ioritorei’s blog

完全趣味の世界

【Chicago『Hard to Say I'm Sorry』(1982年)】ロックバンドのバラードこそ最強説。《Ready.4》

 

 

ロックバンドのバラードこそ最強説

 

 

音楽のジャンルは年々多岐に渡り、あらゆるジャンルの垣根もなくなりつつある昨今。

そんな世でも、ひとつの確信だけは自分の中に根強く残っている。

それがロックバンドのバラードこそ最強説だ。

ただのロックバンドのバラード好きなだけのような気もするが、なるべく多くの人に共感してもらうべく、本稿ではロックバンドのバラードの名曲をご紹介していきたいと思う。

 

 

Chicago / Hard to Say I'm Sorry(1982年)

 

 

Chicago『Hard to Say I'm Sorry』とは

 

 

『Hard to Say I'm Sorry』(素直になれなくて)は、アメリカのロックバンドであるシカゴが1982年に発表した楽曲で、代表曲のひとつ。

バンドメンバーのピーター・セテラとプロデューサーのデイヴィッド・フォスターが制作した。

同年、全米シングルチャートで2週間1位を記録。

なお、アルバム『ラヴ・ミー・トゥモロウ(シカゴ16)』に収録されている。

シカゴは、1969年から1973年ごろまではブラス・ロックが中心のバンドだった。

その後、1974年ごろからはアダルト・コンテンポラリー路線を歩み『遥かなる愛の夜明け』『渚に聴けた恋』『愛ある別れ』『朝もやの二人』などのヒットを放った。

しかし1978年ごろからヒットに見放され、この曲は久々の大ヒットとなったものである。

当時商業的には全盛期を過ぎていたと考えられていたシカゴが、この曲で7年ぶりに全米シングルチャートで1位を記録した。

日本ではオリコン洋楽シングルチャートで1982年11月1日付から5週連続1位を獲得。

アルバム・バージョンでは、『Get Away』という曲が同一トラック内で続いて収録されている。

こちらの曲は、1970年代までのシカゴの音(ホーン・セッションを中心にしたスタイル)に近いものだった。

しかし、アダルト・コンテンポラリ・ラジオ局は、『Get Away』をカットして流していたという。

なお、プロモーション・ビデオはギリシャで撮影されている。

この曲には、シカゴのバンドメンバーのみならず、セッション・ミュージシャンが参加している。

ピアノはプロデューサーのデイヴィッド・フォスターで、アメリカのロックバンド・TOTOのメンバー3人(デヴィッド・ペイチとスティーヴ・ポーカロがキーボードで、スティーヴ・ルカサーがギターを演奏)も参加している。

発表と同年の1982年には、映画『青い恋人たち』(原題:Summer Lovers)サウンドトラックでも使用された。

 

 

Hard to Say I'm Sorry / Get Away

Hard to Say I'm Sorry / Get Away

 

 

 

素敵な意訳

邦題『素直になれなくて』

 

 

原題は『Hard to Say I'm Sorry』だが、邦題の『素直になれなくて』というタイトルで広く知られている80年代の名曲。

タイトルは「It's hard for me to say I'm sorry」という歌詞の一部から。

直訳では「僕には "ごめんね" が言えそうにないから」みたいな感じかな?

このままでも十分素敵なタイトルなのだが、決定タイトルはさらに上をいっていた。

それが『素直になれなくて』

なんて素晴らしい意訳なのだろう。

こういう頭の柔らかさが欲しいものだ。

 

 

 

伝説級のバンドの色褪せない名曲

 

 

一度も解散せずに、メンバーチェンジを繰り返しながら、未だに存続しているバンド・シカゴ。

再結成するバンドは多いが、一度も解散しないで続けているのはストーンズを含め僅かだろう。

長く続けてこれた秘訣を、メンバーがインタビューで語っている。
「売れると2つのタイプに分かれる。1つは次は他のメンバー無しで俺1人で作れるなと思うやつと、やった!こいつらと一緒でよかった!と思うやつとに…俺達は後者だった。」
なるほど。

このバンドを知らなくても『サタデー・イン・ザ・パーク』映画『青い珊瑚礁のサントラ曲は耳にしたことがあるだろう。

また本作は数多のCM曲にも使用されているため、バンドよりも曲の方が有名かと思われる。

正直著者も、CMで本作を知った口である。

その美しいメロディとハーモニーは、一度聴いたら忘れることはないだろう。

 

 

Hold me now

(抱きしめてほしい)

It's hard for me to say I'm sorry

(僕には "ごめんね" が言えそうにないから)

I just want you to stay

(きみにいてほしいだけなんだ)

 

 


www.youtube.com

 

 

近頃の洋楽はリズム重視でインパクトはあっても、末長く歌い続けられるようなメロディではないように思う。

そういう意味で本作のメロディには、インパクトが欠けるのかもしれない。

だが、半世紀近く経った今聴いても何ら遜色を感じられない。

これぞまさに王道バラードといえるだろう。

こういう曲こそ、未来に歌い継がれるべき不朽の名作なのだ。

 

 

Hard to Say I'm Sorry / Get Away

Hard to Say I'm Sorry / Get Away

  • シカゴ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

iTunes Store

iTunes Store

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

Apple Music

Apple Music

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料