ioritorei’s blog

完全趣味の世界

もう一度聴きたい!【ラジオ番組『赤坂泰彦のMillion Nights』(1993〜1997年)】ラジオの素晴らしさを教えてくれたはじまりの番組。

 

 

TOKYO FM

赤坂泰彦のMillion Nights

 

 

赤坂泰彦のMillion Nights』とは

 

 

赤坂泰彦のMillion Nights』(以下、ミリオンナイツ)は、TOKYO FM及びJFN系列で放送されていたラジオ番組である。

放送期間は1993年4月1日 - 1997年9月30日。FMナイトストリートで実績を積んだ赤坂泰彦が全国ネットのメインDJとして登板。

23時以降は赤坂以外が担当することもあった。

ちなみに一時期はB'zも担当している。

コンテンポラリー・ヒッツ(ヒット曲、とりわけジャパニーズポップスと呼ばれたJ-POP)へのリクエストが多い一方でビートルズなどのオールディーズコミックソングや異色の楽曲を積極的に流すなどといった試みが取られ、まりちゃんズ尾崎家の祖母リバイバルなどは特筆事項のひとつであろう。

関連して、うさんくさいポップスCHAGE(CHAGE&ASKA)との間で互いに放送されたくない自身の楽曲を巡る争いなど、ドキュメントバラエティさながらの展開で番組を盛り上げた。

いわゆる「深夜ラジオ」のノリをFMに持ち込んだものともいえ、FM放送のメディアとしての幅を広げ10代を中心に人気を博した。

通史的に見れば、既にJ-POP中心選曲に移行していたJFNTOKYO FMトークラジオ」への脱皮を模索する時期に放送された番組の一つでもある。

1997年9月30日に4年半の放送に幕を下ろしている。

 

 

うさんくさいポップス

 

毎週火曜日の23時台に、「誰が、いつ、どこで、何のために歌ったのかわからない、とにかく胡散臭い曲」うさんくさいポップスとして紹介していた。

コーナーテーマ曲は松本浩とブルー・ナイツいとしのマックス』

かかった曲はJRN系コサキンDEワァオ!コサキンソング」と相通ずるものがあるが、曲や歌手作詞曲家の詳細に触れることは一切なかった。

実際コサキンソング・うさんくさいポップス両方に認定された曲もあった。

このコーナーの底本としては幻の名盤解放同盟編纂の『幻の名盤解放歌集』コモエスタ八重樫編纂の『東京ビートニクス』などのCDがあげられる。

曲がかかっている最中に赤坂氏がひたすら突っ込むのもコーナーの売りであり、特に子供が関与している曲に対しては極度の嫌悪を示しており、「生意気」「ませてんじゃねえよ!」「早く家に帰って寝ろよ!」「ざまあみろ!」などと一貫して罵倒していた。

うさんくさいポップスの特徴としてはリスナー投稿も受け付けていた点にあっただろう。

ただしコーナー内では、はがきによる投稿しか採り上げず、ランキングに対する投稿も、すべてはがきでしか受け付けないという徹底ぶりだった(その代わり、オンエア直後の曲に対する感想はFAXで募集し、エンディングまでのわずかな時間で採り上げていた)。

また、1997年2月からはリスナーによる投票をもとにランキングを作成し曲紹介の前に発表。

当初はわずか2曲のランキングだったが週を追うごとに増加。

一時中断を挟んで、ベスト5を発表する形で4月から最終回の9月まで継続した。

ちなみに、赤坂は現在もこのコーナーに思い入れがあるのか、公式ホームページ内のインターネットラジオ『da Radio Magic』のエンディング(ラジオのチューニング音)に、このコーナーでオンエアした曲を数曲ミックスしていた(2015年の時点ではエンディングが変更され、このミックス曲は使われなくなっている)。

 

 

CHAGEのラジ王との「対決」

 

当番組の放送当時、日本における商業FM放送発足以前からの長寿番組である0時からのジェットストリームを挟んで、25時から『ラジ王』というFM深夜番組があり、その火曜日担当であり、トップミュージシャンであるCHAGEからの「抗争」も、当番組を盛り上げる一因となった。

 

ioritorei.com

 

そもそもの原因は、当番組の火曜のコーナー内で、リスナーからのリクエストにより、以前に石川優子さんCHAGEがデュエットした『ふたりの愛ランド』を放送したことにある。

この曲をあまりかけて欲しくないCHAGEは、『ラジ王』内で、やはり以前に赤坂氏が所属していた東京JAP『摩天楼ブルース』『熱風ラプソディ』をかけ「対抗」した。

さらに「対抗」として赤坂氏が、TOKYO FM局のレコード室に収蔵の東京JAPのレコードを全て隠すなどといった「実力行使」に及び、それに対しCHAGEが「リスナーである中高生の教育上よくない。借りたものは使い終わったら返しなさい」と放送中に述べたり、さらには、TOKYO FMの「社長」や「編成部長」を名乗り(実際は赤坂氏による)、CHAGE宛に怪電話や怪文書が届くなど、様々な、ある種の「アングル」っぽいやりとりが行われた。

こういった「'90年代のFM深夜番組文化」の流れの中で『ふたりの愛ランド・CHAGEさんバージョン』という曲まで生まれている。

曲中のCHAGEのパートだけを抜き出し、さらに「夏」という単語をしつこく繰り返させる編集を加えたものであり、この対決を象徴する歌となりリクエストも殺到した。

こういった「抗争」の結果、火曜日根本要のRumor Show』の最終回の日には、全編根本氏赤坂氏の二人で進行していたが、CHAGEがオンエア中に「乱入」し、激しいトークバトルが展開されている。

赤坂氏は当番組を交代後、約20年後に担当することになったエフエム愛知(@FM)の番組で、@FMの別の番組にゲスト出演するCHAGEに対し悪戯じみたメールを送るようリスナーに指示を出すなど、両者の「対立関係」は今も続いているようである。

 

 

 

ミリオンナイツ発の異色ヒット曲

 

 

ふざけた曲を流行らせることにかけて、ミリオンナイツは超一流だった。

一番のヒット曲といえば、おそらくまりちゃんズ尾崎家の祖母だろう。

今どきのコンプライアンスならバリバリ抵触しそうな気がする、相当ふざけた曲である。

 

 

尾崎家の祖母 PARTII

尾崎家の祖母 PARTII

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 

まりちゃんズ尾崎家の祖母に負けず劣らずだったのが、MEN'S 5 『“ヘーコキ”ましたね』

コンプライアンス的には平気なような気がするが、こちらも相当ふざけた楽曲である。

 

MEN'S5 ベスト・コレクション

MEN'S5 ベスト・コレクション

 

 


www.youtube.com

 

こんな曲が流れるたびに喜んでいた、青い時代の思い出。

ちなみに、赤坂泰彦はこの曲の合間合間にいちいちCHAGEさん」と囁いていた。

 

 

 

ミリオンナイツで一番の思い出

 

 

今でも鮮明に覚えている。

ミリオンナイツで一番の思い出といえば、1994年4月21日に「プロジェクト終了」宣言し同年5月18日・19日のライブTMN 4001 DAYS GROOVE』をもって10年に渡る活動を終了したTMNが、ライブ終了直後に番組へ駆けつけてくれた時のことだ。

正真正銘、TMN3人での最後のメディア出演。(※再始動後はカウントしない。)

TMNの音楽が本当に好きだった。

B'zを好きになったのも、もしかしたら自分の中の根底にTMNの音楽があったからなのかもしれない。

何故ならB'z松本孝弘TMNのバックバンドだったから。

TMNの代表曲Get Wildの、ギターを担当していたのも実はB'z松本孝弘

自分で選んだ音楽を聴くようになってから、常にTMNの音楽が傍らにあった。

TMNがテーマ曲を手がけたアニメシティーハンターも大好きだったし、小室哲哉単独で楽曲を提供した映画天と地とも大好きだった。

著者の音楽遍歴はTMNから始まったといっても過言ではない。

そんなTMNが活動を終了する、まさにその日の最後の時に、これまた大好きなラジオ赤坂泰彦のMillion Nights』に出演してくれたのだった。

ライブ終了直後の出演だから長時間の出演は叶わなかったが、ライブに行けなかったファンにとっては、とても貴重な時間を過ごすことができてとても嬉しかった。

番組の好き嫌いだけでなく、ラジオまるごと大好きなるにはこれだけで十分だ。

番組を去る前に、最後にTMNの3人で曲フリをしてくれた。

これだけでも涙ものだ。

しかも曲は名曲『Nights of The Knife』

デビュー10周年と同時にTMN終了」を各種メディアにて一斉発表した日にリリースされたシングルである。(なお、この時点ではラストシングルであった。)

 

 

Nights of The Knife

Nights of The Knife

 

 


www.youtube.com

 

 

 

 

情報化が進んだ今の社会では、こういう時に使うツールが、別にラジオじゃなくても構わないのだろう。

ピンポイントでファンに直接伝えることができるツールの方が、こういう時は好まれるのかもしれない。

だが何度もいう通り、ラジオにはあたたかさがある。

ファンではない人が聴いて、メッセージをくれる。

ファンもファンじゃない人も関係なく、TMNの活動終了を惜しんでくれたラジオ。

これからもずっと聴いていこうと思う。

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

radiko

radiko

  • radiko Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

myTuner Radio ラジオ日本 FM / AM

myTuner Radio ラジオ日本 FM / AM

  • Appgeneration Software
  • ミュージック
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村