ioritorei’s blog

完全趣味の世界

天才的な色彩感覚は一見の価値あり【ハイスクール・ミュージカル】ミュージカル初心者に最適!ディズニーが描いた名作ミュージカル映画。

 

 

 

ディズニー作品

ハイスクール・ミュージカル

 

 

 

ハイスクール・ミュージカル』とは

 

 

ハイスクール・ミュージカル』(原題:High School Musical)は、2006年にアメリカで放送されたテレビ映画。

アメリカ合衆国の架空の高校・イースト高校を舞台にしたミュージカル映画である。

アメリカで2006年1月20日にディズニー・チャンネルのオリジナル・ムービーとして放送し、大ヒットした。

第58回プライムタイム・エミー賞では6部門にノミネートし、2部門で受賞。

本作のサウンドトラックは2006年春にビルボードのアルバムチャートBillboard 200で1位を獲得し、2006年度のアルバムセールスで1位に輝いている。

また、このサントラ・アルバムから8曲がビルボードのシングル・チャートBillboard Hot 100に入り、なかでも『Breaking Free』は最高4位を記録した。

アメリカでは2007年8月17日に、日本では10月13日に続編となるハイスクール・ミュージカル2』(原題:High School Musical 2)がディズニーチャンネルで放送された。

また、シリーズ3作目及び第1部の完結編となる本作初の劇場公開作品ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』(原題:High School Musical 3: Senior year)が2008年10月24日にアメリカで、2009年2月7日に日本で劇場公開された。

2009年3月3日、ハイスクール・ミュージカル4』がキャストを前3作から刷新して製作されることが発表されたが、実現には至っていない。

また、シャーペイを主役に据えたスピンオフ作品『シャーペイのファビュラス・アドベンチャー(Sharpay's Fabulous Adventure)が2011年8月13日に日本のディズニー・チャンネルにて放送された。

 

 

ハイスクール・ミュージカル (吹替版)

ハイスクール・ミュージカル (字幕版)

 

 

ハイスクール・ミュージカル2 (字幕版)

ハイスクール・ミュージカル2 (字幕版)

 

 

ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー [DVD]

ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー [DVD]

 

 

 

あらすじ

 

 

トロイはバスケットボールが得意なバスケ少年で、学校の人気者。

ガブリエラは数学や化学を得意とする学校一の天才少女で、勿論成績はオールA。

全く住む世界や立場が違う二人。

晦日の夜に行われたパーティで、トロイとガブリエラは成り行きでデュエットする事になってしまう。

初めて一緒に、そして気持ちよく歌えた二人。

しかし、そんな楽しい時間は何時までも続かず、何とか顔写真を交換したもののガブリエラは姿を消してしまった。

そんな二人に運命の再会が待っていた。

年明けにトロイの通うイースト高校に、転校生としてガブリエラがやってきたのだ。

二人を強く引き付けたのはやはり音楽。

しかし人気者のトロイを狙っている強烈なライバルがいた。

演劇部の部長で目立ちたがり屋のシャーペイ・エヴァンスだ。

幼稚園の頃から常に主役の彼女。

トロイとガブリエラがミュージカルの応募掲示板の前にいるのを見つけたシャーペイは、二人がミュージカルに出るつもりではないかと疑う。

そして一次選考終了まで舞台の陰に隠れていたトロイとガブリエラは、一次選考終了直後にオーディションを受けるというが断られる。

しかしその直後に二人の歌を聞いたダーバス先生は特例で二人が二次選考に出ることを認める。

今までのトロイとガブリエラに戻ってほしい友人たち。

二人に主役を取られたくないシャーペイ。

そのなかでトロイはバスケを、ガブリエラは科学部を続けながら歌の練習をするのだが…

(※. 2とザ・ムービーはこの続編。)

 

 

 

日本人のミュージカルデビューならディズニー作品で

 

 

ミュージカルが苦手な日本人だが、ディズニー作品ミュージカルはさすがと言わざるを得ない。

別格である。

ハイスクール・ミュージカルは、日本でもファンが非常に多い作品だ。

たとえディズニーファンでなくても、苦手なミュージカルであろうとも、ハイスクール・ミュージカルの評価は非常に高い。

とにかく抜群に面白い。

今をときめく(当時)、アメリカの超有名若手俳優が一堂に会し、素晴らしい歌声を披露してくれている。

ちなみに主役は世界一稼ぐ10代(当時)と謳われていたザック・エフロン

 

 

 

ディズニー作品の天才的な色彩感覚

 

 

大変私ごとではあるが、最初のハイスクール・ミュージカルが放送された頃は、TVを買い替えたばかりだった。

それもブラウン管から50Vのプラズマへ。

同じTVでも、もはや別物だ。

ついでに初期ロットのPS3も完備。

本来なら名作ゲームFF13のために買い替えたTVだったのだが、残念ながら発売日が延び延びになっていて、なかなかその本領を発揮できないでいた。

そこに現れたのがハイスクール・ミュージカルだった。

TVが大きく鮮明になったことで、改めてディズニー作品の素晴らしさを肌で感じることになる。

それはディズニー作品は色彩感覚が天才的だということ。

あらゆるシーンの細部にわたり、とにかく配色が抜群に巧い。

抜群の色彩感覚を一番感じられたのがハイスクール・ミュージカル2』のワンシーンだった。

 

 


www.youtube.com

 

 

これが大きなTVで観ると、何とも素晴らしいシーンなのだ。

セットと空のコントラストもさることながら、出演者の衣装の色から果ては肌の色まで、細部にまで実に気を配らわれた見事な色彩感覚だ。

まさに圧倒的。

このワンシーンだけ観ても、ディズニー作品の天才的な色彩感覚が窺い知れるというものだろう。

 

余談だが、同時にこの時Blu-rayの凄さも感じることになる。

同じハイスクール・ミュージカルのワンシーンがDVDとはまったくの別物。

今まで綺麗だと思っていたDVDの映像が、一瞬にして粗い画像になってしまった…

Blu-ray恐るべし。

 

 

 

同世代の大スターがこっそり出演

 

 

上記のシーンを、目をこじらしてジーっと観ているとある大スターがサプライズ出演していることに気がつく。

ディズニー作品『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』で、爆発的な人気を博したマイリー・サイラスだ。

ディズニーファンならお馴染みの大スターだ。

この頃のマイリー・サイラスが大好きだったから、見つけた時はどんなに喜んだことか。

知らなかった人や、興味がある人は是非探してみてほしい。

特に3分45秒頃は要注意。

マイリー・サイラスほどの大スターが、本当にチラッとしか出演していないのが凄い。

ちなみに同じく同世代の大スター。

ディズニー作品『ウェイバリー通りのウィザードたち』のアレックス役でブレイクしたセレーナ・ゴメスは残念ながら出演していない。

マイリー・サイラスがOKならセレーナ・ゴメスだってOKしても良さそうなものだが、残念ながらディズニー作品の大スター揃い踏みは叶わなかった。

実は、本来ならハイスクール・ミュージカルのヒロインは、セレーナ・ゴメスで調整されていたという噂。

それなら出演しないわけだ。

 

 

 

ミュージカルを食わず嫌いしないで

 

 

いくら親しみ深いディズニー作品といえど、どうしてもミュージカルに馴染めない人だって、もちろんいるだろう。

だが食わず嫌いにだけはならないで欲しい。

特にエンターテイメントは、実際に生で観て臨場感を肌で感じるのと、ただTVで観るのとではその感じ方に天と地ほどの差が生まれる。

ミュージカルが苦手だという人も、いつか何かのきっかけで生でミュージカルを鑑賞する機会が訪れるかもしれない。

その時は嫌がらず、是非一度生のミュージカルを観てほしい。

ミュージカルが嫌いになるのは、その後でも遅くない。

 

 


www.youtube.com

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

Disney+

Disney+

  • Disney
  • エンターテインメント
  • 無料

待ち時間 for TDL TDS

待ち時間 for TDL TDS

  • Keita Yamamoto
  • 旅行
  • 無料

ディズニー ミュージックパレード

ディズニー ミュージックパレード

  • TAITO Corporation
  • ゲーム
  • 無料

完全趣味のブログ - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog