ioritorei’s blog

完全趣味の世界

自民党・安倍晋三元首相「『核共有(ニュークリア・シェアリング)』について、国内でも議論すべきだ」【続:ロシアがウクライナ侵攻】世界で唯一の被爆国・日本の進むべき道とは…

 

 

 

※あくまでも個人的な意見です。

 

 

 

自民党安倍晋三元首相が発言

「『核共有(ニュークリア・シェアリング)』について、国内でも議論すべきだ」

 

 

自民党安倍晋三元首相は2月27日午前のフジテレビ番組内で、ロシアのウクライナ侵攻を受けて核武装について言及した。

米国の核兵器を自国領土内に配備して共同運用する「核共有(ニュークリア・シェアリング)」について、国内でも議論すべきだとの認識を示す。

「日本は核拡散防止条約(NPT)の加盟国で非核三原則があるが、世界はどのように安全が守られているかという現実について議論していくことをタブー視してならない」と述べている。

同時に「被爆国として核を廃絶するという目標は掲げなければいけないし、それに向かって進んでいくことが大切だ」とも語った。

米国との核共有は、ベルギーやドイツ、イタリアなど北大西洋条約機構(NATO)の一部の国で採用されている。

 

 

www.nikkei.com

 

 

 

『核共有(ニュークリア・シェアリング)』とは

 

 

ニュークリア・シェアリング(Nuclear Sharing)とは、核保有国が核兵器を同盟国と共有するという考え方、またはその戦略。

アメリカがNATOに供給する形で実現された核抑止における政策上の概念である。

NATO核兵器を行使する際に独自の核兵器を持たない加盟国が計画に参加することと、特に加盟国がその国内において核兵器を使用する為に自らの国の軍隊を提供することが含まれている。

ニュークリア・シェアリング参加国は核兵器に関する政策に対して決定力を持ち、核兵器搭載可能な軍用機などの技術・装備を保持し、核兵器を自国領土内に備蓄するものである。

ソ連やその衛星国に配備された核兵器に対応する為にドイツ・イタリア・ベルギー・オランダは自国内にアメリカが所有する核兵器を設置している。

なお4カ国とも各国の政府がそれぞれ使用権限を持っている。

 

 

 

ニュークリア・シェアリング参加国

 

 

NATO内の核保有国である3カ国(アメリカ・イギリス・フランス)のなかで唯一アメリカだけがニュークリア・シェアリングのための核兵器を提供している。

現在ニュークリアシェアリングを受けている国はベルギー・ドイツ・イタリア・オランダ・トルコである。

イギリスは自ら核保有国で原子力潜水艦にミサイルを積んで自国を防衛した上に、1992年までアメリカの戦術核兵器の提供を受けており、提供された核兵器は主に西ドイツ国内に配備されていた。

 

 

 

核兵器の管理方法

 

 

平時においては非核保有国内に備蓄された核兵器アメリカ軍により防衛され、核兵器を起動する暗号コードはアメリカの管理下にある。

有事にあっては核兵器は参加国の軍用機に搭載され、核兵器自体の管理・監督はアメリカ空軍弾薬支援戦隊(USAF Munitions Support Squadrons)により行われることになっている。

戦時に於いて核戦力の行使はNATOの総意とされるが、敵地領土への最終的な判断はあくまで核兵器提供国にある。

その為たとえ他のNATO加盟国全てが同意しても、アメリカが拒否すれば敵領土へは核兵器は使用できない。

侵略されて領土が敵軍に占領されている場合は逆にドイツ・イタリア・ベルギー・オランダで侵略された領土の政府の許可が必要である。

 

 

 

抑止力としての核

 

 

核の完全廃棄が叶わない以上、それは抑止力でなければならない。

脅威としての核があるからこそ、世界は均衡を保っていられる。

残念ながらこれが真実である。

しかし実際に使用してしまっては、核は武力以外の何の意味も持たなくなる。

撃たれたら撃ち返す。

たちまちのうちに核戦争が巻き起こり、世界は放射能汚染され、人類は終焉を迎えるだろう。

核武装はあくまで脅しでなくてはならないのだ。

ならば日本が核武装する意味はあるのだろうか?

仮に他国に侵略される危険が発生したとして、核の脅威をチラつかせる必要があるのだろうか?

仮想敵国として思いつくのは、中国・ロシアぐらいだ。

残念ながら両国とも、日本を遥かに凌駕する国力を誇っている。

物量戦で敗れた大戦を、まさか忘れてしまったわけでもあるまい。

おまけに両国とも核保有国ときてる。

まともに撃ち合って勝てる相手ではないだろう。

ならば日本が仮に核武装したとしても、あまり意味のないことだと思うのは著者だけだろうか。

 

 

 

自衛のために核武装までする必要はあるのか?

唯一の被爆国・日本の進むべき道とは…

 

 

いくらロシアがウクライナへ侵攻したタイミングだったとはいえ、元首相のこの発言には耳を疑う。

絶対に忘れてはいけない日。

3.11を目前に控えているにもかかわらず、福島原発のことは棚に上げて核武装の話を持ち出すとは。

原子力発電(原発)の是非を論じるならまだしも、核武装について論じるなど言語道断。

日本は唯一の被爆国だ。

核兵器の恐ろしさを経験したことがある、世界で唯一の国だ。

しかも一度ならず三度もその被害を受けている。

その日本が核兵器禁止条約に反対するのも問題なのに、核武装など論外に決まっている。

そもそもこんなちっぽけな島国の防衛に、核武装など過ぎたる力でしかない。

先に撃たれたらどの道終わりであり、現在の日本人に撃たれる前に撃つ覚悟のある人間などいない。

それとも撃つ覚悟すら他国に委ねようとでもいうのか?

そんか根性しか持ち合わせていないから、国際社会で愛想を尽かされるのではないか?

日本が核廃絶を訴え続けなくて、他のどの国がやるというのか。

現実には叶わなくとも、訴え続けることに意味があるのではないのか。

日本が被爆国だという忌むべき過去を武器に変えて、今こそ核廃絶を訴えるべきではないのか。

もしそれが無駄な努力だと政治家が諦めているのなら、その気持ちこそ、日本国民が政府に感じている憤りだと思い知るがいい。

仮に日本が核の脅威を持ち得たとしても、きっとそれは無用の長物でしかない。

 

 

NHKスペシャル デジタルリマスター版 映像の世紀 第5集 世界は地獄を見た 無差別爆撃、ホロコースト、そして 原爆 [DVD]

NHKスペシャル デジタルリマスター版 映像の世紀 第5集 世界は地獄を見た 無差別爆撃、ホロコースト、そして 原爆 [DVD]

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

スマートニュース

スマートニュース

Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュース

  • Yahoo Japan Corp.
  • ニュース
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog