Try Apple Music ☆Amazon人気アプリ☆ http://www.example.com/page-1/

ioritorei’s blog

完全趣味の世界

こんな指導者ならもしかしたら歓迎しちゃうかも?【機動戦士ガンダム】ジオン公国総帥ギレン・ザビの名演説。

 

 

 

 

 

何度も申し訳ないのだが思い違いがないように、改めてお断りしておく。

著者に特定の政治思想はない。

こんなことばかり書いているが、特定の支持政党もない。

 

 

 

 

 

強いて言えば、保守よりリベラル派かな?というくらいだ。

封建的な社会はあまり好まない。

また、政治家には清濁併せ呑める資質が必要だと考えている。

清濁併せ呑むとは、善人でも悪人でも、来る者はすべて受け入れる度量の大きさを表す喩えだ。

そんなだから人を傷つけない必要悪の存在も容認派だ。

簡単にいうと、ちゃんと国を富ませすべての国民を潤しているのなら、多少私腹を肥やそうがどうだっていい。

それだけのことをしてくれていれば、なんの問題もない。

しかし思考停止人間は大嫌い。

他人に最低限の気も遣えない人間は大嫌い。

自分の過ちを認められない人間は大嫌い。

ともすると、自分は優生思想なのかと不安になったりもする。

優生思想とは、遺伝的に優秀とされる人間だけを残そうとする考え方だが、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する独裁者ギレン・ザビも優生思想の持ち主だった。

彼の演説に少なからず魅力を感じてしまう自分も同類なのか……

 

 

 

 

 

ギレン総帥の名演説

 

ザビ家末弟のガルマ・ザビが戦死した際、彼は弟の死ですら国民の戦意高揚のために政治利用した。

その時の演説がこれだ。

 

機動戦士ガンダム ギレンの野暮ジオンの系譜

攻略司令書

 

1000ピース ジグソーパズル

機動戦士ガンダム ガルマ・ザビ追悼演説

 

 

 

我々は、一人の英雄を失った。

しかし、これは敗北を意味するのか?

否!

始まりなのだ!

地球連邦に比べ、我がジオンの国力は30分の1以下である。

にもかかわらず今日まで戦い抜いて来られたのは何故か。

諸君!

我がジオン公国の戦争目的が正義だからだ。

これは諸君らが一番知っている。

我々は地球を追われ、宇宙移民者にさせられた。

そして、一握りのエリートが宇宙にまで膨れ上がった地球連邦を支配して50余年。

宇宙に住む我々が自由を要求して、何度踏みにじられたか。

ジオン公国の掲げる人類ひとりひとりの自由のための戦いを、神が見捨てるはずはない。

私の弟、諸君が愛してくれたガルマ・ザビは死んだ。

何故だ⁉︎

新しい時代の覇権を、我ら選ばれた国民が得るは歴史の必然である。

ならば、我らは襟を正し、この戦局を打開しなければならぬ。

我々は過酷な宇宙空間を生活の場としながらも共に苦悩し、練磨して今日の文化を築き上げてきた。

かつてジオン・ダイクンは、人類の革新は宇宙の民たる我々から始まると言った。

しかしながら地球のモグラ共は、自分たちが人類の支配権を有すると増長し、我々に抗戦する。

諸君の父も、子も、その連邦の無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ!

この悲しみも、怒りも、忘れてはならない!

それをガルマは、死をもって我々に示してくれた!

我々は今、この怒りを結集し、連邦軍に叩きつけて、初めて真の勝利を得ることができる。

この勝利こそ、戦死者全てへの最大の慰めとなる。

国民よ!

悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!

我らジオン国国民こそ、選ばれた民であることを忘れないで欲しいのだ。

優良種である我らこそ人類を救い得るのである。

ジーク・ジオン!

 

ジオン公国総帥ギレン・ザビの名演説

 

 

 

 

 

本当に優生思想なんかじゃないけど…

 

何度聞いてもやはり魅力的なギレン・ザビの名演説。

かなり偏った危険な考え方だし決して賛同するわけではないが、指導者にはこれぐらいのカリスマ性を備えていて欲しいとも思う。

またこの演説には非常に高いインテリジェンスを感じる。

馬鹿は嫌いだ。

ギレン・ザビの非常に高度な人心掌握術も、聞いていてとても勉強になる。

だがよく考えたらこの魅力…

威厳ある悪役の声を得意とする声優・銀河万丈氏の影響が非常に強い気もする。

クセがあるが一度聞いたら忘れられない威厳たっぷりの銀河万丈氏の声は誰の耳にも残る。

だから著者は優生思想なんかじゃない、きっと。

 

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

完全趣味のブログ - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog