ioritorei’s blog

完全趣味の世界

シリーズ第1作目【劇場版アニメ『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』】劇場版名探偵コナン伝統の実写エンディングにだけフィーチャーしてみる。

 

劇場版シリーズ第1作目

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼

 

 

キャッチコピー

 

「真実はいつもひとつ!」

 

 

名探偵コナン』とは

 

 

名探偵コナンは、1994年刊行開始の青山剛昌先生原作による推理漫画作品であり、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称。

黒の組織によって少年化させられた高校生探偵・工藤新一が江戸川コナンと名乗り、組織の行方を追いながら数々の事件を解決していく推理漫画。

週刊少年サンデー(以下、『サンデー』)にて1994年5号より『名探偵コナン』の連載が開始された。

2014年6号で連載20周年、2017年37-38合併号で1,000話目を迎え、『サンデー』史上最長の連載期間となっている。

1996年からテレビアニメが放送開始され、2016年には20周年を迎えた。

1997年から毎年4月に劇場版映画が公開されている。

2001年、第46回(平成12年度)小学館漫画賞少年部門受賞。

2015年7月時点で単行本の国内累計発行部数は1億4900万部を、2021年10月時点で単行本の全世界累計発行部数は2億5000万部をそれぞれ突破している。

なお、2018年6月の時点で漫画は25の国と地域で翻訳・販売され、アニメは40ヵ国で放送されている。

 

 

名探偵コナン コミック 1-100巻セット

名探偵コナン コミック 1-100巻セット

 

 

 

劇場版シリーズ伝統の実写エンディング

 

 

劇場版名探偵コナンといえば、鉄板のお約束がいくつかある。

その中のひとつがエンディング。

第1作からの伝統で、エンドロールで映画の舞台となったりモチーフとなった実際の風景(実際に無い場所でも有名なところをモデルにする)の映像が流れることが定番となっている。

他のアニメ作品ではあまり観ない演出なので、コナンのエンディングが印象に残っている人も多いかと思う。

本稿では、その実写エンディングだけにフィーチャーしてみよう。

 

 

 

アニメ『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』とは

 

 

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』は、1997年4月19日に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの第1作目である。

上映時間は95分。

興行収入は11億円、配給収入は6億1000万円。

テレビアニメ『名探偵コナンのヒットを受けて制作された初となる長編映画作品であり、以後は毎年春に新作の劇場公開が恒例となる。

第1弾の本作は主人公とヒロインが一番のメインキャラクターとして描かれ、江戸川コナンたちの住む米花町で起きる爆破事件と、彼の正体である工藤新一の誕生日前夜(5月3日)における彼と幼なじみの毛利蘭の恋愛描写が物語の軸となる。

劇場公開当時のテレビアニメより大規模な爆破シーンなどが展開されるが、事件の黒幕による個人的な殺人は描かれず、爆弾捜索が事件のメインとなっている。

 

 

劇場版 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 [DVD]

劇場版 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 [DVD]

 

 

 

あらすじ

 

 

ある日の夜、黒川邸で主人の黒川大造が何者かに殺害されるという事件が起こった。

現場の状況から黒川家の中に犯人がいるとされ、探偵の毛利小五郎は後妻を犯人と推理するが、ダジャレで犯人にするのかと詰め寄られてしまう。

それを見かねた江戸川コナンは、時計型麻酔銃を使って毛利を眠らせ、「眠りの小五郎」として自らの推理を披露し、事件は無事に解決した。

彼こそ高校生探偵として有名であった工藤新一であり、現在は迷宮なしの小学生名探偵として活躍する本作の主人公である。

コナンは自分の体を小さくした黒の組織を追うために、小五郎の立場を利用して情報を集めていた。

数日後の4月26日(土曜日)、高名な建築家である森谷帝二から工藤新一宛にパーティーの招待状が届いた。

しかし、新一は体が縮んでしまってコナンになっているため、コナンは小五郎を代理人として、幼馴染で小五郎の一人娘である毛利蘭と共にパーティーに出席する。

そこで開催されたクイズに正解し、ギャラリーに案内されたコナンと蘭は、殺人事件があった黒川邸が森谷の設計であることを知る。

また、蘭は新一の誕生日に2人で映画を見に行く約束をしていることを森谷に伝えるが、行くことができないコナンはどうするべきかと思案する。

新一の誕生日前日の5月3日(土曜日)、コナンは火薬庫からプラスチック爆弾用の爆薬が何者かに盗み出され、黒川邸など4件の邸宅が相次いで放火されるという事件のニュースを見ていた。

その時、新一宛てに爆破予告の電話がかかって来る。

電話の主は、爆弾を盗み出したのは自分であり、早くしないと子供たちが危険だと宣告する。

それを聞いたコナンは爆破を防ぐため、急いで堤向津川緑地公園へ向かう。

堤向津川緑地公園に着いたコナンは、ラジコン飛行機で遊ぶ少年探偵団の3人を見つける。

知らない男からラジコン飛行機を貰ったという話を聞いたコナンは、ラジコン飛行機にプラスチック爆弾が装備されている事に気付きリモコンを奪うが、その拍子にリモコンが壊れて操作不能に陥ってしまう。

コナンは咄嗟の判断でラジコン飛行機に向かってリモコンを蹴り、爆弾を上空で爆発させることに成功する。

しかし、犯人は近くのビルからその様子を見ており、電話で次なる犯行を予告する。

次の犯行場所として宣告された米花駅前に向かったコナンは、ファストフード店の2階から駅前の様子を窺い見る。

その時、老婆が捨て猫をキャリーバッグと共に持ち去る様子を見たコナンは、キャリーバッグにプラスチック爆弾が仕掛けられていると推理し、必死で止めようとする。

しかし老婆はタクシーに乗り込んでしまい、コナンはターボエンジン付きスケートボードを使って追い掛けることになる。

だが、途中でスケボーが破損してしまったため、止む無く近くに居た少年の自転車を奪い、追い掛ける。

何とかタクシーに追い付いたコナンは、キャリーバッグを老婆から奪って、人気のない場所へ持って行こうと自転車に載せて近くの河川敷へ向かう。

間一髪で爆弾を人気のない場所で処理することには成功したコナンだったが、爆風の影響で木にぶつかって負傷し、緑台警察病院へ緊急搬送され、病院で手当てを受けることになる。

病室では目暮警部らが、今回の犯人は新一を指名して脅迫している事から、彼に恨みを持つ者の犯行と見て、過去に新一が解決した事件の中で最も注目を集めた、西多摩市長が逮捕されたOLひき逃げ事件を挙げていた。

この事件はOLを轢いた車の運転手として警察が市長の息子を逮捕した事に新一が異を唱え、真犯人が市長自身である事を突き止めたものである。

これにより、市長の進めていた西多摩市の新たな都市開発計画は頓挫することとなった。

そんな折、犯人から電話で「東都鉄道の東都環状線に5つの爆弾を仕掛けた。

その爆弾は列車が時速60km未満で走行した場合か、日没までに取り除かなかった場合に爆発する。

仕掛けた場所のヒントは「××の×」で、×は漢字一文字だ」と伝えられる。

目暮はすぐに東都鉄道へ連絡し、連絡を受けた東都鉄道の司令員もすぐに全車両をノンストップで時速70km走行を維持するよう緊急司令を出した。

小五郎や目暮は「××の×」と言う犯人からのヒントに対し、「座席の下」「網棚の上」「車体の下」と言った場所を思い付くが、日没までに取り除かなければ爆発すると言う仕掛けに注目したコナンが、「線路の間」であることを突き止める。

芝浜駅貨物線に環状線の列車を退避させた上で無事5つ全ての爆弾を発見、一同は安堵する。

一同が今回の事件の犯人について話し合う中、コナンの助言によって、放火事件が全て森谷帝二の設計した建築物を標的としていることが判明し、爆弾事件も東都環状線の爆弾の1つが同じく森谷の設計である橋の上に仕掛けられていたことから、同一犯の可能性が浮上した。

急いで森谷邸へ向かった一同は、森谷本人に自身を恨んでいる人物に心当たりはないか尋ねるが、そのような人物に心当たりはないと返される。

こっそり森谷邸を見て回っていたコナンは、西多摩市の都市開発計画を森谷が主導していた事実を知り、新一の声で一同をギャラリーに集めると、情況証拠とハッタリを用いて森谷自身が犯人であることを暴く。

森谷は若き日より建築家として活躍していたが、その時の作品には法的問題や建築主の注文などによって自身の意図しないものとなったものも含まれており、建築家としてのプライドからその作品を抹殺したいと考えていた。

そんな時に新一の活躍で西多摩市長が逮捕されたことにより自身が主導していた都市開発計画が頓挫した結果、森谷は新一を逆恨みし、若手時代の作品の抹殺と新一への復讐を目的に今回の事件を引き起こしたのだった。

森谷は目暮と白鳥によって現行犯逮捕されるが、「私が抹殺したかった建物はもう一つある」と、犯行がこれで終わりでないことを告げる。

そして最後の標的が、森谷が建築に携わるもバブル崩壊による予算カットにより意図しない形で完成した米花シティービルである事をコナンたちは知る。

そこの映画館には蘭が新一の誕生日祝いのために来ていたのだが、爆弾の爆発に巻き込まれてしまう。

コナンは森谷から奪い取った爆弾の設計図を持って急いで米花シティービルへ向かうが、既に米花シティービルの各所では森谷の仕掛けた爆弾が次々と起爆して火災が発生しており、一刻の猶予も許されなかった。

米花シティービルに着いたコナンは、蘭のいる映画館のロビー前までは何とか辿り着いた。

蘭は無事だったのものの、ロビーのドアが爆発の影響で歪んでしまったためコナンは中に入れず、また蘭や他に無事だった人々も中に取り残されていた。

コナンはその場で新一の声を使い、爆弾を見付けた蘭に対して爆弾の解体を指示する。

解体作業は順調に進み、最後に赤と青2本の導線が残るが、その2本の導線は設計図に記載されていなかった。

究極の2択を迫られたコナンは、どちらを切るかについて蘭に一任することに決める。

爆発の時刻が迫り、目暮らは諦めかけて森谷はほくそ笑むが、蘭が青の導線を切って爆弾を解体できたことから爆発は起こらず、ビル内に閉じ込められていた全員が助かった。

最後は、コナンが蘭に青の導線を切った理由を尋ねるシーンで終幕を迎える。

 

 

 

主題歌

 

 

杏子「Happy Birthday」

作詞・作曲 - スガシカオ

 

CD版はフェードアウトで終わるが、本作ではコーダがつけられている。

最初は気づかなかったが作詞作曲がスガシカオ氏だと知ると、なるほど "っぽさ" が滲み出ている楽曲。

タイトルからは想像もつかないロックなメロディが印象的だ。

ただ、正直あまり印象には残っていなかった楽曲でもある。

今だからであろうが、やはりシリーズ第1作目ともなると、いろいろな試行錯誤が見て取れて面白い。

 

 

Happy Birthday

Happy Birthday

  • 杏子
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

Happy Birthday (Single Version Remix)

Happy Birthday (Single Version Remix)

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by edgwcnn_4869 👓🎀 (@edgwcnn_4869)

www.instagram.com

 

 


www.youtube.com

 

 

実写エンディングロケ地

 

肝心のエンディングロケ地だが、正確な場所は定かではない。

シリーズ第1作目の作品だけあって、まだ完全にフォーマット化をされていないようだ。

しかし本作の舞台が東京の仮想都市だけに、実写エンディングは都内〜レインボーブリッジ〜台場付近の映像と推察される。

 

 

 

エピローグ

 

 

エピローグは尺が10秒程度と非常に短い。

BGMはなし。

コナンのみの短い台詞があるだけで、以降の作品よりかなり簡素な構成となっている。

この辺りにもシリーズ第1作目の試行錯誤が見て取れる。

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

名探偵コナン カレンダー&ウィジェット

名探偵コナン カレンダー&ウィジェット

  • Shogakukan-Shueisha Productions Co., Ltd.
  • ライフスタイル
  • ¥610