ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【心に沁みる名言】今日を精一杯生きるために…。#26

 

 

 

 

明日ではなく今日。

今、この時を精一杯生きるあなたのために素敵な言葉を綴ろう。

 

 

 

 

ロマン・ロラン(ジャン・クリストフより)

 

 

ロマン・ロラン(Romain Rolland)は、フランスの作家である。

理想主義的ヒューマニズム、平和主義、反ファシズムを掲げて戦争反対を世界に叫び続け、国際的に多くの知友を持った。

また『ジャン・クリストフ(Jean Christophe)』は、ロマン・ロランによる長編小説である。

全10巻からなり、1904年から1912年にかけて、シャルル・ペギー氏が創刊した雑誌『半月手帖』に発表。

ロランはこの作品によってノーベル文学賞を授与されている。

 

 

けっして誤ることがないのは、なにごともなさない者だけである。

 

 

f:id:ioritorei:20220311124801j:image

 

 

ここでいう「なにごともなさない者」とは、何も行動しない人間をさすのだろう。

決して「なした者=成功者」という意味ではない。

何故なら、それが成功者であろうとなかろうと、この世に誤らない人間など決していないからである。

ただひとつ、何もしない人間を除いて。

何もしなければ、誤ることもない。

 

時々フッと考えることがある。

例えば最近の日本の総理大臣に、何かをなした人間がいるのだろうか。

総理大臣という、非常に稀有な剣を手にしたというのに、その剣を振りかざした人間を著者は知らない。

時代を少し遡って、かの田中角栄氏は、総理大臣という剣を存分に振りかざした人物だ。

日本中を交通網でネットして、各地方間の距離を縮めた功績は、後の罪を差し引いてもおおいに評価されて然るべきであろう。

成功か失敗かを問われれば、近年の歴代総理大臣の中でも傑出して成功した人物といえる。

その時代をよく知らないからここからは推測になるが、田中角栄氏という人物には味方も多いが、その分敵も多かった人物だったように思う。

ちょうどアメリカ前大統領の、ドナルド・トランプ氏に近い印象を受ける。

彼らに共通していえることは、善くも悪くも、手にした剣の重さに応じた何かをなそうとしたことである。

田中角栄氏やドナルド・トランプ氏を、権力を振りかざした失政者と揶揄する人もいるだろう。

だがそうではないと思う。

彼らは、失敗したのではなく、他の人間が失敗しなかっただけなのである。

 

ひたすら失敗しないことだけにつとめる人間と、何かをなそうとした結果失敗してしまった人間。

あなたならどちらになりたい?

何もしなければ誤ることもないのだから、きっと心穏やかに過ごせることだろう。

そういう生き方が楽しいのかどうかはわからないのだが…

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

BetterSleep:睡眠トラッカー

BetterSleep:睡眠トラッカー

  • Ipnos Software Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

癒しの水の音 ( WaterSound )

癒しの水の音 ( WaterSound )

  • Kousaka Kirino
  • メディカル
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村