ioritorei’s blog

完全趣味の世界

100年の恋に破れた時に作ったプレイリストがヤバかった…【最強失恋ソング決定戦】《エントリーNo.17》郷ひろみ『僕がどんなに君を好きか、君は知らない』

 

 

 

最強失恋ソング決定戦

 

 

 

ioritorei.com

 

 

 

郷ひろみ『僕がどんなに君を好きか、君は知らない』

 

 

『僕がどんなに君を好きか、君は知らない』は1993年1月21日に発売された郷ひろみ氏65作目のシングル。

郷氏のバラード3部作の1作目。

フジテレビ系ドラマ「正しい結婚」主題歌。

本作は楠瀬誠志朗氏の1989年の同名アルバム・タイトル曲のカヴァーで、後に同年10月1日に楠瀬Ver.もシングルCDで発売された。

なお楠瀬Ver.は、郷氏の曲とは一部歌詞が異なる部分がある。

 

 

僕がどんなに君を好きか、君は知らない

僕がどんなに君を好きか、君は知らない

 

 

 

 

あの郷ひろみがまさか昼ドラの主題歌を?

ドロドロの世界観の中で響く切ない名曲

 

 

オリジナルは楠瀬誠志朗氏によるもの。

楠瀬誠志朗…さすがに知らないか。

有名な曲に『ほっとけないよ』ってのがあるんだけど…

当時はバラードを歌うイメージのなかった郷ひろみ氏。

エキゾチックジャパーン♬のイメージがあまりに強すぎるから、仕方のないことだった。

そんなエキゾチックなイメージの郷ひろみ氏だったが、突然大人の色香をプンプン漂わせバラードを歌い出した。

ドラマのタイアップもゲットした。

しかしいくらドラマの主題歌といっても、当時の昼ドラの、である。

もはや漫画でもみなくなった「この、メス豚め!」なんていうセリフを、ごく普通に吐いていた時代の昼ドラである。

おかげで世間に浸透するまで、相応の時間がかかっていたような記憶がある。

しかし楽曲の良さと郷ひろみ氏のネームバリューが相まって、今作品がヒット。

かくして郷ひろみ氏は、この曲をキッカケにバラードの帝王の道を突き進むことになる。

 

郷ひろみ氏をバラードの帝王に押し上げた第1弾曲だけあって、かなりの名曲だ。

詞もいい。

男の叶わぬ想いを綴った歌詞からは、郷ひろみ氏だけに『よろしく哀愁』(意味不明)、もとい、哀愁が漂う。

 

 

君のこと思う夜長くて

ふくらみすぎて

君じゃない 君にもう

勝手に恋してるかも

素顔見せる君は ほんとはどんなひと

どんなだって僕は 愛するけどダメなんだね

 

 

なかでも『君じゃない君にもう勝手に恋してるかも』のフレーズは秀逸だ。

想いが想いを膨らませる。

こうして抜け出せなくなっていくんだよね…

そこから何とか抜け出そうと足掻くのだけど、辛いことには変わりない。

 

 

ずっと会わなきゃ

忘れてしまうだろうか

僕にはどっちが辛いことだろう

 

 

ちなみに著者には、忘れるという選択肢がなかった。

だって無理だもの。

試してはみたが、忘れるなんてできなかったから諦めた。

今作品の主人公に教えてあげたい。

たとえ会わなくたって、簡単に忘れられるものではないよ?

会えるんなら会ったほうがいいよ。

会えなくなったらそれまでなんだから。

 

 


www.youtube.com

 

 

 


www.youtube.com

 

 

 

僕がどんなに君を好きか、君は知らない

僕がどんなに君を好きか、君は知らない

  • 郷 ひろみ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

Apple Music

Apple Music

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog