ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【ロシアのウクライナ侵攻】もし日本が攻められても、同じことが言えますか?

 

 

 

 

ウクライナ勝てませんよ」「無駄死にしてほしくない」とテリー伊藤ウクライナ人に発言

 

 

2022年3月14日に放送されたラジオ番組「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)で、ロシア軍のウクライナ侵攻に関して、テレビプロデューサーでタレントのテリー伊藤氏とウクライナ人のオクサーナ・ピスクノーワさんが口論する形になる場面があったという。

 

 

www.j-cast.com

 

 

 

この論調の人たちは、もし日本が攻められても同じことが言えるのだろうか?

 

 

もし太平洋戦争時、「日本は勝てませんよ」と言われて日本人はそれを聞き入れただろうか。

しかもそれが敵対している国の人間の言葉ならまだしも、何の関係もない第三国の人間によってだとしたら…

答えはNOだろう。

もちろん、状況がまったく違う。

政治体制も違えば国民感情もすべて違う。

だから比べるべくもないのかもしれない。

ただ、ロシア方面に緊張が走った途端に日本は、ニュークリア・シェアリングだの日米安保だの、国防についての話題が盛んに取り沙汰されるようになった。

当然といえば当然なのだが、これらの武力は果たして抑止力としてのものなのか否か。

もし実際日本が攻められるような事態になった時、日本はどんな対応をするのだろう?

母国防衛のために必死で戦うのか、戦うことで失われる国民の命を尊重して降伏を選ぶのか。

ウクライナにまるで降伏を勧めるような論調の人たちは、日本が侵攻されても降伏を選べるのだろうか。

現在懸念が高まっている通り、国際社会、特にアメリカが助けてくれるとは限らない。

見殺しにされる可能性はおおいにある。

だからといって、戦うという選択肢を選ぶのかと聞かれると、平和ボケした日本人にはなんだか現実味に欠けるような気がする。

第三次世界大戦絵空事ではなくなってきた昨今。

今回のロシアのウクライナ侵攻が、世界大戦のトリガーにもなりかねない。

そうなった時、日本はどうするのか?

件のラジオ番組では、まるで降伏を勧めているようなテリー伊藤氏のコメントに対して、オクサーナ・ピスクノーワさんは呆れたような様子で「次は日本が頑張ってください。日本とロシアの戦争になりますよ。私たちは死んでもいいから」と応じた。

次は日本。

あり得る話である。

 

 

ヨーロッパのガス 暖房のための闘争 ロシア・ウクライナ戦争を理解する Gas in Europe, a struggle over heating ( all languages)

ヨーロッパのガス 暖房のための闘争 ロシア・ウクライナ戦争を理解する Gas in Europe, a struggle over heating ( all languages)

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

スマートニュース

スマートニュース

Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュース

  • Yahoo Japan Corp.
  • ニュース
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog