ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【心に沁みる名言】今日を精一杯生きるために…。#80

 

#80

心に沁みる名言

 

 

今日を精一杯生きるために…

 

 

明日ではなく今日。

今、この時を精一杯生きるあなたのために素敵な言葉を綴ろう。

 

 

 

ウェルギリウス(アエネーイスより)

 

 

アエネーイス(古典ラテン語:Aeneis)は、古代ローマの詩人ウェルギリウス(前70年–前19年)の叙事詩

全12巻。

イリオス(トロイア)滅亡後の英雄アエネーアース(Aenēās、ギリシア語ではアイネイアース Αἰνείας)の遍歴を描く。

アエネーイスは「アエネーアースの物語」の意。

ウェルギリウスの最後にして最大の作品であり、ラテン文学の最高傑作とされる。

この作品の執筆にウェルギリウスは11年(前29年–前19年)を費やした。

最終場面を書き上げる前に没したため未完である。

彼は死の前にこの草稿の焼却を望んだが、アウグストゥスが刊行を命じたため世に出ることになった。

アエネーイス以後に書かれたラテン文学で、この作品を意識していないものはない。

 

 

胸の底で

傷は静かに生きている

 

 

アエネーイス

アエネーイス

 

 

加害者に優しく被害者に冷たい日本の法律は、この事実を軽んじいる。

由々しき問題ではあるが、一向に変わる気配がない。

そして同様のことが対人関係にもいえる。

いちいちマウントを取りたがる人間がいる。

そんな人間が何気なく放った言葉が相手を傷つける。

もちろん加害者はそのことに気づいていない。

だが被害者にとってそれは、一生ものの傷として残り続けている。

傷は胸の底で静かに生き続けているのだ。

とはいえ長い人生で、誰ひとり傷つけないで生きることは非常に難しい。

おそらくは不可能に近いだろう。

誰だって知らぬ間に、誰かしらを傷つけながら生きている。

だからこそ、ゆめゆめ忘れないことだ。

知らぬ間に誰かに与えてしまった傷は、加害者の想像以上にその根が深い。

身に覚えのない恨み辛みとは、些細なことがキッカケだったりする。

つくづく人間関係とは難しい。

とりあえず無闇にマウントを取り過ぎないことだ。

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

ペンギンの島

ペンギンの島

  • HABBY
  • ゲーム
  • 無料

猫とスープ

猫とスープ

  • hidea
  • ゲーム
  • 無料