Try Apple Music Download on the App Store Watch on Apple TV Find it on Apple Arcade Find it on Apple News+ 100 人気 アニメ

ioritorei’s blog

完全趣味の世界

気づけない無神経な大人たち…【『心が叫びたがってるんだ。』から学ぶ】"気づく" ことの重要性。

 

 

 

 

ioritorei.com

 

何かに "気づく" ということは、気づいた分だけ視野が広がる。

知識が広がる。

自分の中の可能性が広がる。

"気づく" ということを、簡単に考えてはいけない。

"気づく" ことは、人間の思考のすべてにつながっている。

 

 

 

 

気づけない無神経な大人たち

 

他人からの細やかな気遣い。

優しさ。

痛み。

様々なことに気づけない無神経な大人が増えている。

おまけに、それが当たり前だと思っている節があるからタチが悪い。

そんな調子だから態度が傲慢になる。

無神経な大人が溢れる。

引きこもって誰とも接しないのならそれでもいい。

しかし、社会生活を営む上で無神経な人間は非常に迷惑な存在だ。

自分のことを考えることは大事なことだ。

しかし、自分のことしか考えられない人間ならいらない。

そんな人間を自分の近くに置きたくはない。

迷惑な存在になりたくなかったら、様々なことに "気づく" ことが重要になってくる。

 

 

 

 

"気づく" ことで成長する

 

世の中のあらゆる事象で "気づく" ことは重要だ。

何故そうするのか?

どうしてそうなったのか?

"気づく" ことは考えることだ。

"気づく" ことができなければ、疑問にすら思わないだろう。

疑問を抱かなければ、自分で答えに辿り着くことができない。

"気づく" ことができないから、考えることをしなくなる。

考えないから誰かに与えられた答えに従うしかない。

思考がどんどん一元的になる。

誰かから与えられた答えのみを頼りに、杓子定規にあらゆるすべてのことを判断する。

与えられていないものに関しては、何ひとつわからない。

だから当然、アドリブなんか一切きかない。

わからないことに対して、疑問も興味も抱かない。

そうこうしているうちに、わからないことがわからなくなる。

それが自分のわからないことなのかすらわからない。

思考停止のバカな人間の、はい、一丁上がりー。

こうなると知性のカケラも感じない、ただ下等な生物でしかなくなる。

本能と条件反射のみで生きる生物。

現在のシルバー世代が、まさにこんな感じだ。

役人根性丸出しの人間も、同様か。

こんな話は普通ならギャグの領域だが、今の日本にはこんなギャグで溢れている。

日本の嘆かわしい惨劇を目の当たりにしている今の若者には、早くに "気づく" ことの重要性を知ってほしいと切に願う。

 

 

 

 

 

"気づく" ことがすべての根幹

 

考えてみれば、"気づく" ことがすべての根幹なのだ。

自分の中にある固定観念

 

ioritorei.com

 

円滑なコミュニケーション。

 

ioritorei.com

 

上手く生きていくコツ。

 

ioritorei.com

 

ioritorei.com

 

前時代世代への憤り。

 

ioritorei.com

 

ioritorei.com

 

傲慢な人間たちへの嫌悪感。

 

ioritorei.com

 

すべては "気づく" ことから始まる。

たとえそれが自分にとって嫌なことであっても、"気づく" ことで対処できる。

かの偉大なる孫子も言っているではないか。

『彼を知り己を知れば百戦殆からず。』

敵と味方の情勢をよく知って戦えば、何度戦っても敗れることはない。

何事も "気づく" ことができれば負けることはないのだ。

 

 

 

 

気づく人、気づかぬ人―“人材育成の超プロ”が書いた

気づく人、気づかぬ人―“人材育成の超プロ”が書いた

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

  • HJ Holdings, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

Paravi(パラビ)

Paravi(パラビ)

  • Premium Platform Japan, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

完全趣味の世界 - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog