。

進撃の巨人YOSHIKI feat.HYDE「Red Swan」が起用されてから、社会現象にまでなった人気に陰りが見え始めた。

物語的にも鬱展開が始まる頃だからあるいは必然だったのかもしれないが、「Red Swan」を経てからというもの進撃の巨人は時折話題になりはしてもオワコン扱いされ、ひっそり終わっていくことになる。

奇しくも『「鬼滅の刃」柱稽古編』も、鬱展開前最後の閑話休題的な回。

窓口が広かったこれまでとは違い、視聴者層は一気に絞られることになるだろう。

おまけに鬼滅の刃は次回作公開までのスパンの長い。

主題歌が印象弱いと、アニメの人気維持にも少なからず影響が出る。

アニメ人気維持の役割をMY FIRST STORY × HYDE「夢幻」が果たせるかどうか?

それとも進撃の巨人同様、鬼滅の刃もこれからオワコン化が始まってしまうのか?

兎にも角にも、鬼滅の刃OP曲としてのMY FIRST STORY × HYDE「夢幻」は個人的に "これじゃない" 。

Xが大好きで、L’Arc-en-Cielの「Flower」が今でも名曲だと信じて疑わない著者だが、アニソンとなれば話は別。

アニソンを舐めてはいけない。

 

 

鬼滅の刃 目指せ! 最強隊士! - Switch

鬼滅の刃 目指せ! 最強隊士! - Switch

 

 

鬼滅の刃 無限列車編 (TVアニメ版) ブルーレイ (北米版) [Blu-ray] [Import]

鬼滅の刃 無限列車編 (TVアニメ版) ブルーレイ (北米版) [Blu-ray] [Import]

 

 

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

 

 

 

 

 

【三谷幸喜監督・深津絵里・西田敏行主演映画『ステキな金縛り』】数ある三谷作品の中でも一番のマイナー作?地上波ではなかなか放送されない名作邦画。

 

 

 

 

 三谷幸喜監督・深津絵里西田敏行主演映画

ステキな金縛り

 

 

 

数ある三谷作品の中でも一番のマイナー作?地上波ではなかなか放送されない名作邦画

 

 

 

 

 

 

 

洋画の派手さこそないがどうしようもなく心にしみる…
それこそ邦画の最大の魅力

 

洋画の派手さこそないがどうしようもなく心にしみる…

それが邦画の良さだと思う。

昔は当たり前のように洋画一択だったが、近年の邦画はなかなかバカにできない。

製作費でハリウッドに勝てないならシナリオと演出と演技で勝負といわんばかりに、邦画のクオリティーは年々高くなっている。

たしかにハリウッド映画は華やかで見栄えもするが、どうしても大味になってしまっているように感じる。

演出的にはどうしても地味な邦画ではあるが、シナリオ的に感性が合うのはやはり制作者が同じ日本人だからだろうか。

もちろん作品によるが、邦画には洋画のクライマックス的派手な見せ場がほとんどない。

ドッカンドッカン爆破しないし、ガガガガ派手な銃撃戦もない。

カッコいい戦闘機も、イカツイ戦車も邦画とは無縁に近い。

だが、最近そんな邦画が観ていてとても心地よい。

ガチャガチャとうるさいだけの映画は苦手だ。

時には深く考えさせられ、じわじわ心にしみてくる映画を好むようになってからというもの、邦画が面白くて仕方ない。

日本人ならではの感性で演出し魅せていくのが邦画だ。

ここではまったく派手ではないけれど、どうしようもなく心にしみて今なお強く記憶に残っている邦画をご紹介したいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

三谷幸喜監督作品『ステキな金縛り』とは

 

 

『ステキな金縛り』は2011年10月29日に全国で公開された映画だ。

三谷幸喜監督による、落武者幽霊と三流弁護士による法廷サスペンスコメディ・エンタテインメント・ムービー。

主演は深津絵里さん、西田敏行氏。

2011年10月19日にはニューヨークのアカデミーシアターでプレミア上映されている。

 

 

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 

 

妻殺しの容疑で逮捕された矢部五郎の弁護を担当する宝生エミは、将来性ゼロの三流弁護士。

殺人現場の証拠は矢部が犯人であることを示唆しており、勝てる見込みのない裁判だった。

矢部はエミに「証拠は私を犯人に仕立てるためのトリックで、その日は旅館で一晩中金縛りにあっていた。落ち武者が私の上にまたがっていて動けなかった」とアリバイを証言し無罪を主張する。

ありえないアリバイであるために、エミは矢部が殺人を犯したのではないかと疑ったが、矢部が泊まった旅館に赴いた。

そこでエミは、矢部に一晩中またがっていた落ち武者・更科六兵衛に出会う。

エミは六兵衛に、法廷で証言するように求めたが、六兵衛はまたがっていたことは認めるも、証言には乗り気ではなかった。

しかし、「矢部五郎が本来は無罪であるのに裁かれようとしている」ということを聞くと態度を一変させる。

六兵衛自身の最期も背信行為をしたとして打ち首にされたことによるためだ。

矢部に同情し、六兵衛は法廷で証言することにした。

しかし困ったことに、六兵衛は特定の条件を満たす人にしか見えない。

そこでエミは、六兵衛の息は誰でも感じることができることから、フエラムネの音を用いて証言に利用したり、砂鉄を使って六兵衛が実際に法廷内にいることを証明しようと

した。

対する検事・小佐野徹は非科学的なことを嫌っていた。

「見えない」六兵衛を存在するものにさせようとする一連のエミの試みはトリックであり、法的に無効であると主張する。

それに対し、エミは六兵衛の助けを借りて、小佐野も実際には六兵衛が見えているということを証明し、小佐野はその存在を認めた。

こうして、幽霊が証言台に立つという前代未聞の裁判が始まることになった。

 

 


www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

地上波ではなかなか放送されない名作邦画

数ある三谷作品の中でも一番のマイナー作?

 

 

三谷幸喜作品は昔から好きでよく観ている。

皆さんもきっとそうだろう。

王様のレストラン』でその名を知ってからというもの、映画にドラマに、おまけに大河ドラマにと、三谷作品は大活躍である。

大活躍の理由として、娯楽性の高さが挙げられる。

純粋に楽しいのだ。

そんな楽しい三谷作品の中でも、何回もリピートしてしまうのが『ステキな金縛り』だ。

何故だろう、飽きない。

しかし不思議なことに、こんなに楽しくて面白いのに、なかなかTVで地上波放送されない。

そもそも三谷作品が、地上波放送に登場する機会は意外と少ないことは事実だ。

複数回放送されているのは『清須会議』くらいなものか?

きっと他の作品は一度きりの地上波放送ばかりなのだろう。

それでもだ。

それでも『ステキな金縛り』に対する評価が、他作品と比べて特に低いように感じてしまう。

主要登場人物のひとり、落ち武者・更科六兵衛は他作品(『清須会議』など)にも登場するほどだし、出演俳優陣の豪華さや設定の面白さ、物語の展開は他作品と比べても何ら遜色はない。

何なら人気は高いが場面展開の少ない『清須会議』より、よほどスピーディーに物語は展開していく。

三谷作品はたしかに面白いのだが、『清須会議』の場面転換の少なさ然り、正直少し中だるみしてしまうところがある。

一度観てしまえば、二度目からは飛ばしてもいいかな?と思ってしまうシーンが、どの作品にもひとつくらいは存在する。

だが『ステキな金縛り』だけは、何度観ても飛ばしたいシーンがひとつもないほど飽きがこない。

こんなに面白いのに、三谷幸喜氏の代表作になかなかその名が上がらないことにはいささか不満があるが、その分観たことがない人も多いのかもしれない。

三谷作品に苦手意識がないのなら、是非一度観てもらいたいと思う。

ひょっとしたらあなたの中の三谷作品人気No.1の名作になるかもよ?ww

 

 

ステキな金縛り

ステキな金縛り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

 

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

U-NEXT - 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題

U-NEXT - 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題

  • U-NEXT Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

 

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【佐々木蔵之介主演映画『超高速!参勤交代』】過酷な参勤交代をコメディタッチで描いた新視点の名作邦画。

 

 

 

 

 

 

 

佐々木蔵之介主演映画

超高速!参勤交代

 

 

 

過酷な参勤交代をコメディタッチで描いた新視点の名作邦画

 

 

 

 

 

 

 

洋画の派手さこそないがどうしようもなく心にしみる…それこそ邦画の最大の魅力

 

洋画の派手さこそないがどうしようもなく心にしみる…

それが邦画の良さだと思う。

昔は当たり前のように洋画一択だったが、近年の邦画はなかなかバカにできない。

製作費でハリウッドに勝てないならシナリオと演出と演技で勝負といわんばかりに、邦画のクオリティーは年々高くなっている。

たしかにハリウッド映画は華やかで見栄えもするが、どうしても大味になってしまっているように感じる。

演出的にはどうしても地味な邦画ではあるが、シナリオ的に感性が合うのはやはり制作者が同じ日本人だからだろうか。

もちろん作品によるが、邦画には洋画のクライマックス的派手な見せ場がほとんどない。

ドッカンドッカン爆破しないし、ガガガガ派手な銃撃戦もない。

カッコいい戦闘機も、イカツイ戦車も邦画とは無縁に近い。

だが、最近そんな邦画が観ていてとても心地よい。

ガチャガチャとうるさいだけの映画は苦手だ。

時には深く考えさせられ、じわじわ心にしみてくる映画を好むようになってからというもの、邦画が面白くて仕方ない。

日本人ならではの感性で演出し魅せていくのが邦画だ。

ここではまったく派手ではないけれど、どうしようもなく心にしみて今なお強く記憶に残っている邦画をご紹介したいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

超高速!参勤交代』とは

 

 

超高速!参勤交代』は江戸時代の参勤交代を題材にした土橋章宏作の脚本。

2011年に第37回城戸賞を全審査員満点で受賞し、土橋自身により小説化され2013年に講談社から刊行。

2014年に松竹の製作・配給で映画化され第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞した。

2015年に続編小説『超高速!参勤交代 老中の逆襲』が刊行され、2016年には続編映画『超高速!参勤交代 リターンズ』が公開された。

 

 

超高速!参勤交代

超高速!参勤交代

 

 

 

あらすじ

 

 

江戸時代、8代将軍・徳川吉宗治世下の享保20年(1735年)。

陸奥国磐城の小藩・湯長谷藩の藩主・内藤政醇は、1年間の江戸での勤めを終えて湯長谷に帰国した。

ところが、それから間もなく江戸屋敷に居るはずの江戸家老・瀬川が、江戸幕府老中・松平信祝の命令を携えて政醇の前に現れる。

その命令とは帰国を果たしたばかりの政醇に対し、湯長谷藩が所有する金山の調査結果に疑義があるため、事情説明のために「5日のうちに再び参勤せよ」というもの。

無理難題をふっかけて湯長谷藩を取り潰し、金山を手に入れようとする信祝の謀略だったのだ。

石高1万5,000石の湯長谷藩には4年前の飢饉の影響もあって蓄えがなく、参勤するための費用がない。

家臣たちからは「幕府に直訴する」「賄賂を贈って許しを乞う」など意見が二分して話がまとまらない。

これに対し政醇は家臣と領民を守るために、あえて理不尽な参勤を受け入れることに決め、家臣一の智恵者である家老・相馬兼嗣に意見を求めた。

相馬は、少人数で山中を走り抜け幕府の役人の監視のある宿場のみ日雇い中間を揃えて大名行列を組むという案を挙げ、早速準備に取り掛かった。

その日の夜、政醇と相馬のもとに一匹狼の忍び・雲隠段蔵が現れ、「自分を山中の道案内人として雇ってくれ」と言い出した。

胡散臭い段蔵をいぶかしむ相馬に対し、政醇はあっさり快諾し一行に加えることにした。

翌日、政醇以下の湯長谷藩一行総勢8人は、段蔵の先導の元、江戸に向けて出発した。

一方、政醇が参勤することを知った信祝は湯長谷藩一行を亡き者にすべく、配下の忍び衆を刺客として差し向けた。

高萩宿を無事に切り抜けた政醇たちは日雇い中間たちと別れ、段蔵の案内で山中を走り抜ける。

その夜、野宿する政醇一行を殺しに公儀隠密の夜叉丸と虎之助が忍び寄るが、段蔵は2人の前に姿を現し「明日、礼金を受け取ったら逃げるつもりだからそれまで待て」と依頼する。

政醇は褒美として家宝の短刀を段蔵に渡し、相馬が手配した馬に乗って単身牛久宿へ向かう。

相馬たちとの待ち合わせ場所の宿「鶴屋」に到着した政醇は、そこで他の飯盛り女と揉めて折檻を受けていたお咲を見つけ自分の部屋に呼び介抱する。

「金のため親に売られた」と話すお咲に対し、政醇は厳しい乳母に育てられた自身の境遇を重ね心を通わせていく。

その頃相馬たちは廃寺で夜を過ごしていたが、悪夢にうなされた相馬は水を飲みに行った井戸に誤って落ちてしまう。

そこに夜叉丸ら忍び衆が現れて一行に襲い掛かる。

礼金を受け取った段蔵はすでに姿を消しており、身軽に走るために刀槍を持っていなかった湯長谷藩一行は逃げ出し谷川に落ちてしまう。

相馬たちを尻目に段蔵は受け取った礼金で豪遊していたが、その礼金が金銀ではなく古く錆び付いた銭ばかりなのを目にし、政醇たちを見捨てたことを後悔する。

翌日、川岸に辿り着いた湯長谷藩一行は自分たちのいる場所が牛久宿の一つ先の藤代宿だと知り、政醇とは江戸で合流することに決め、後から追い着いて来た相馬と共に江戸に向かう。

その頃、幕府の役人に追われた政醇はお咲を連れて江戸に向かい、途中で夜叉丸に見付かり殺されそうになるが、こに段蔵が駆けつけて命を救われる。

江戸の手前の取手宿に到着した相馬たちだったが、予定日を過ぎていたため手配していた日雇い中間たちが全員帰ってしまう。

途方に暮れ刀を持たず切腹もできない相馬たちの前に、内藤本家の磐城平藩・内藤政樹の行列が通りかかり、「飢饉の時に援助してもらったお礼」として行列を「湯長谷藩の行列」として提供してもらう。

無事に取手宿を通り抜け行く手に現れた伊達家の行列を飛脚に扮してかわした相馬たちは江戸へ入り、湯長谷藩江戸屋敷にたどり着く。

期限当日。

江戸に入った政醇・お咲・段蔵に忍び衆の集団が襲い掛かる。

そこへ江戸屋敷の家臣たちを引き連れた相馬たちが加勢に現れ、激しい斬り合いになる。

政醇は急いで江戸城に向かい、大手門で待ち構えていた信祝と老中首座・松平輝貞ら幕閣と対面する。

幕閣の前で政醇は、「湯長谷藩の金山から取れるのは、『慌て者の金』と呼ばれる鉄(くろがね)の一種 」と明かし、これを聞いた輝貞は、「不確かな情報で騒ぎを起こした」として信祝を罷免する。

怒り心頭の信祝はこのままでは終わらないと憎憎しげに毒づきながら、ひとまずその場を去るのだった。

騒動の終結後、段蔵は礼金を政醇に返して立ち去り政醇はお咲を側室に迎える。

そして江戸行きの片道分しか資金を用意していなかったため、一同は再び駆け足で磐城への帰途に就くのだった。

 

 

 

 

 

 

 

実際の参勤交代とは

 

 

参勤交代とは、江戸時代において各藩の主である大名や交代寄合を交替で江戸に出仕させる制度で参勤交替、参覲交代、参覲交替などとも書く。

全国250以上ある大名家が2年ごとに江戸に参覲し、1年経ったら自分の領地へ引き上げる交代を行う制度である。

鎌倉時代にみられた御家人の鎌倉への出仕が起源とされ、将軍に対する大名の服属儀礼として始まったが、寛永12年(1635年)に徳川家光によって徳川将軍家に対する軍役奉仕を目的に制度化された。

この制度では諸大名は一年おきに江戸と自分の領地を行き来しなければならず、江戸を離れる場合でも正室と世継ぎは江戸に常住しなければならなかった。

側室および世継ぎ以外の子にはそのような義務はない。

自分の領地から江戸までの旅費だけでなく江戸の滞在費までも大名に負担させていたため、各藩に財政的負担を掛けると共に人質をも取る形となり、諸藩の軍事力を低下させる役割を果たした。

もっとも、『御触書寛保集成』によると「従来の員数近来甚だ多し。且つは国郡の費、且つは人民の労なり。向後その相応を以てこれを減少すべし。」とあり、大名の過度な弱体化を防ぐため、幕府は参覲交代の際の支出を節減するように求めている。

参覲交代はこうした政治的統制の面だけでなく、江戸と国元の定期的な交流により文化・経済の交流にも大きな役割も果たしていた。

なお、高野山(金剛峯寺)のように大名並みの領地を所有している寺社にも参勤交代に相当する「江戸在番」の制度があった。

 

 

 

参勤交代の目的

 


この制度の目的は、過大な費用負担により諸大名の財政を弱体化させることで勢力を削ぎ謀反などを抑える効果。

あるいは大名の後継ぎが制度上全員が江戸育ちとなることから精神的に領地と結びつきにくくする効果があったともいわれるが、これらは結果論でしかなく、当初幕府にそういった意図はなかったという説が現在では有力である。

ちなみに、諸大名への金銭的負担をさせる目的ならば手伝普請などより効果的な手法も取り得たし、そもそも各藩の財政が破綻して軍役が不可能となっては本末転倒であることから「大名行列は身分相応に行うべき」と通達を行なっていることも、当時の幕府の文書から読み取れる。

 

 

 

 

 

 

 

斬新なアプローチの歴史映画

過酷な参勤交代をコメディタッチで描いた新視点の名作邦画

 

 

前述したように、参勤交代とは大名の過度な力を削ぐための政策だ。

大名行列は身分相応に行うべき」とされるように、藩の石高に応じて定められた規格があった。

収入によって規模が定められていたのである。

藩の石高とひとくちにいっても、表高と内高というものがある。

表高とは大名や旗本が将軍によって与えられた所領の額面上の石高のことである。

表高は、多くの場合、江戸幕府公認の検地によって打ち出された石高の額面をさす。

対して、実際に領民に課される年貢額の算定に用いられる石高を内高という。

要するに、石高より豊かな藩もあれば貧しい藩もあったのである。

今作品に登場する湯長谷藩の石高は1万5,000石とされているが、4年前の飢饉の影響で懐事情は表高より厳しかった。

しかし、どんなに懐事情が厳しかろうと1万5,000石に相応しい大名行列をしなければいけない。

温情の欠片も感じないこの制度に目を付けたのが、今作品の歴史映画としての斬新なアプローチだった。

ただただ武士が歩いているだけの映像しか思い浮かばない参勤交代を、娯楽映画にしてしまおうだなんて凡人は思わない。

しかも「超高速」って(笑)

それだけ脚本が素晴らしかったことがうかがえる。

今まで誰も考えなかった参勤交代をテーマに制作された『超高速!参勤交代』。

たとえ歴史に詳しくなくても、誰でも楽しめる作品に仕上がっている。

 

 

 

 

 

 

 

佐々木蔵之介がみせる殺陣の見事さも見所

これがまたメチャクチャ格好良いんだ

 

 

普段は少し天然っぽいところをみせる佐々木蔵之介氏演じる湯長谷藩の藩主・内藤政醇

実は刀の達人なのだ。

藩主が武を嗜んでいるから、当然藩士も皆豪傑揃い。

だが劇中では藩士の活躍はあっても、藩主が活躍する場面は少ない。

唯一、劇中後半に一瞬だけ殺陣をみせるシーンがある。

これがメチャクチャ格好良い。

それはまるで本物の刀の達人を思わせる立ち居振る舞いだ。

また将軍や大老を前にしても物怖じしない高潔な態度からも、人望厚い湯長谷藩の藩主・内藤政醇の人柄がよく表れていた。

佐々木蔵之介氏の好演も、是非観ていただきたい。

 

 

超高速!参勤交代

超高速!参勤交代

  • 本木克英
  • コメディ
  • ¥2037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

 

U-NEXT - 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題

U-NEXT - 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題

  • U-NEXT Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

https://apps.apple.com/jp/app/gyao-%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%82%AA/id288091002?itsct=apps_box_promote_link&itscg=30200&at=1010l36vU

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

  • HJ Holdings, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

 

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ドラマ『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』(1994年)】もはやトラウマ級?数ある野島伸司作品の中でも最もエグい内容。

 

 

 

 

 

 

 

 ドラマ(1994年)

人間・失格〜たとえばぼくが死んだら

 

 

 

トラウマの野島伸司演出

 

 

今まで観てきたすべての映画・ドラマの中でも、自らすすんでもう一度観たいと思えない唯一の作品。

それが1994年にTBSで放送された野島伸司ドラマ『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』である。

とにかくエグい。

観ていて心が苦しくなる。

やはりトラウマになっているのか?

 

 

 

 

 

 

 

人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』とは

 

 

人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』は、1994年7月8日から9月23日までTBS系列の金曜ドラマ枠で放送されたドラマだ。

主演は赤井英和氏。

それまで一般的にはそれほど知られていなかったKinKi Kidsの一般知名度が飛躍的に上がったドラマである。

KinKi Kidsの共演作品として話題や映像が出る事が多いため、彼らが初主演作と言われることがあるが、全編を通しての主演は赤井氏である。

タイトルからしてかなりエグい。

だが、内容はもっとエグいドラマだった。

 

 

人間・失格-たとえばぼくが死んだら- DVD-BOX

人間・失格-たとえばぼくが死んだら- DVD-BOX

 

 

人間・失格: たとえばぼくが死んだら

人間・失格: たとえばぼくが死んだら

 

 

 

 

 

 

 

あまりの過激さに視聴率は低迷

 

 

名門私立中学校を舞台にした物語で、イジメ、体罰、虐待、自殺、父親の復讐、親子の絆などを描いた。

大きく分けると、前編(第1話から第6話まで)が名門中学での誠への陰湿、過激なイジメ問題を中心に描写、後編(第7話から最終回まで)からは誠を殺した者達への、衛の復讐劇が中心に描写される。

前編の話にかなり過激なイジメや体罰描写があり、倫理的・道徳的にタブーとされる話題を数多く扱ったことから、「過激で興味本位な内容である」という視聴者からの批判が多かったという。

そのため前半は視聴率で苦戦したが、徐々に視聴率を上げ、最終回は28.9%にも及んだ。

平均視聴率は19.2%。

第6話以降は全話視聴率20%以上を記録していたが、序盤の低迷が響き平均視聴率は20%を割った。

本作をきっかけに堂本剛氏と堂本光一氏の二人は俳優として注目を集めることとなり、その後のブレイクに繋がることになる。

赤井英和氏にとっては、本作が連続ドラマ初主演であったが当たり役となった。

 

 

 

イジメ、体罰、虐待、自殺、父親の復讐、親子の絆を生々しく描いた、日本ドラマ史上、最もコンプライアンス完全アウトな作品のひとつ

 

 

人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』には、今のコンプライアンス規制なら完全アウトであろう描写が散見された。

例を挙げてみる。

 

・机の上に花瓶を置く。

・「両手を縛り上げて全裸にする」といった数多くの壮絶な苛めのシーンが、かなり具体的に描写されている。
・体育教師が生徒に暴行を加えたり、プールの水面に生徒の顔を押し付けて気絶させるといった体罰シーンが数多く描写されている。
・私立の男子校で、男性教師が少年に、少年が少年に恋愛感情を持つという同性愛を想起させる設定。

(※当時の社会通念では問題があったよう。)
・主人公の息子が中盤で自殺してしまう衝撃的な展開。

・その後自殺した中学生の父親が、息子に体罰を加えていた教師や酷く苛めていた生徒らに、復讐を果たしていくという過激な内容。

 

大人になった今考えても、精神的に不安定な思春期に観るのはどうかと首をかしげるほど、あまりにトラウマ級の描写が多かった。

1980年代前半のドラマにも校内暴力を取り扱った過激な描写が多かったとは思うが、今作品はそれらと比べてもさらに陰湿かつ残酷だったように思う。

リアタイ世代ではないから詳しいことは言えないが、1980年前半のドラマの過激さは、それでも社会全体の問題だったのではないだろうか。

そういう風潮が社会全体に流れていて、それを問題提起しているから観ている誰もが共感、または反論できた。

人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』も、当時問題になっていた陰湿なイジメについて取り上げてはいる。

しかし、それ以外のオプションがあまりに闇すぎた。

体育教師の体罰にしても、当時それは当たり前のように存在していたが、あくまで校則違反した者に対してなどある程度良識の範囲内での出来事だ。

特定の人物へ向けての体罰なんて滅多にない。

だが、現実にまったくなかったとは言い切れないのも事実である。

こういう事実を社会の闇と呼ぶのだろうが、まさにその核心にメスを入れたのが野島伸司作品だった。

あまりに闇すぎて、続きを知りたいけどすすんで観たくはないという矛盾の中で視聴し続けていた記憶がある。

だからさすがに再放送は望まない。

バイオリズムのタイミングが合った時のみ、再び観てみたいと思う。

これほどトラウマ級のドラマを、地上波でも平気で放送できたおおらかな時代があったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

問題作『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』はドラマの外でも問題を抱えていた

 

イジメ問題

 

脚本家の野島伸司氏およびプロデューサーの伊藤一尋氏は、本作品が社会派ドラマとなることを避けたと明言している。

イジメ自体はどの時代にもある普遍的な問題であるとした上で、人を死に追いつめる背景描写の一部として、イジメを使用した旨の発言を残している。

一方で放送終了と前後して、男子中学生がイジメの詳細内容を記載した遺書を残して自殺する事件(愛知県西尾市中学生いじめ自殺事件)が発生。

それに連動してこのドラマも注目を集めた。

 

 

タイトル問題

 

番組開始時は太宰治の小説名と全く同じ『人間失格』をタイトル名としていたが、太宰の遺族から抗議があったことから、第2話放送時より、タイトルを『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』と一部修正した。

ドラマの内容そのものは脚本家の野島伸司のオリジナルストーリーであり、太宰の小説とは全く異なっている。

とはいえ、本作の主人公の姓・大場(おおば)は太宰治の「人間失格」の主人公の姓・大庭(おおば)と同音であり、同作を連想させるものとなっている。

なお、「たとえばぼくが死んだら」も森田童子さんの楽曲のタイトルと全く同じである。

野島氏は『高校教師』でも森田さんの楽曲を主題歌に採用している。

 

 

 

 

 

 

 

時代はめぐると言われる所以

1994年のドラマ主題歌に起用したのは1960年代に活躍したサイモン&ガーファンクル

 

 

今作品の挿入歌として使用されたのがサイモン&ガーファンクルの「冬の散歩道[原題:A Hazy Shade of Winter]」だ。

 

 


www.youtube.com

 

 

A Hazy Shade of Winter

A Hazy Shade of Winter

  • サイモン&ガーファンクル
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

諸事情があったのか挿入歌とされてはいるが、実質的にはドラマのテーマ曲といえるだろう。

アメリカを代表するフォーク・デュオ、サイモン&ガーファンクルの人気曲である。

サイモン&ガーファンクルの代表曲のひとつで世界的有名曲、名作映画『卒業』で使用された「サウンド・オブ・サイレンス」は、どこかで一度くらい聴いたことがあるのではないだろうか。

 

 


www.youtube.com

 

 

なお、エンディングにも同じくサイモン&ガーファンクルの代表曲「明日に架ける橋[原題:Bridge over Troubled Water]」が使用されている。

 

 


www.youtube.com

 

 

Bridge Over Troubled Water

Bridge Over Troubled Water

  • サイモン&ガーファンクル
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

ちなみにサイモン&ガーファンクルは主に1960年代に活躍した、ポール・サイモンアート・ガーファンクルによるフォーク・デュオである。

ここで注目すべきは、1994年のドラマに1960年代の曲を起用したことである。

リアタイでドラマを視聴していた世代は、おそらく1980年代以降に生まれている。

にもかかわらず、あえて1960年代の曲を使用しているのである。

これにはこんな理由が考えられる。

年代から推測するに、これは脚本家の野島伸司氏およびプロデューサーの伊藤一尋氏の青春時代に流行っていた曲であろう。

決定権を持つ大人になって、自分たちが若かりし頃に夢中になって聴いていた曲を起用する。

サイモン&ガーファンクルを知らない世代にとっては新鮮だ。

ドラマのヒットに乗じて、当然主題歌にも注目が集まる。

だから主題歌も、もちろん流行る。

正解には、再び流行るということになるのだが、これが時代はめぐると言われる所以だ。

こうして様々なものが、後の世代へと受け継がれていく。

しかし最近、時代がめぐるという現象が見られなくなったような気がする。

これも時代が変わる兆候なのだろうか。

ちなみに、野島伸司氏はサイモン&ガーファンクル以外にも時代をめぐらせているが、それは別の機会にしよう。

 

 

サイモン&ガーファンクルのすべて

サイモン&ガーファンクルのすべて

 

 

 

人間・失格~たとえばぼくが死んだら~[1 [VHS]

人間・失格~たとえばぼくが死んだら~[1 [VHS]

 

 

人間・失格~たとえばぼくが死んだら~[2 [VHS]

人間・失格~たとえばぼくが死んだら~[2 [VHS]

 

 

人間・失格~たとえばぼくが死んだら~[3 [VHS]

人間・失格~たとえばぼくが死んだら~[3 [VHS]

 

 

 

人間・失格~たとえばぼくが死んだら~[4 [VHS]

人間・失格~たとえばぼくが死んだら~[4 [VHS]

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

 

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

  • HJ Holdings, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

Paravi(パラビ)

Paravi(パラビ)

  • U-NEXT Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

 

完全趣味のブログ - にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【麻生久美子・大泉洋主演映画『グッモーエビアン!』】大泉洋の魅力全開の名作邦画。

 

 

 

 

 

 

 

麻生久美子大泉洋主演映画

グッモーエビアン!

 

 

 

洋画の派手さこそないがどうしようもなく心にしみる…

それこそ邦画の最大の魅力

 

洋画の派手さこそないがどうしようもなく心にしみる…

それが邦画の良さだと思う。

昔は当たり前のように洋画一択だったが、近年の邦画はなかなかバカにできない。

製作費でハリウッドに勝てないならシナリオと演出と演技で勝負といわんばかりに、邦画のクオリティーは年々高くなっている。

たしかにハリウッド映画は華やかで見栄えもするが、どうしても大味になってしまっているように感じる。

演出的にはどうしても地味な邦画ではあるが、シナリオ的に感性が合うのはやはり制作者が同じ日本人だからだろうか。

もちろん作品によるが、邦画には洋画のクライマックス的派手な見せ場がほとんどない。

ドッカンドッカン爆破しないし、ガガガガ派手な銃撃戦もない。

カッコいい戦闘機も、イカツイ戦車も邦画とは無縁に近い。

だが、最近そんな邦画が観ていてとても心地よい。

ガチャガチャとうるさいだけの映画は苦手だ。

時には深く考えさせられ、じわじわ心にしみてくる映画を好むようになってからというもの、邦画が面白くて仕方ない。

日本人ならではの感性で演出し魅せていくのが邦画だ。

ここではまったく派手ではないけれど、どうしようもなく心にしみて今なお強く記憶に残っている邦画をご紹介したいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

グッモーエビアン!』とは

 

 

原作は吉川トリコさんによる小説『グッモーエビアン!』。

2006年に新潮社より刊行され、その後2012年に文庫本化された。

2007年に『なごや寿ロックンロール〜「グッモーエビアン!」より〜』のタイトルで単発テレビドラマ化され、後に小説と同タイトルで映画化される。

映画『グッモーエビアン!』は、2012年12月15日に全国公開。

監督・脚本は山本透氏。

主演は麻生久美子さんと大泉洋氏および三吉彩花さん。

真面目な女子中学生が、元パンクロッカーの母と血のつながらない自由気ままなミュージシャンの父という型破りな両親に振り回されながらも家族の絆を実感して成長していく姿を描くハートフル・ドラマである。

 

 

グッモーエビアン!

グッモーエビアン!

 

 

グッモーエビアン!

グッモーエビアン!

  • 山本透
  • ドラマ
  • ¥2037

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 


しっかり者の女子中学生ハツキは、17歳で自分を生んだ元パンクバンドのギタリスト、アキと2人暮らし。

かつては、アキと同じバンドのボーカル、ヤグも自分の子どもでないハツキが生まれる前から一緒に暮らしていた。

そのヤグが2年前、"世界ツアーに出る"と突然いなくなったかと思ったら、今度はいきなり放浪の旅から帰ってきた。

久々の3人暮らしにすっかり上機嫌のアキとヤグだったが…。

 

 


www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

大泉洋の魅力全開

 

 


www.youtube.com

 

 

大泉洋氏といえば、クセの強い三枚目役を演じることが多い。

常にうんちくと文句ばかりたれているが会話が相当達者な人なので、一般的な大泉洋氏のイメージは頭の回転が早い博識のイメージかもしれない。

しかし大泉洋氏の本質は、「どうでしょう」から変わらないおバカで能天気キャラということだ。

そしてそのキャラと最も重なって見えたのが、今作品のヤグ役である。

世界ツアーと自ら称してはいるが、ただの放浪旅で2年も行方知れずになってみたり、帰ってきたらきたでヒモ生活みたいになってるし。

今どき物々交換でわらしべ長者してしまうような、心底能天気キャラのヤグ。

ヤグの性格がまっすぐで純粋なところさえ除けば、大泉洋氏そのままである。

劇中ではもちろんドキドキするような山場なんかひとつもない。

だが、なんだか心に残ってしまう名作邦画『グッモーエビアン!』。

ラストシーンのライブでなかなか泣かせてくるのもニクい演出だ。

とりあえず、何も考えないで観て欲しい。

最後にはほっこりしているはずだ。

ちなみに『グッモーエビアン!』とは、「グッドモーニングエヴリワン」の略…といっていいのかな?

ヤグは「グッドモーニングエヴリワン」といっているつもりらしいが、『グッモーエビアン!』としか聞こえない。

 

 

グッモーエビアン!

グッモーエビアン!

 

 

グッモーエビアン! 【初回限定仕様】 [Blu-ray]

グッモーエビアン! 【初回限定仕様】 [Blu-ray]

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

 

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

U-NEXT - 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題

U-NEXT - 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題

  • U-NEXT Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

完全趣味のブログ - にほんブログ村