Try Apple Music ☆Amazon人気アプリ☆ http://www.example.com/page-1/

ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【『機動戦士ガンダムUC』の偉大な功績】失われた正史、『機動戦士ガンダムΖΖ』の復活。

 

 

 

 

機動戦士ガンダムUC』とは

 

機動戦士ガンダムUC

 

機動戦士ガンダムUC』(英題: MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN)は、矢立肇富野由悠季原案、福井晴敏著による日本の小説だ。

角川書店ガンダムエース』誌上にて2007年2月号から2009年8月号まで連載されていた。

また、この小説を原作とするアニメ作品と漫画が制作されている。

機動戦士ガンダム』(以下『1st』)をはじめとした宇宙世紀を舞台とする作品で、劇場用アニメ作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(以下『CCA』)から3年後の宇宙世紀0096年が主な舞台となっている。

物語は宇宙世紀元年から始まり、その年に起こった宇宙世紀誕生や、一年戦争の発端にも関わるラプラス事件が物語の中核となっている。

なお、時系列的に『CCA』に近い年代にあたるため、登場人物やメカニックの設定にもその内容が多く反映されているほか、『機動戦士Ζガンダム』や『機動戦士ガンダムΖΖ』などから発展させた設定も多い。

アニメ版では物語の核心を握る人物サイアム・ビストの声優に『1st』のナレーションを務めた永井一郎氏を起用することで、同作品のナレーションはサイアムによるモノローグであるという意味を持たせている。

機動戦士ガンダム』から続く地球連邦とジオンとの一連の抗争に一応の決着を付ける総括的作品でありながらも、本作品より後年の宇宙世紀を舞台にした『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』や『機動戦士ガンダムF91』、そのはるか未来を描く『∀ガンダム』とのつながりを示唆する描写も見られる。

また、福井氏は本作で宇宙世紀の「ガンダム」に一度「句読点」を打ち、そこから改めて『F91』から先を考えていくべきだと思ったと述べている。

 

 

 

 

 

 

 

消された歴史『機動戦士ガンダムΖΖ

 

機動戦士ガンダムZZ

 

初代『機動戦士ガンダム』の物語は、今もなお受け継がれている。

時系列でおおまかに記すと『機動戦士ガンダム』から始まり、『機動戦士ガンダムZ』→『機動戦士ガンダムΖΖ』→『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』→『機動戦士ガンダムUC』→……と、すべてが同じ宇宙世紀という舞台で繰り広げられる物語なのだ。

だから物語の関連性も高い。

上記のすべての作品に皆勤賞で登場するブライト・ノアは、ある意味で宇宙世紀ガンダムの象徴ともいえる。

しかし上記の中で唯一、ガンダム史から一度抹消された作品がある。

それが『機動戦士ガンダムZZ』であった。

機動戦士ガンダムΖΖ』は、日本サンライズ制作のテレビアニメだ。

機動戦士Ζガンダム』の直接の続編として作られた『ガンダムシリーズ』のひとつ。

前作『機動戦士Ζガンダム』とは一転して、当初は明るい雰囲気でスタートした。

敵も味方もコミカルに描かれることも多かったが、物語中盤以降より順次、シリアスな作風に路線変更となった。

前作『機動戦士Ζガンダム』の主人公だったカミーユ・ビダンがワケありで登場するなど、当初はちゃんと繋がりがあった。

しかし『機動戦士Ζガンダム』が劇場版三部作として再編され『新訳Ζガンダム』となってから、その繋がりは抹消されることになる。

TV版の最終回でカミーユは精神崩壊を起こすのだが、劇場版では精神崩壊することなく戦いに勝利し、『機動戦士ガンダムΖΖ』の導入にはつながらない形で終幕してしまった。

カミーユの精神崩壊が『機動戦士ガンダムΖΖ』の物語を始める上で重要な要因になるのだが…

おかげで『機動戦士ガンダムΖΖ』はしばらくの間、ガンダム正史から抹消された作品になるのであった。

 

 

 

 

機動戦士ガンダムΖΖ』を正史に復活させた

機動戦士ガンダムUC』の功績

 

失われたガンダム正史『機動戦士ガンダムΖΖ』を、見事に復活させたのが『機動戦士ガンダムUC』だった。

福井晴敏氏の小説をベースにOVAとして映像化した『機動戦士ガンダムUC』の中では、『機動戦士ガンダムZZ』に登場したMSの後継機が登場している。

機動戦士ガンダムUC』の主要人物の一人であるマリーダ・クルスは『機動戦士ガンダムZZ』終盤にグレミー軍として参戦したプルクローンの生き残りという設定がなされている。

また、『機動戦士ガンダムZ』で創設されたエゥーゴ解体後に連邦軍に接収されたという設定で、ブライト率いる「ロンド・ベル隊」に編入されたネェル・アーガマも主役機ユニコーンガンダムの母艦として登場している。

今後の物語を構成する上で『機動戦士ガンダムZZ』の重要かつ魅力的な設定を引き継いだ。

おかげで完全に亡き者にされていた『機動戦士ガンダムZZ』が息を吹き返すことになったのだ。

 

 

 

それでもしっかり見た記憶がない『機動戦士ガンダムZZ

 

ガンダムシリーズはリアル・ロボットアニメにカテゴライズされる、いわば大人向けのアニメだ。

しかし『機動戦士ガンダムZZ』はあまりに子供が主人公すぎた。

作品テーマが "子供はみんなニュータイプ! 見せてやろうじゃないの! 大人たちにさ!" だったから、ちゃんとテーマには沿っていたわけだが…

脇役の渋い大人あってこそ子供が主人公でも生きるのだが、あまりに子供が全面に出過ぎていたのだ。

残念ながら、リアル志向といわれたガンダム作品としてはあまりに子供じみていた。

秋元康大先生に作詞していただいた、初代OP曲「アニメじゃない -夢を忘れた古い地球人よ-」。

 

機動戦士ガンダムZZ

「アニメじゃない 〜夢を忘れた古い地球人よ〜」[LIVE 2003] 影山ヒロノブ

 

アニメじゃないと言われましても……

作品後半になるにつれてシリアスな展開になっていきはしたが、少し遅すぎた。

ガンダムシリーズはほぼ見てきているが、おかげで『機動戦士ガンダムZZ』は断片的な記憶しか残っていない、まさに失われたガンダム正史となってしまった。

 

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

完全趣味のブログ - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog