ioritorei’s blog

完全趣味の世界

3月8日【国際女性デー】2022年の国際女性デーのテーマは「持続可能な明日に向けて、ジェンダー平等をいま」。

 

 

 

 

 

3月8日は国際女性デー

 

 

国際女性デーとは

 

 

女性のための国際女性デー(IWD; International Women's Day)とは記念日のひとつで毎年3月8日。

1908年アメリカ合衆国のニューヨークで、参政権のない女性労働者が労働条件の改善を要求してデモを起こした。

これを受けドイツの社会主義者クララ・ツェトキンが、1910年にデンマークコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱したことから始まった。

国連は1975年(国際婦人年)の3月8日以来この日を「国際婦人デー」と定め、現在は国際連合事務総長が女性の十全かつ平等な社会参加の環境を整備するよう、加盟国に対し呼びかける日となっている。

2000年には、国連人権高等弁務官のメアリー・ロビンソン(アイルランド初の女性大統領)が21世紀に向けて「女性が権利の獲得に向けたこれまでの歩みを祝うと同時に、女性被害者は、いまだに跡を絶たないことを想起する日」であると言明する文書を発表。

イタリアでは女性が互いにミモザ(ギンヨウアカシア)の花を贈り合い(もともと男性が女性に贈る習慣がある)、この季節を迎えると街中にミモザの花がみられる。

なおアメリカ合衆国などは、国際女性デーを含む3月を女性史月間としている。

国際婦人の日、国際婦人デー、国際女性の日などとも呼ばれる。

なお、国連が定める少女のための国際ガールズ・デー(International Day of the Girl Child)は10月11日である。

 

 

www.google.co.jp

 

 


www.youtube.com

 

 

 

 

今日のロシアとも因縁再び?

帝政を崩壊へと追い込んだきっかけは国際女性デー

 

 

国際女性デーにちなむ最大の事件は、第一次世界大戦中の1917年にロシア帝国で起こった二月革命であろう。

国際女性デー(当時ロシアで使われていたユリウス暦では2月23日にあたる)に首都ペトログラードで行われた女性労働者を中心としたデモは、男性労働者、更には兵士を巻き込んだ大規模な蜂起となり、最終的には帝政を崩壊に追い込んでいる。

結果的に、2月革命による帝政の崩壊はソビエト連邦の誕生につながることになる。

皮肉にも今ロシアはウクライナ侵攻の真っ只中だ。

独裁政権の終焉は、それまでの圧政に耐えに耐えていた民衆の力によって、ある日突然訪れる。

さて、ロシアのこれからはどうなるだろう。

 

 

 

 

 

性の基本は女である

日本人男性はもっと女性に敬意を払うべきだ

 

 

※あくまでも個人の意見です。

 

発生学的には、男と女がどのように生まれるかはほぼ解明されている。

よく知られているように、ヒトの細胞には22対の互いに同一の染色体と、一対の性染色体がある(合わせて46本の染色体)。

受精の際にこの性染色体がXXの組み合わせだと女の子が、XYの組み合わせだと男の子が誕生する。

受精卵を男の子にするのは、Y染色体のなかでもSRY遺伝子(Y染色体決定領域遺伝子)という微細なDNAだ。

Y染色体のSRY遺伝子は受胎後5週目ごろから活動をはじめ、性腺を精巣につくり変える。

6週目ごろには精巣からテストステロンなどの男性ホルモンが分泌され、(卵管や子宮になる)ミュラー管を退化させると同時に、もう1本の生殖器官であるウォルフ管を発達させ、これが精子や精液などを輸送する管になる。

男児の精巣から分泌されるテストステロンは胎齢14週から16週でピークを迎え、女児のおよそ8倍になる。

このテストステロンによって未分化の性器結節からペニスが発達し、尿道ヒダが癒着して陰嚢がつくられる。

こうした発生の仕組みからわかるのは、「性の基本は女である」ということだ。

エストロゲンは代表的な女性ホルモンだが、それが胎内で女児の子宮や外性器をつくるわけではない(エストロゲンは誕生まで影響がない)。

テストステロンがなければ、自然にウォルフ管が退化しミュラー間が発達して胎児は女性になるのだ。

 

性の基本は女性。

そして生命を育むのも女性だ。

こういう風に考えることが正しいのかはわからないが、染色体レベルでは男の方が亜種であって、女性がすべての人間の礎となっているのである。

女性とはただそうであるだけで、偉大な存在なのだ。

日本人男性はそういう事実にもっと目を向け、もっとよく学び、もっと女性を敬うべきである。

男尊女卑なんて前時代的な考え方は、そろそろ改めなくてはいけない。

女性が今よりもっと大切にされる世界を願って。

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog