Try Apple Music ☆Amazon人気アプリ☆ http://www.example.com/page-1/

ioritorei’s blog

完全趣味の世界

はじめての投票 How To【まもなく総選挙】現金ばらまき政策だけみて選ぶと痛い目にあうぞ

 

 

 

 

 

2021年総選挙では若者の投票率が上がる?

 

まもなく選挙戦に突入するが、各党はPR活動に躍起になっている。

今回はじめて投票する人にとっては、いったいどんな基準で何処の誰に投票すればいいのかわからなくなっていることだろう。

せっかく投票に行ってくれたのに、投票という行為自体に後悔して欲しくない。

せっかく若者が選挙に行く気になってくれたこの機運を削ぎたくない。

過去の総選挙でまったくトンチンカンな投票をしたバカな国民が、選挙直後にそんな政策は聞いていないと無様に慌てふためいた姿をTV見たことがある。

そんなことになってはいけない。

ならばどういう基準で何処の誰に投票すればいいかの、参考程度に読んでもらえたら嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

政府与党が仕掛けた巧みな集団催眠

 

それは第44回衆議院議員総選挙で起こる。

2005年(平成17年)9月11日に行われた衆議院議員の総選挙だ。

自民党は事前の大方の予測を上回る大勝となった。

何故なら小泉首相は当面の政策として郵政民営化をはじめとする構造改革の仕上げにかかるが、消費税率の引き上げや憲法改正などの課題について選挙戦で具体策を示さなかった。

開票結果は与党が327議席自民党が296議席公明党が31議席)と圧倒的勝利。

比例区の東京ブロック・南関東ブロック・近畿ブロック・四国ブロックでは自民党重複候補の多くが小選挙区で当選し、比例名簿の下位順位の候補が議席が配分され、比例下位順位の当選者が13人も存在した。

これは1996年衆院選の北関東ブロックで比例下位順位登載者が3人当選して以来である。

特に比例東京ブロック(定数17)において、ドント方式による分配では自民党に8人目の当選枠が割り当てられるはずだった。

しかしすでに名簿登載者全員が当選していた。

公職選挙法の規定により自民党分の議席は(仮に18人目の議席があれば配分される予定であった)社民党に配分される。

腐ったシステムは社民党保坂展人が当選するという、日本の比例代表制で初めての事態を発生させた。

自民党が大勝したのは、小泉首相有権者郵政民営化の是非を問う図式を作ることに完全に成功した点にある。

 

簡単に言うとこうだ。

バカな国民は小泉首相が声高に唱えた郵政民営化しか政策を知らなかった。

小泉首相を擁護するつもりはまったくもってありもしないが、消費税増税もしっかりと、しかもこっそりと政策に盛り込んでいる。

増税するのだから国民に伝えるのは当たり前のことなのだが、バカな国民は小泉首相の巧みな戦略にまんまと踊らされることになる。

 

 

f:id:ioritorei:20211017121306j:image

 

 

 

 

そんな話聞いてない?

 

投票結果が出た直後は、日本人お得意の超保守的な結果に終わっただけとしか思っていなかった。

日本国民が実はこんなにバカだったなんて考えもしない。

ちなみに総選挙の結果を受けて国民の信を得た政府与党は、この時点で消費税増税を決定している。

そんな状況下で選挙数日後に行われた支持率調査的な街頭インタビューを何の気なく見た時だった。

インタビューにこたえるある女性が驚愕の発言をする。

 

増税なんて聞いてない』

 

…えっ?

バカなの?

郵政民営化の裏で消費税増税はこっそりだがしっかり訴えている。

そんなことも知らずに盲信的に政府与党へ投票した結果がこのザマだ。

今思えばこの時のバカな国民こそ、現在のシルバーモンスターだ。

思考停止で若者を苦しめるシルバーモンスターは、昔から変わっていなかった。

日本をダメにしたのはやはりコイツらだったのだ。

今さら気づいた驚くべき真実だが、妙に納得してしまった。

 

 

 

 

 

 

これ以上日本をダメにしないために

現金ばらまき政策だけを信じるな

 

若者の投票率向上の機運が高まってきたということは、現在のシルバーモンスターどもが作り上げたダメな日本を改革する時が来たということだ。

上記のインタビュー内容を見て、何とも思わないなら日本は潰してしまった方が良いだろう。

こんなバカどもが現在の政策で一番恩恵を得ている。

そろそろもういいだろう。

次に恩恵を受けるべきは、今までバカな年寄りのために散々苦労してきた君たち若者の番だ。

 

 

 

 

 

ただしひとつだけ注意して欲しい

 

何処の誰に投票したって文句を言う奴はいない。

今の世が末永く続いて欲しいなら政府与党へ投票すればいい。

選挙権を持つということは、ひとりの大人として、自分の意思と責任で投票するということだ。

君たち若者は盲信的なバカな年寄りとは違って、多角的に柔軟に考えられる思考を持っているはずだ。

いろいろな角度からみて、自分で考え自分で決めて投票して欲しい。

いくら考えても何処の誰に投票していいのかわからないなら、今の世が善いか悪いかで決めればいい。

善いと感じているなら政府与党へ。

悪いと感じているならそれ以外だ。

そういうインスピレーションで決めるのだって自由なのだから。

自分たちの未来を誰かに委ねるのはもうやめるんだ。

自分たちの未来は自分たちで勝ち取ろう。

 

 

 

 

 

〔あわせて読む⤵︎〕

 

腐った日本の政治を正すチャンス到来【手っ取り早く得をする方法】若者よ、政府与党が一番恐れているのは君たちが選挙に行くことだ。 - ioritorei’s blog

これだから日本の政治家は馬鹿だって言うんだ。 - ioritorei’s blog

なってしまえばパラダイス♬他に厳しく身内に優しい日本の政治家。 - ioritorei’s blog

政府がビジネス化した運転免許制度をドル箱と考えている間は、池袋暴走事故の悲劇はまだまだ続く。 - ioritorei’s blog

忘れてたけどこんなこともあったね、公用車に高級車センチュリーを採用。 - ioritorei’s blog

退任を決めた菅首相の評価 - ioritorei’s blog

当たり前のことを偉そうに恩着せがましく高らかに唱える日本の馬鹿な政治家 - ioritorei’s blog

意見交換会で黙食の怪(笑) - ioritorei’s blog

 

 

 

完全趣味のブログ - にほんブログ村

 

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog