ioritorei’s blog

完全趣味の世界

期間限定集中掲載【往年の卒業ソング特集】春はお別れの季節です♪ みんな旅立ってゆくんです ♬《Scene.6》渡辺美里『卒業』

 

 

 

 

ラジオのパーソナリティになりたかった。

素敵な音楽を流してみんなに勇気を与えたり、思いつく限りの言葉で傍らに寄り添ってくれるラジオ・パーソナリティのように、皆さんの別れを素敵なものに変えられたら嬉しい。

 

 

 

◆じゃあね

 

春はお別れの 季節です

みんな旅立ってゆくんです

淡いピンクの桜

花びらもお祝いしてくれます

 

別れがあれば出会いもある。

 

4月になれば 悲しみは

キラキラした思い出

 

皆さんにも素敵な出会いが訪れますように。

 

 

 

渡辺美里『卒業』

 

 

『卒業』は渡辺美里さんの19枚目のシングルとして、1991年にリリースされた。

また7枚目のオリジナルアルバム『Lucky』にも収録。

作詞は渡辺美里さんが担当。

作曲は大ヒット曲『My Revolution』を作曲した小室哲哉氏が担当している。

『Lucky』のジャケットは白・青・黄色を基調としたものになっていて、この3色は「Luckyカラー」としてこの年のツアーステージセット、衣装などにも反映されている。

 

 

卒業

卒業

 

 

 

遅れてきた名卒業ソング

 

 

卒業ソングとしてはあまり定着しなかったが、あとになってじわじわくる名曲。

渡辺美里さんの曲、好きです。

当時の渡辺美里さんといえば、大ヒットした『My Revolution』熱もひとしきり冷め、あらたに『サマータイムブルース』という名曲を世に送り出したばかりだった。

そんな中で発表された『卒業』は、それまでの渡辺美里さんのイメージとはなんとなく違ったものだった。

和テイストのメロディが、新鮮だったような違和感だったような。

少なくとも渡辺美里さんから花は散るらんなんて歌うイメージは無かったな。

思うに、『卒業』というタイトルが敬遠されたのではないだろうか。

今作品を聴いた印象は学校からの卒業というより、片想いからの卒業という印象が強い。

 

 

卒業できない恋もある

街も人も 流れてゆく

卒業できない恋もある

すぐにきみに会いたいのに

こんな気持ちを

うちあけられないままに

 

 

タイトルが『卒業』だから、学校の卒業をイメージさせてしまったせいで、内容とのギャップを感じ定着しなかった。

そんな気がする。

だが大人になって聴いてみると、発表当時の印象とはひと味もふた味も違った深い味わいがあった。

つくづく小室サウンド世代なのだなと痛感する。

渡辺美里さんの『卒業』は、もしかしたら、大人になって聴いた方が良い曲なのかもしれない。

知名度はそれほど高くないのかもしれないけど、紛れもなく名曲だよ。

 

 


www.youtube.com

 

 

卒業

卒業

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

Apple Music

Apple Music

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog