☆人気アプリはこちら☆

ioritorei’s blog

完全趣味のブログ

退任を決めた菅首相の評価

 

 

 

 

 

菅首相が退任の意向を表明した。

 

 

 

 

しかし人の手のひら返しとは、本当に恐ろしいな。

 

著者はそれなりに評価に値する総理だったと思っている。

 

在任期間およそ1年と短いながら、今まで誰もテコ入れ出来なかった通信料の値下げを断行した。

 

あんな殿様商売が今までまかり通っていた疑問に、政治家で初めてメスを入れた。

 

これは評価すべきであろう。

 

しかしおそらくだが、菅首相は優しすぎたのだろう。

 

2Fやらハードボイルド気取りが、菅首相の意向にやいのやいのと横槍を入れてくる。

 

奴らは自分の利権しか考えていないバカぼんだ。

※バカぼん=バカなぼんぼんの略。

 

菅首相はやりたいことの半分もできたのだろうか?

 

しかし政治家の資質としては、残念ながらやはり足りない。

 

清濁併せ呑む度量がなければ、一国のトップなどとてもじゃないが務まらない。

 

政治家は清廉潔白もいいが、時には悪どいことも出来なければダメだ。

 

菅首相はその一点において、決定的に欠けていた。

 

いい人すぎたし、気も決して強くはなかったのだろう。

 

少しくらい職権濫用してみたらよかったのに。

 

少しくらい強引に政策を断行してみたらよかった。

 

それが体制に飲み込まれた。

 

長い物に巻かれたのが敗因だ。

 

党内の評価が低くても、国民の評価さえあれば党内批判を黙らせることも出来たのに。

 

菅首相の逆転のシナリオはそれしかなかったのに。

 

五輪やコロナ禍とやり方次第では、歴史に名を残すほどの首相になれる可能性はあった。

 

残念だ。

 

しかし2Fもハードボイルド気取りも、菅首相の人の良さをもっと有効利用すべきだったと、すぐに後悔することになるだろう。

 

次期総裁候補の面子をみても、器量不足は否めない。

 

誰もが総理になるタイミングが今ではない人たちばかりだ。

 

『与党惨敗』

 

こんな見出しで菅首相の溜飲が下がるとは思えないが、それが菅首相への国民の評価だと思って欲しい。

 

次期総選挙で期待しよう。

 

菅首相の立場はいろいろしんどかったと思う。

 

 

 

 

菅首相には退任後はゆっくり休んで欲しい。

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

〔あわせて読む⤵︎〕

 

当たり前のことを偉そうに恩着せがましく高らかに唱える日本の馬鹿な政治家 - ioritorei’s blog

総選挙っていつやるの?今でしょ。(古ww) - ioritorei’s blog

デジタル省のトップは現首相と同級生? - ioritorei’s blog

 

 

 

 

   

 

 

 

完全趣味のブログ - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog