ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【有吉くんの正直さんぽ】いくらなんでも正直すぎる散歩番組は異端の革命児。

 

バラエティ散歩番組

有吉くんの正直さんぽ

 

 

『有吉くんの正直さんぽ』とは

 

『有吉くんの正直さんぽ』は、2012年4月21日からフジテレビ系列で土曜日12:00 - 13:30に放送されている散策番組シリーズ『ぶらぶらサタデー』→『正直さんぽ』→『ぶらぶらサタデー』内で放送されているバラエティ番組。

有吉弘行とフジテレビの生野陽子アナウンサーが、下町や繁華街などを舞台に宣伝を兼ねた散策をする番組。

他には毎回2組程度のゲストが登場し、2人とともに散歩を繰り広げる。

生野アナが海外中継や産休で不在の場合は、代役アシスタントは立てずに有吉氏ひとりでゲストと番組を進行する。

また、使用されているテーマ曲は両出演者によるオリジナルソングとなっている。

当初ランチからディナーまでの散歩だったが、生野陽子アナが夕方帯のニュース番組(『FNNスーパーニュース』→『みんなのニュース』→『プライムニュース イブニング』→『Live News イット!』)の担当になったため、2014年11月の放送より朝食からランチまでの散歩に変更された。

2015年3月までは『ぶらぶらサタデー』内にてタカトシ&温水が行く小さな旅シリーズ」と2回の放送毎に交互(有吉→有吉→タカトシタカトシ→有吉に戻る)パターンで放送していた。

2015年3月28日をもって『ぶらぶらサタデー』タカトシ&温水が行く小さな旅シリーズ」のみで月1回の放送に移行、4月からはこれとは別に『正直さんぽ』を放送することになった。

『正直さんぽ』では、当番組と2014年12月27日に当番組の特別編として放送された『正直女子さんぽ』を放送することになった。

こちらも2回の放送毎に交互(有吉→有吉→女子→女子→有吉に戻る)パターンで放送している。

2016年3月26日をもって『正直さんぽ』が終了し、2016年4月2日から1年ぶりに『ぶらぶらサタデー』が放送されることになり、同時に、タカトシ&温水が行く小さな旅シリーズ」が土曜12時枠に復活、『正直女子さんぽ』は事実上終了した。

これにより、『正直さんぽ』で放送されていた当番組が1年ぶりに『ぶらぶらサタデー』で放送されることになった。

ただし、放送パターンは以前と異なり、1回ずつ交互(有吉→タカトシ→有吉→タカトシ の繰り返し)パターンとなっている。

2020年3月21日にナレーションを担当していた増岡氏が死去。

同年1月25日放送分が生前最後の収録だった。

同年4月4日放送分は実質的な総集編で増岡氏への追悼テロップと共に増岡氏がナレーションを担当した放送分を中心に特集。

番組終了後に改めて追悼テロップと増岡氏の生前の音声を放送し、故人となった増岡氏を偲んだ。

2020年10月31日放送分より、増岡氏の後任ナレーターとして玄田哲章が担当している。

 

 

有吉くんの正直さんぽ 神社仏閣 ご朱印めぐり (単行本)

有吉くんの正直さんぽ 神社仏閣 ご朱印めぐり (単行本)

 

 

 

『正直さんぽ』には欠かせない存在

名物ナレーションはマスオさん

 

 

増岡弘は声優、俳優、ナレーターである。

テレビ草創期から活躍しており、アニメ狼少年ケン大熊役以降は声優としての活動が大きい。

1978年(昭和53年)6月11日放送分からは近石真介に代わってサザエさんフグ田マスオを。

1988年(昭和63年)からはそれいけ!アンパンマンジャムおじさん役を長年演じていた。

放送開始当初から2019年6月29日放送分まで全ての回を担当していた。

同年7月13日から8月10日放送分までの4回を一時的に休演していたが、9月7日放送分から復帰し、生前最後の収録となった2020年1月25日放送分(同年1月23日収録)まで継続した。

それから約2か月後の2020年3月21日に死去。『有吉くんの正直さんぽ』では増岡氏の訃報を受け、2020年(令和2年)4月4日の放送では番組の序盤に追悼テロップが流れた後、番組終了後に追悼VTRを放映。

白バックで「番組開始から8年間、ずっと一緒にお散歩してくださった増岡弘さんが逝去されました。謹んでご冥福をお祈りします。」と字幕が表示され、増岡氏のナレーションが流れたあと、黒バックで「増岡さん 8年間お疲れ様でした。これからも正直さんぽを見守ってください。」という追悼メッセージが流された。

 

 

※この動画は『有吉くんの正直さんぽ』で放送されたものではありません。


www.youtube.com

 

 

 

正直すぎる異端の散歩番組が革命を起こした

 

 

こんなにふざけた番組は見たことがない。

初めて『有吉くんの正直さんぽ』を観た時の感想だった。

そもそもの話、番組の良心たるメインMCが、あまりに自由すぎることに驚いた。

ゲストがキャラ重視で傍若無人な振る舞いをすることはあっても、メインMC自身が自由な振る舞いをする番組はこれまでみたことがなかった。

どこが自由すぎるかといえば、スマホ片手に収録するとか、撮れ高を一切気にしないとか、視聴率に媚びていない振る舞いとか、数え上げればキリがない。

番組の流れとか構成といったものはないのか?

観始めた当初はそんなところばかりが目についた番組だった。

だが観続けるにつれて、次第に自分自身の古くさい固定観念に気づかされることになる。

「テレビとはこういうもの」という、いかにも旧人類が考えそうな古くさい思想は、著者が最も嫌うものではなかったのか…

そう考えると、なんだか急に『有吉くんの正直さんぽ』の出演者が無性に羨ましくなってきた。

こんなにも楽しそうに仕事をしている姿が羨ましくみえた。

もちろん仕事なのだから、それだけではないことも十分理解はしているが、それでもこんなにもカメラを意識していないような芸能人の姿が輝いてみえた。

こうなるとおかしなもので、番組を意識してくれているゲストの方が逆に面白くなってくる。

必死に番組を盛り上げようとしていたり、何とか爪痕を残そう頑張っている芸人さんを事も無げに扱うメインMC陣。

かと思えば、いきなりしっかりした食レポを要求したりする。

ある意味無茶ブリではあるが、それが面白くなってきた。

自由すぎる『有吉くんの正直さんぽ』だが、実はその緩さこそが最大の魅力なのだ。

最初に感じた「いい加減」は、いつの間にか「良い加減」に変わっていた。

良い番組にしようとすることもひとつの形だが、あえて番組たらしめないようにすることも、また新しいひとつの形である。

『有吉くんの正直さんぽ』は、散歩番組に対する古くさい固定観念をぶち壊してくれた異端の革命児である。

 

 

「有吉くんの正直さんぽ」ブラック 3重構造 ポリエステル・メッシュ素材 特大サイズ! サウナハット 男女兼用 ゆったり

「有吉くんの正直さんぽ」ブラック 3重構造 ポリエステル・メッシュ素材 特大サイズ! サウナハット 男女兼用 ゆったり

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

じゃらん

じゃらん

  • Recruit Co.,Ltd.
  • 旅行
  • 無料

歩数計Maipo - 毎日歩こうダイエット!

歩数計Maipo - 毎日歩こうダイエット!

  • urecy
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料