☆人気アプリはこちら☆

ioritorei’s blog

完全趣味のブログ

今や紅白歌合戦の大トリ「アイノカタチ / MISIA feat.HIDE(GReeeeN)」

 

 

 

※便宜上アーティストさんの敬称略。

 

 

 

 

MISIA の熱狂的なファンというわけではない。

 

ファンでもない人間が好き勝手書いた戯言なので、ガチファンの方はお目溢しを。


とはいえ MISIA との出会いはデビューアルバムから。


初回盤で持っていると思う。

 

 

 

 

 

 

その頃たしか、ちょうどR&Bが少し流行っていた。


UA とか BONNIE PINK とか出てきたのがたしかこの時期。


で、満を持して登場したのが MISIA だと思う。

 

ヒッキーの登場はこの後かな?

 

ちょっと違うかもだけど、まぁそんな感じだ。


今や『プロの声楽家が選ぶガチで歌が上手いアーティスト』的な企画には必ず上位にランクインしているMISIA

 

要するに、本気で歌が上手いアーティストということだろう。


実際に生で聴いたことはないけど、TVで観る限りたしかに歌は激ウマだ。


ホイッスルボイスと呼ぶのか?


まるで笛を吹いているような、あの超高音は唯一無二といっても過言ではない。


しかし天の邪鬼である著者は、ただ歌が上手いというだけでは何故か心が動かない。


例をあげるなら「あなたのキスを数えましょう / 小柳ゆき」などは、いくら売れていてもまったく興味が湧かなかった。

 

ファンの方には申し訳ないが…


そんな調子だから、MISIA の代表曲「Everything」も、それほど好きではなかった。


1stアルバムは持ってるくせに。


いや、CDだったらいいのだ、CDだったら。


だけど音楽番組とかで生の歌唱を観ちゃうと何故かダメだ。


そんなこんなでしばらくMISIA の音楽に触れることなく過ごしてたのだが、「アイノカタチ」を、あろうことか鬼門・音楽番組で初めて観た瞬間、ガツーンとやられた。

 

 

 

 

 


当時放送していたドラマ 『義母と娘のブルース』の主題歌だったのは知っていた。

 

そのドラマは観ていないから、ドラマの内容に感情移入したわけではない。

 

純粋にMISIAが歌っているこの曲にやられた。


シングルでもいいから音源が欲しいと久しぶりに思えた。


実際はマキシしかなかったが…

※マキシシングル=アルバムサイズのシングルCD。


この曲を聴いていると何故か泣けてくる。


聴くたびに涙が出そうになる。


なんでだろ?


今まで MISIA にここまで心動かされることはなかったのにこの曲は特別だった。


曲を作った GReeeeN の勝利ということか?


おそらくだが…詞が綺麗過ぎないから構えなくて済むのが良いと思う。


綺麗な言葉ばかり並べられると、変に堅くなって逆に嘘臭く聴こえてくる。


いくら歌が上手くても逆にそれが際立ち過ぎて、感動までには至らない。


この曲のサビの『あのね 大好きだよ』なんてフレーズは、ど直球な言葉だけどどこか柔らかい。

 

綺麗過ぎずシンプルで身近な言葉。


等身大の言葉が MISIA のスーパーな歌唱力で感動にまで昇華させたと今なら思う。


この曲が流行ったのは5年くらい前だったと思うが、MISIA がフィーチャーされる時の代表曲はやはり「Everything」が流れる。


セールス的にはたしかにそうかもしれないが、著者は断然「アイノカタチ」を推したい。


MISIA の代表曲は個人的には「アイノカタチ」だ。


しばらく聴いていないから、久しぶりに浸るとしよう。

 

 

 

    

    

 

 

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog