ioritorei’s blog

完全趣味の世界

気持ちが堕ちている人に絶対聴いてほしいアーティスト【Aimer激推し中】聴けば聴くほどAimerの歌声は祈りだった。

アーティスト

Aimer

 

 

プロフィール

 

 

Aimer(エメ)は女性歌手であり、作詞家でもある。

アーティスト名は、自身の長年の愛称である「エメ」に由来し、フランス語で「愛する」「好む」を意味する動詞である。

バンドでベーシストを務めていた父親の影響でジャズやブルースなどをはじめとした音楽が身近な環境で育つ。

音楽好きだった父の影響で小学校でピアノを習い始め、椎名林檎宇多田ヒカルの声色を真似して家で歌っていた。

中学からはアヴリル・ラヴィーンに傾倒してギターも始める一方、英語での作詞にも力を入れる過程で海外での生活経験も持つ。

15歳の頃、歌唱による酷使が原因で声帯を痛め、治療のために沈黙療法を選択したことで発声が出来ない期間を約半年間経験するが、そのおかげで歌手になりたいという夢が明確になり、回復後に喉を守るように工夫して歌うなかで現在の声質と歌唱法を確立する。

このときの声帯の傷はデビュー後の現在も完全に治癒しておらず、結節として残っているが、完治すると今の声は出せなくなるとの主治医の忠告や「『この喉でずっとやってきた』という思いが自分の中にはある」という自身の意志もあり、声質を維持するために現在の状態を保っている。

日本音響研究所所長(当時)の鈴木松美さんは、Aimerの声質を「振幅ゆらぎと周波数ゆらぎが同時に発生している、非常に稀な声の持ち主です」と分析している。

10代後半頃に今敏監督の映画「パプリカ」を視聴し、劇伴を担当した平沢進の音楽世界観に触れ傾倒していった。

 

 

 

元々Aimer推しではあるが『残響散歌』と『朝が来る』を聴きまくって考えは確信に変わった

 

 

この1週間というもの、『残響散歌』と『朝が来る』しか聴いていない。

いったい何回リピートしたのだろう。

何回聴いたのだろう。

超ヘビロテだ。

この2曲は「鬼滅の刃遊郭編」のテーマ曲として今人気急上昇中だか、ただ人気アニメのテーマ曲として聴いているだけではあまりにも勿体なさすぎる。

何故ならAimerの楽曲は祈りだからだ。 

それはご自身の体験に基づいているのかもしれない。

Aimerは15歳の頃、歌唱による酷使が原因で声帯を痛めているが、実はそれは今でも完治していない。

完治してしまうと今の歌声が消えてしまうかもしれないからだ。

シンガーにとって、声は命だ。

歌えないことほど辛いことはない。

声を失うなんてもってのほかだろう。

一度声を失ったことのある彼女の歌声は、そうした辛い経験の中で神様からもらったギフトだといえる。

だからこそ、彼女の歌声は祈りに聴こえるのだろう。

両曲の詞からも随所にそのことが窺える。

 

 

残響散歌

 

声よ 轟け 夜のその向こうへ
涙で滲んでた あんなに遠くの景色まで響き渡れ
何を奏でて? 誰に届けたくて?
不確かなままでいい
どんなに暗い感情も どんなに長い葛藤も
歌と散れ 残響

 

この先どんなつらい時も
口先よりも胸を張って
抱いた夢の灯りを全部 辿るだけ
逃げ出すため ここまで来たんじゃないだろ?

 

 

youtu.be

 

 

朝が来る

 

傷だらけの世界の頭上に
闇が重たくもたれかかって
覚めない時の中

悲しみは何処までも追いすがって
それでも空は夜明けを探して
取りに行く未来

僕らは弱くも儚くもないよ
信じて愛して燃え尽きて行く

 

失うことで堕ちて行くか
それとも光を追いかけるか
選んで来た道に散らした
涙も傷も遠くなって

息を殺し追憶の影に焼かれ
それでも鮮やかに風を切って
手に入れる未来

情熱がいつだって灯火になるよ
天高く上れと狼煙を上げて

 

君の行く場所に
光あれと祈った
全ての心のため

 

 

youtu.be

 

 

 

Aimerの歌声は祈りだ

 

 

如何だろう。

アニメの内容にリンクはしているが、それとは別のベクトルで聴けば聴くほど祈りに聴こえてくる。

特に『朝が来る』の詞の中で、最も魂がふるえるのが、

繰り返し 繰り返し
血を流すたましいが
夢を見るその先に

というフレーズだ。

誰もが魂から血を流してながら、必死になって生きている。

どんなに辛いことがあっても、しかし生きている限りどうしても夢を見てしまうのが人というものである。

これが祈りでなくて、他に何と表現できるだろう。

 

Aimerの歌声と楽曲には不思議な魅力がある。

どこか陰を孕みながらも、光を感じるのだ。

堕ちていながら救いを感じる。

涙と力が一緒に湧き出てくる。

そんな感じがする。

以前にも書いたことがあるが、著者は気持ちが堕ちた時はとことん堕ちたいと思っている。

無理に気持ちを揚げようとしても、揚がらないものは仕方ない。

ならば行き着くところまで行ってしまえと考えている。

気持ちが堕ちた時は、最近ではAimerの音楽を聴くことにしている。

元々醸し出している陰があるから、要所要所に心に刺さる詞が飛び出してきても気持ちの温度変化が少ない。

一気に揚げるのではなく、じんわり高揚させてくれる。

こういうアーティストは貴重だ。

もしあなたが著者と同じようなタイプの人なら、気持ちが堕ちた時には是非Aimerの音楽を聴いてもらいたい。

きっと気持ちが堕ちていっても、持ち直してじんわりと揚げてくれることだろう。

その時聴く曲は、試しに『残響散歌』と『朝が来る』からにしてみるといい。

特に『朝が来る』から入ると、気持ちの温度変化が少なくて済むからおすすめだ。

明けない夜はない。

やまない雨はない。

そんな綺麗事をいうつもりはない。

だがAimerの歌声は、きっとあなたの堕ちた気持ちを救ってくれる。

 

 

【Amazon.co.jp限定】残響散歌 / 朝が来る (完全生産限定盤) (メガジャケ付) [Analog]

【Amazon.co.jp限定】残響散歌 / 朝が来る (完全生産限定盤) (メガジャケ付) [Analog]

 

 

残響散歌

残響散歌

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

朝が来る

朝が来る

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

ioritorei.com

 

 

 

RE:I AM

RE:I AM

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

Apple Music

Apple Music

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村