ioritorei’s blog

完全趣味の世界

期間限定集中掲載【往年の卒業ソング特集】春はお別れの季節です♪ みんな旅立ってゆくんです ♬《Scene.1》おニャン子クラブ『じゃあね』

 

 

 

ラジオのパーソナリティになりたかった。

素敵な音楽を流してみんなに勇気を与えたり、思いつく限りの言葉で傍らに寄り添ってくれるラジオ・パーソナリティのように、皆さんの別れを素敵なものに変えられたら嬉しい。

 

 

 

◆じゃあね

 

春はお別れの 季節です

みんな旅立ってゆくんです

淡いピンクの桜

花びらもお祝いしてくれます

 

別れがあれば出会いもある。

 

4月になれば 悲しみは

キラキラした思い出

 

皆さんに、素敵な別れと出会いが訪れますように。

 

 

 

おニャン子クラブ『じゃあね』

 

 

『じゃあね』は、おニャン子クラブの楽曲で3枚目のシングル。

1986年2月21日に発売。

同グループ初のオリコンシングルチャート1位獲得となり、オリコン調べにおいて、おニャン子クラブとしては最も売上の多いシングルでもあった。

メインボーカルは中島美春さんで、実質ほぼソロ楽曲である。

当初は「中島美春 with おニャン子クラブ」名義で発売予定だったが、本人の希望で「おニャン子クラブ」名義になったといわれる。

フジテレビ系『夕やけニャンニャン』では、前述の "with" 表記で放送されている。

ザ・ベストテン」放送終了記念に制作されたアルバム『ザ・ベストテン A photographic record of our days』に掲載されている毎週のランキングは、中島美春名義で掲載されている。

 

 

じゃあね

じゃあね

 

 

 

 

『じゃあね』って響きがいいよね

 

 

さすが天才・秋元康氏。

ワードセンスが抜群だ。

「じゃあね」って言葉で、別れがとても前向きなものになってくる。

おニャン子クラブの全盛期はリアルタイム世代じゃないけど、記憶では解散が決まって最後に歌ったのがこの曲?

たとえこれからもう二度と会うことがなくても、「じゃあね」って言って別れたら「いつかまたきっと会おう」って気になってくる素敵な言葉。

『じゃあね』はアイドルの名曲だったけど、同じ秋元康氏作詞の名曲『川の流れのように』を思わせる叙情詩的なフレーズもある。

 

 

春はSAYONARAの港です

人はそれぞれに 船出です

空の陽射しの風に

この次の季節が こぼれてます

 

 

このフレーズには、秋元康氏の本気を感じるなww

「さよなら」じゃなくて「SAYONARA」ってあたりが、時代を感じさせてSo Good!

 

 


www.youtube.com

 

 

じゃあね

じゃあね

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

Apple Music

Apple Music

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog