ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【心に沁みる名言】今日を精一杯生きるために…。#70

 

#70

心に沁みる名言

 

 

今日を精一杯生きるために…

 

 

明日ではなく今日。

今、この時を精一杯生きるあなたのために素敵な言葉を綴ろう。

 

 

 

ラディック(空白を満たしなさいより)

 

 

徹生(柄本佑)は自分が本当に佐伯(阿部サダヲ)に殺されたのかを確かめようと、転落現場である会社の屋上を訪ねるが、記憶はあいまいなままだった。

そんな中、日本中の復生者(生き返った人間)が集う会の招待状が届き、生命保険の返金問題を相談するため参加することに。

同じ復生者である木下(藤森慎吾)らと知り合い心強く思う中、宿の自室に一枚のDVDが届けられた。

そこに映っていたのは思いがけないものだった…。

その日の夜、妻・千佳(鈴木杏)に電話をかけ泣いてしまう徹生に声をかけたのはラデックだった。

ラディックは徹生と同じ復生者で、おばあさんを火事から救い亡くなっていた。
自殺のことを告白する徹生だが、理由がわからないと話す。
死ぬ直前の記憶がまったくない。
自殺では無いことを証明しようと思ったが、結局は自殺だった。
「私はあなたの気持ちを理解出来ます。」
自分も自分らしくない死に方をしたと語り出すラディック…。

 

 

過去には 罪深いこともしています

おばあさんを助けようと 火の中に飛び込んでも

それは帳消しにはならないです

 

あなたの死が…

あなたの行った素晴らしいことをすべて台無しにして あなたの人生を否定するなんて

そんなことはけっしてありません

 

死は傲慢に人生を染めます

 

たまたま最後にこぼしたインク壺の色が

全部一色に染めてしまう

 

そんなこと間違ってます

 

私の死とあなたの死は

私たちが生きてる間にした 数えきれないほどの行為の…

 

たかが ひとつじゃないですか

 

 

空白を満たしなさい(下) (講談社文庫)

空白を満たしなさい(下) (講談社文庫)

 

 

「死人に口なし」とは本当なのだと、つくづく思い知らされるような言葉である。

たまたま最期に悪印象を与える行いをしてしまった場合、それまでの功績すらすべて悪いものに塗り替えてしまう風潮が、たしかに存在する。

そして当の本人は、すでに反論する術を持たないのだ。

まさに、死人に口なし。

「死は傲慢に人生を染めます。」

なるほど、その通りだ。

古来より日本人には「滅びの美学」という考え方が根付いているが、先人たちはこの真理を知っていたのだろう。

歴史に名を残すような偉人たちは、それまでどんなに悪行を重ねていようとも、散り際だけは美しい場合が多い。

例えば織田信長が死の間際、命乞いするような無様な姿を晒していたら、今の人気は無かったのかもしれない。

例えば坂本龍馬が長生きしていたら、今ほどの知名度は得られなかったかもしれない。

信長は大願成就目前にもかかわらず、潔く本能寺で散った。

龍馬は若くして暗殺されたことによって神格化された。

歴史に名を残すような傑物は、「命を惜しむな、名こそ惜しめ」と考え生きていたに違いない。

だからこそ、散り際の潔さを重要視したのだ。

ちょうど坂本龍馬のような事例が、つい最近でも起こっているではないか。

安倍晋三元首相暗殺事件である。

もちろんあってはいけない事件だ。

だがその一方で、別の見方も出来る。

それは、たまたま最後にこぼしたインク壺の色が、すべてを一色に染めてしまったことによって、それまでの疑惑がすべてかき消されてしまったということ。

そして安倍晋三氏の名は、この事件を以って歴史に大きく刻まれることになるだろう。

良くも悪くも「死は傲慢に人生を染めます。」とは、こういうことなのである。

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

ペンギンの島

ペンギンの島

  • HABBY
  • ゲーム
  • 無料

猫とスープ

猫とスープ

  • hidea
  • ゲーム
  • 無料