ioritorei’s blog

完全趣味の世界

ただのアニメ好きの呟き…【『鬼滅の刃遊郭編』が終了】もはや不動の鬼滅人気!はたしてNEXT『鬼滅の刃』になり得る作品はあるのか?

 

 

 

 

鬼滅の刃遊郭編』が終了

 

多くのトレンドを刻みつけて『鬼滅の刃遊郭編』が終了した。

映画級の超美麗な作画や豪華な声優陣が話題をさらったが、虎視眈々とNEXT鬼滅を目論んでいる他作品の動きはどうだったのだろう。

鬼滅の刃遊郭編』が終了した今、それまでぼんやり感じてきたことを完全な主観のみで記す。

※本稿はすべて個人の感想です。

 

 

鬼滅の刃 遊郭編 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

鬼滅の刃 遊郭編 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

 

NEXT鬼滅候補①『呪術廻戦』

 

現在、劇場版が好調らしい。

劇場版公開前にTV版も一挙放送していた。

うーむ。

正直、フジテレビの手法をトレースしただけの二番煎じ。

作品が面白いだけに、マーケティングの粗が気になる。

なれそうでなれないNEXT鬼滅の筆頭候補。

 

 

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

NEXT鬼滅候補②『東京リベンジャーズ』

 

原作もアニメもみていない。

一時はNEXT鬼滅の筆頭格にもなろうかという勢いを感じたが、今では失速感が否めない。

登場人物のセリフだけひとり歩きしているように感じる。

みたらきっと面白いんだろうけどねぇ…

 

 

東京卍リベンジャーズ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

東京卍リベンジャーズ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

 

NFXT鬼滅候補番外編『進撃の巨人

 

放送時間こそ少し異なるが、ファイナルシーズンが『鬼滅の刃遊郭編』のほぼ真裏で、ほぼ同時期から始まっていた。

不思議な言い回しになるが、NEXT進撃が『鬼滅の刃』だったのではないか。

それが今、完結に向かって最後の盛り上がりをみせている。

 

 

進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス)

進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

 

鬼滅の刃』人気を脅かす作品は?…

 

鬼滅の刃』の人気を不動のものにしたのは、フジテレビの絶妙なマーケティングによるものだ。

考えてもみてほしい。

劇場版『鬼滅の刃無限列車編』の記録的な大ヒットを経て、満を持して地上波放送。

ここまでは普通の成り行きだ。

しかしここからフジテレビのマーケティングの妙が始まる。

続編制作期間に熱が冷めないよう無限列車編を細かく切り刻んでTV版に改編。

少しだけ新作カットを盛り込んで、既視感がある作品にも関わらず話題を独占。

その間、続編は制作中。

人気保持と時間稼ぎを兼ねる一石二鳥の方法だった。

そして無限列車編が終わる頃には新作の放送目処がたっているという、見事な継投策を披露してみせた。

フジテレビの全面協力もあって、今や揺るぎない地位を確立したといっても過言ではない『鬼滅の刃』人気。

これからの続編は放送まで多少期間があろうと、その人気はもはや揺るぐことはないだろう。

しばらくは『鬼滅の刃』一強。

この勢いはしばらくおさまらない。

これはひとえにフジテレビのプロモーションと、アニメーターさんの努力によるところが大きい。

鬼滅の刃』の隙間に、何かしらのアニメが盛り上がるという具合になるのではないだろうか。

そんな中で大善戦しているのが『進撃の巨人』だ。

鬼滅の刃』のように放送期間が集中していないから、今期の放送開始時にはどうしても今さら感がつきまとった。

だが蓋を開けてみたら、意外や意外。

まだまだ面白い。

相変わらず作画も美しい。

アニメーターさんの仕掛けた壮大な伏線回収も話題になったし、海外では未だに根強い人気を誇っているという話も聞いた。

鬼滅の刃』人気を脅かすとしたら、もしかしたら先代の人気アニメなのかもしれない。

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog