ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【アニメ『機動戦士Zガンダム』を徹底解説】6月3日(金)安彦良和監督作品『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念!《ガンダム宇宙世紀特集》

 

アニメ『機動戦士ガンダム』の続編

機動戦士Ζガンダム

 

 

機動戦士Ζガンダム』とは

 

 

機動戦士Ζガンダムは、日本サンライズが制作した「ガンダムシリーズ」のテレビアニメ。

名古屋テレビを制作局として、テレビ朝日系列で1985年(昭和60年)3月2日から1986年(昭和61年)2月22日まで、土曜 17時30分 - 18時00分の時間帯にて全50話が放送された。

物語は1979年 - 1980年に放送された機動戦士ガンダムの続編にあたるが、設定はその劇場映画版3部作から連なるものとなっている。

略称は「Ζ(ゼータ)」。

前作の一年戦争から7年後の宇宙世紀0087年に起きたグリプス戦役を描く。

スペースノイドアースノイドの対立」という軸は変わらないが、前作の地球連邦対ジオン公国の戦争という明快な図式に対して、本作はティターンズエゥーゴという地球連邦軍から発生した二つの勢力による抗争を中心に、中盤以降ではジオン残党最大勢力であるアクシズが介入し、三勢力間の同盟・決裂、指導者の暗殺など、権謀術数が相まみえる構図となる。

のちに製作されたOVA機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYでは、この情勢に至る経緯(ジオン残党の抵抗と地球至上主義の台頭)に触れている。

登場人物は主人公カミーユ・ビダンら次世代の若者が登場し、年齢を重ねた前作の登場人物たちと絡む展開になる。

アムロ・レイシャア・アズナブル(本作では「クワトロ・バジーナ」)という前作の好敵手同士が、カミーユの仲間としてエゥーゴで一時的に共闘する。

カミーユフォウ・ムラサメの悲恋など、ニュータイプと強化人間の関係、可能性と悲劇が重層的に描かれる。

メカに関しては、移動形態へ変形する可変モビルスーツが多数登場し、主役機も前作の発展型(ガンダムMk-II)から物語後半では可変タイプ(Ζガンダム)へと交代する。

また、ガンダムMk-IIが敵から強奪した機体だったり、旧ジオン系の兵器が地球連邦軍で再利用されるなど、前作の設定をアレンジしている。

ナレーションは劇中でヘンケン・ベッケナーを演じる小杉十郎太氏が担当した。

前作のように戦況を解説するナレーションは少なく、主に本編冒頭のモノローグ、前回のダイジェスト、次回予告が中心であった。

次回予告は毎回「君は、刻(とき)の涙を見る」というキャッチフレーズで締めくくられた。

「ゼータ」に当てられる文字として読みの上で正しいのはギリシャ文字の "Ζ" であるが、入力の容易さ・形状の類似からラテン文字の "Z" (ゼット)が代用されることが多い。

ちなみに準備稿時点での作品タイトルは逆襲のシャアであった。

関東地区の平均視聴率6.4%、最高視聴率は11.7%。

キー局である中京圏名古屋テレビでは、関東地区よりも高い平均視聴率12.3%、最高視聴率は17.7%を記録。

人物およびメカキャラクターの刷新、作中に次々と登場する専用機や可変MS、難解な内容などのために、前作のファンからは不評を買ったが、新しいファンには受け入れられた。

本作は放映当時こそ賛否両論あったものの、20世紀末以降の若いファンにはスタンダードな作品になっている。

 

 

 

劇場用映画三部作

機動戦士Ζガンダム A New Translation

 

 

劇場用映画三部作機動戦士Ζガンダム A New Translation』(- ア・ニュー・トランスレーション)シリーズは、テレビシリーズ機動戦士Ζガンダム20周年を記念して全国松竹系劇場にて公開された映画作品である。

2005年(平成17年)から2006年(平成18年)にかけてシリーズ展開された。

公開に先立ち、東京国際ファンタスティック映画祭2004において、星を継ぐ者が2004年10月17日に先行上映された。

テレビシリーズの既存映像を用いつつも、新作映像も追加してテレビシリーズ全体を三部作の映画に再構成した作品。「A New Translation(新訳)」を謳って製作されており、物語の結末が異なるなど変更点も多い。

『劇場版∀ガンダムI 地球光』『劇場版∀ガンダムII 月光蝶以来3年ぶりのガンダムシリーズの劇場アニメでもある。

機動戦士ガンダム40周年プロジェクトガンダム映像新体験TOUR』として劇場版3部作がTCX(TOHOシネマズ独自規格ラージスクリーン)で劇場上映。

第1作が2020年2月7日より、第2作が2020年2月12日より、第3作が2020年2月16日より上映。

キャッチコピーは「再会は躍動する魂。とき放て、"Ζ" !!」(I)、「キスの記憶…」(II)、「誰も知らないラスト…新訳Ζ完結編。」「人は虚無の宇宙にぬくもりを見つけられるか!」(III)。

 

 

機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I (特装限定版) [Blu-ray]

機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I (特装限定版) [Blu-ray]

 

 

機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.II (特装限定版) [Blu-ray]

機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.II (特装限定版) [Blu-ray]

 

 

 

劇場版シリーズの概要

 


第一部

機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-

 

2005年5月28日公開 - 興行収入:8億6200万円(キネマ旬報より)

 

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- [DVD]

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- [DVD]

 

 

第二部

機動戦士ΖガンダムII A New Translation -恋人たち-

 

2005年10月29日公開 - 興行収入:6億(キネマ旬報より)

 

機動戦士ZガンダムII -恋人たち- [DVD]

機動戦士ZガンダムII -恋人たち- [DVD]

 

 

第三部

機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-

 

2006年3月4日公開 - 興行収入:4億9200万円(キネマ旬報より)

 

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- [DVD]

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- [DVD]

 

 

 

あらすじ

 

 

一年戦争終結し、7年の月日が流れた宇宙世紀0087年。

ジオン公国軍に実質的勝利を収めた地球連邦軍だったが、依然としてジオン公国軍残党による連邦軍への抵抗は続いていた。

連邦軍ジャミトフ・ハイマン准将(のち大将)は、ジオン残党の脅威を大義名分として、連邦軍内部にジオン残党狩りを目的とする特殊部隊「ティターンズ」を結成する。

ティターンズはジオン残党のみならず、コロニーの反地球連邦運動に対しても強硬策を採り、ティターンズバスク・オム大佐は、反連邦集会を行っていたサイド1の30バンチコロニーに対して毒ガス使用による住民虐殺(30バンチ事件)を行い、情報統制により事実を隠蔽する。

こうした動きに対し、連邦軍ブレックス・フォーラ准将は、ティターンズに反感を抱く連邦軍士官や兵士を中心に反地球連邦組織「エゥーゴ」を結成。

アナハイムエレクトロニクス社を中心とする月面都市フォン・ブラウン軍事産業から新造戦艦アーガマを提供されるなど資金と物資面での援助を受ける。

小惑星アクシズから地球圏偵察のため帰還し、連邦軍籍を得て潜入中のシャア・アズナブルクワトロ・バジーナ大尉を詐称しエゥーゴに参加していた。

ティターンズはコロニー再建化計画において新たに整備されたサイド7グリーン・ノアを軍事拠点化しようと目論み、連邦軍の象徴たるガンダムの後継機開発計画を極秘に行っていた。

かつてアムロ・レイホワイトベース隊のメンバーたちが暮らしていたコロニーはグリーン・ノア1グリーン・オアシスとして再建されていた。そこに本作の主人公となるカミーユ・ビダンが幼馴染みのファ・ユイリィと共に暮らしていた。

カミーユの両親は新型ガンダム開発計画に技術者として参加していたが、カミーユは父の不倫と、仕事にかまけて夫の素行を見て見ぬふりをする母に悩む鬱屈した少年だった。

カミーユは尊敬するブライト・ノアに会うためファと共に宇宙港を訪れるがそこでティターンズの新米士官ジェリド・メサと遭遇。

名前を馬鹿にされ激高したカミーユはジェリドへの暴行容疑で逮捕されるが、飛行訓練中だったガンダムMk-IIの墜落を機に基地を抜け出す。

一方、軍事基地偵察の任務を負ったシャアは因縁深きコロニーに単身潜入を試みる。

Mk-IIの存在を知ったシャアは機体の奪取を決意、部下2人とともにリック・ディアスで再び侵入する。

混乱に乗じたカミーユはブライトとティターンズの女性士官エマ・シーンの制止を振り切り、高圧的なMPへの意趣返しのためMk-IIを奪取。

さらにジェリドを心配したカクリコン・カクーラーの機体をも組み伏せる。

Mk-IIのパイロットが自分たちと敵対する意志がないと判断したシャアはカミーユと二機のMk-IIを手土産にグリーンオアシスを脱出。

こうして、ガンダム強奪事件を皮切りにエゥーゴティターンズは全面抗争に突入するのだった・・・。

Mk-II奪還のため卑劣な策を弄するバスクによりカミーユは両親を喪い、ティターンズへの反感と敵意を強めたカミーユは自らの意志でMk-IIの専任パイロットとなる。

Mk-II奪還作戦に関わったエマはティターンズの非道に憤りエゥーゴへ離反。

民間船テンプテーションの艦長という閑職に甘んじていたブライトもアーガマ隊に窮地を救われてエゥーゴに参加し、ヘンケンからの禅譲によりアーガマ艦長に就任。

シャアは月で受領した新型機百式に乗り換え、ジャブロー降下作戦の指揮を任せられる。

一方、木星帰りの男・パプテマス・シロッコは降下作戦妨害の功でティターンズに参加。

ジャミトフに忠誠を誓い一翼を担うようになっていく。

また、小惑星アクシズと共に地球圏に帰還を果たしたハマーン・カーンミネバ・ザビを傀儡に据え、彼女の摂政として辣腕を振るう。

エゥーゴティターンズの抗争に第三極として介入し、両陣営を手玉に取る。

こうして、自身の名声と過去との因縁に何度となく辛酸を舐め、凶弾に斃れたブレックスの後継者として自らの出自を明かし一軍の長となり苦悩を深めるシャア、人造ニュータイプである強化人間達との出会いや数々の悲劇を通じてニュータイプとして覚醒を遂げ、新型機Ζガンダムを与えられたカミーユ

謀略の数々により着々と手駒を増やし、やがてジャミトフの暗殺によってティターンズを掌握するシロッコ

シャアへの失恋を糧にジオン再興を目論むハマーンの4人を軸とし、コロニーレーザーグリプス2をめぐりエゥーゴティターンズアクシズ三つ巴の死闘が展開されるのだった。

 

 

 

ガンダムシリーズ」最難解にして最高傑作

 

 

ガンダムシリーズ」最難解シナリオ

 

ガンダムシリーズの中でも屈指の難解度を誇るのが機動戦士Zガンダムである。

敵味方が入り乱れ、また入れ替わるから、はっきりいって子供には理解できない。

事実、著者は初見で理解はできなかった。

エゥーゴティターンズも同じ地球連邦軍なのに、どうして戦っているのか?

昔はジオンと呼んでいた勢力が、どうして今はアクシズと呼ばれるのか?

何がなんだかサッパリである。

機動戦士Zガンダムを理解できるようになれば、宇宙世紀ガンダムシリーズはほとんどを理解できるといっても決して過言ではないだろう。

 

 

テレビシリーズ、その衝撃のラスト

 

機動戦士Zガンダムにはアニメシリーズとは別に、「A New Translation(新訳)」を謳った劇場版が存在する。

だがこの「A New Translation(新訳)」がクセもので、これを正史とするならば続く『機動戦士ZZガンダムが亡きものになってしまうのだ。

その理由が、ラストの描き方の違いである。

テレビシリーズの最終回は、まさに衝撃の内容で、敵役の元締めと対峙した主人公だが相討ちに近い格好で、最終的には主人公が精神崩壊してしまった。

精神崩壊した主人公の姿は、当時の子供にはトラウマ級の衝撃だった。

だが、主人公が精神崩壊したことで物語が繋がっていくという、なかなかエゲツないリレーで歴史が成立していたのだ。

それが劇場版では、主人公は精神崩壊することなく無事エンディングを迎えている。

この違いをどう受け止めるのかは、ファンの間でも意見が分かれるところだが、さらにその後のことを考えるなら個人的にはテレビシリーズを正史と考える。

 

 

 

機動戦士Zガンダム』に登場する主なモビルスーツ

 

 

RG 1/144 RX-178 ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様) (機動戦士Zガンダム)

RG 1/144 RX-178 ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様) (機動戦士Zガンダム)

 

 

MG 機動戦士Ζガンダム MSZ-006 ZガンダムVer.2.0 1/100スケール 色分け済みプラモデル

MG 機動戦士Ζガンダム MSZ-006 ZガンダムVer.2.0 1/100スケール 色分け済みプラモデル

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎