ioritorei’s blog

完全趣味の世界

はじめて聴いた時より今の方がずっと魅力的な名曲シリーズ vol.2【YELLOW YELLOW HAPPY / ポケットビスケッツ】(1997年)

 

1997年

YELLOW YELLOW HAPPY / ポケットビスケッツ

 

 

はじめて聴いた時より今の方がずっと魅力的な名曲シリーズ

 

 

ふと懐かしい音楽を耳にすることがある。

TVやラジオで流れてくる懐かしい曲の数々。

時に「あれ?こんな良い曲だったかな?」なんて感じる曲も中にはあったりするから音楽は面白い。

本稿ではそんな「はじめて聴いた時より今の方がずっと魅力的な名曲」ばかりを取り上げていこうと思う。

 

 

YELLOW YELLOW HAPPY』とは

 

 

YELLOW YELLOW HAPPYは、1996年9月4日に発売されたポケットビスケッツ2枚目のシングルである。

週間オリコンチャートでは1度もトップ3に入ることはなかったが、ロングヒットを続けミリオンセラーを達成し、ポケットビスケッツの最大のヒット曲となった。

ジャケットは神奈川県横浜市のみなとみらいで撮影。

作曲はプロデュースもしている爆風スランプパッパラー河合氏で、『決定版!爆風スランプ大全集2 〜The Very Best Of パッパラー河合〜』でセルフカバーしている。

 

 

Yellow Yellow Happy

Yellow Yellow Happy

 

 

YELLOW YELLOW HAPPY (Album Version)

YELLOW YELLOW HAPPY (Album Version)

 

 

 

ただの色物ではなかった名曲

 

 

ポケットビスケッツ(通称:ポケビ)は日本テレビ系の当時の看板バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!から誕生した音楽ユニットだ。

ウッチャンナンチャン内村光良(TERU)、タレントの千秋(CHIAKI)、キャイ〜ンウド鈴木(UDO)の3人組から成る。

この経歴だけを見ればポケビが企画モノなのは明らかだ。

だからなのかポケビの音楽とは、人気番組に便乗した、流行り廃れられるものだとばかり思っていた。

発表当時も本作をフルで聴いたことは少ない。

それがどうだ?

今聴くと、とんでもない名曲だったのではないかと驚くばかりである。

歌詞が意外にも深いのだが、特にこのフレーズには一層の深さを感じる。

 

 

みんな欲しがるお金で 黄色い小犬を買った

みんな欲しがる幸せ 強く強く抱きしめたい

 

 

「黄色い小犬」とは何を意味しているのか?

わかるのはYELLOW YELLOW HAPPYの黄色とは、表向きには幸せの象徴を意味しているだろうこと。

しかし本質は別のところにあって、世界は未だに色で分けられてしまう。

日本人も黄色に分類される。

これは差別の対象でもある黄色でも、生まれてきたこと自体が幸せという意味なのだろう。

そのことについてはサビのフレーズでも明らかだ。

 

 

もしも 生まれ変わっても また私に生まれたい

この体と この色で 生き抜いてきたんだから

いつか 太陽が 消えてなくなる前に

もっと あなたを好きなこと 伝えなくちゃ

 

 


www.youtube.com

 

 

そうは言ってもハッキリと明言していないだけに、考えれば考えるほど深い作品だ。

だからこそ余計に「黄色い犬」の正体が気になるところだが、今はまだ解釈しきれていないのが残念でならない。

歌詞もメロディもキャッチーだから当時は一発屋の色物感が激しかったが、今聴くとなかなか考えさせられるものがある曲だとわかる。

改めて個人的名曲認定をしたいと思う。

皆さんも久しぶりに聴いてみてはどうだろう?

発表当時とは違った感覚で聴けると思うぞ。

 

 

YELLOW YELLOW HAPPY

YELLOW YELLOW HAPPY

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

Apple Music

Apple Music

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料