ioritorei’s blog

完全趣味の世界

「今日は頑張んなきゃ!」という時に聴きたい♬【最強テンション爆上げソング決定戦】《エントリーNo.1》THE BLUE HEARTS『人にやさしく』

 

 

 

 

最強テンション爆上げソング決定戦

 

 

気分が堕ちた時はとことん堕ちていたいとは思っていても、気分を上げなければどうしても乗り切れない時がある。

沈んだ気持ちを無理やりでも上げていかなければいけない時がある。

そんな時に聴きたい曲を集めてみた。

聴けばテンション爆上がり間違いなし!

「今日は頑張んなきゃ!」という日に是非聴いてみてはいかがだろう。

 

 

 

 

THE BLUE HEARTS『人にやさしく』

 

 

『人にやさしく』は、パンクロックバンドのTHE BLUE HEARTSがメジャーデビュー前にインディーズで出したシングルである。

人気曲だけに、その後ベストアルバム等にも収録されている。

甲本氏がブルーハーツ以前に組んでいたモッズ・バンド、ザ・コーツ時代の最後に作った曲だった。

当時の初期のタイトルは「がんばれのうた」。

真島氏はブルーハーツ結成前にこの曲を聴いて衝撃を受け、甲本氏にバンドを組もうと持ちかけたといわれる。

梶原氏も、この曲の「ガンバレ!」という歌詞を聴いて強い衝撃を受けたと語っている。

コーツで1984年に新宿ルイ―ドというライブハウスで初めて演奏されたときは、まだタイトルすらついていない状態で演奏し、後半の歌詞の一部はまだできておらず、「ラララー」と歌っていた。

 

 

人にやさしく/ハンマー

人にやさしく/ハンマー

 

 

 

 

シンプルだがキャッチー!

これぞTHE BLUE HEARTSの真骨頂

 

 

シンプルだがキャッチーなメロディーは、多くの人の耳に残っているかと思う。

もしかしたらTHE BLUE HEARTSで一番有名な楽曲ではないだろうか。

「ガンバレ!」という、どストレートな詞が多くの人の共感を呼んでいる。

また多くのアーティストによってカバーされまくっているから、まったく古さを感じさせないのも特徴のひとつだろう。

もともと時代に左右されないような作りの曲ではあるのだが…

THE BLUE HEARTSはシンプルだがキャッチーな楽曲が魅力のパンクロックバンドだが、歌詞をよくよく眺めてみると、シンプルに聴こえる本作品でも実はなかなか深いことを歌っている。

本作品のタイトルは『人にやさしく』だが、以下のフレーズでは少なからず矛盾を孕んでいることに気づく。

 

 

やさしさだけじゃ 人は愛せないから

ああ なぐさめてあげられない

期待はずれの 言葉を言う時に

心の中では ガンバレって言っている

聞こえてほしい あなたにも

ガンバレ!

 

 

「やさしさだけじゃ人は愛せない」。

いくら『人にやさしく』と歌っていても、優しさだけではどうにもならないことがある。

「期待はずれの言葉」というのも、なかなか考えさせられるフレーズだ。

ずいぶんと昔の話になるが、この詞を初めて聴いた時に思い描いた景色がある。

それは相手の好意に応えられないというシチュエーションだった。

要するにここで描いているのは、告白されたけど断る時の心境だと感じた。

そんな考察も、今では懐かしい思い出だ。

正直、THE BLUE HEARTSのテンション爆上がり楽曲を1曲だけ選ぶなら、個人的にはこれじゃない…と、思う。

だが万人受けを考えるなら、この曲が一番だろう。

個人的THE BLUE HEARTS爆上げソングはまたの機会に。

だからってTHE BLUE HEARTSは名曲揃い。

大好きなバンドだから結局は悩むんだけどねww

 

 


www.youtube.com

 

 

人にやさしく

人にやさしく

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

Apple Music

Apple Music

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog