ioritorei’s blog

完全趣味の世界

《懐かしのドラマをプレイバック》【2000年『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』】カリスマ美容師ブームに乗じた平成中期の最大のヒットドラマ。

 

TBSドラマ

Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜

 

 

『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』とは

 

 

『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』は、2000年1月16日から3月26日まで毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系列の「東芝日曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。

主演は木村拓哉常盤貴子さん

腕はあるが人気のない美容師の男性と、難病に侵され車椅子での生活を強いられながらも健気に生きる図書館司書の女性を描いたラブストーリー。

このドラマの企画は愛していると言ってくれ以後、貴島誠一郎がずっと温めて来たものだった。

しかし貴島本人が制作1部から編成部に異動したため、弟子の植田博樹に企画を引き継がせて実現させた(貴島自身は制作という形で本作に関わっている)。

ただ、異色作のスペシャリストだった植田氏にとって王道のラブストーリーは畑違いの仕事だったため、脚本の北川悦吏子さんが信頼を寄せる大ベテランの生野慈朗ディレクターも制作に加わり共同プロデュース体制を作った。

もうひとりのディレクターである土井裕泰もTBSの看板的存在であり、この強力なスタッフ陣を構築出来たことが木村氏常盤さんの大物主役共演の実現に大きく寄与した。

また、主役2人とスタッフ達はそれまでもたびたびドラマで一緒に仕事しており、まさに旧知の間柄であった。

なお、北川さんは主題歌を担当したB'zの大ファンである。

元々TBSはこのドラマを金曜22時枠(金曜ドラマ枠)で放送するつもりだったが、当時の「日曜劇場」のスポンサーである東芝が一社提供から撤退しようとするのをTBSが引き止めるため日曜9時枠に移動させた(入れ替えた)。

そのため当初「日曜劇場」で放送予定だったドラマは、金曜22時枠で放映される際にタイトルが『金曜日の恋人たちへ』と変更されたらしい。

このドラマをきっかけに、バリアフリーという言葉が広く一般に知られるようになった。

このドラマで使われたオートバイであるヤマハ・TW200や、劇中で使用されたメーカー、オーエックスの車椅子、オペルヴィータの売り上げが増加したという。

実際にドラマ内でも、杏子たちがヴィータと発言したことがある(テレビドラマで登場している車の名前をセリフにすることは異例である)。

またこのドラマの影響からか、2000年の美容師志望率が例年より2割ほど上がったという。

平均視聴率32.3%、最高視聴率41.3%を記録。

「日曜劇場」枠としては平成中期の最大のヒット作となった。

第26回放送文化基金賞本賞受賞(1999年度)。

また、平成の民放連続ドラマの視聴率が40%を超えたのも今作が初めてとなった。

 

 

ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~(3) [DVD]

ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~(3) [DVD]

 

 

ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~ DVD-BOX

ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~ DVD-BOX

 

 

 

あらすじ

 

 

美容師の柊二はバイクで図書館に向かう途中、交差点で赤いスポーツカーの女に出会う。

お互いいい印象を持たなかったが、柊二はその女性が車椅子に乗っていることを知る。

彼女は図書館でキビキビ働く杏子だった。

杏子は、車椅子に乗る自分を特別視しない柊二にかすかな好感を持ち、柊二も純粋で柔らかな心をもつ杏子を見て、忘れかけていた何かを取り戻していくような気がしていた。

 

 

 

主題歌

B'z『今夜月の見える丘に

 

 

今夜月の見える丘にはB'zファンの中でも人気と評価が高い。

それはドラマの影響というよりは、純粋に楽曲のクオリティによるところが大きい。

とにかく歌い出しの歌詞で本作の良さがわかる。

 

 

たとえば どうにかして 君の中 ああ 入っていって

その瞳から僕をのぞいたら

いろんなことちょっとはわかるかも

 

 

大好きな人には、自分がどう見えているのか?

ドラマの内容ともリンクしているが、それより何より人間の願望そのものではないだろうか。

この歌い出しはB'zの楽曲の中でも屈指の名フレーズである。

 

 

いつでもそうやって笑ってないで

かけらでもいい 君の気持ち知るまで

今夜は一緒にいたいよ

 

 

ラストのフレーズは、最期まで健気に強がってみせた杏子の姿と完全にリンクする。

やはり良い曲だな。

いつ聴いても今夜月の見える丘には素晴らしい。

 

 


www.youtube.com

 

 

 

巷に史上最もキムタクモドキが溢れた大人気ドラマ

 

 

数ある木村拓哉主演のドラマの中でも、本作ほど真似をした人間が多かった作品はないだろう。

皆がこぞって木村拓哉の格好の真似をした。

長めの髪に無造作パーマ。

オレンジのダウンに、ストリート用にスカチューンしたTW200

本当に格好良かった…

 

木村拓哉が演じたのは美容師役であった。

ちょうどカリスマ美容師が流行り出した頃である。

そのブームにさらに油を注いだのが本作だ。

このドラマの影響もあって、2000年の美容師志望率が例年より2割ほど上がったというのもうなづける。

 

木村拓哉氏×常盤貴子さんというキャスティングは、調べた限り後にも先にも本作だけのようだ。

見慣れないせいか、当初は違和感があったこのキャスティングも回を追うごとに馴染んでいき、最終回までくると涙なしでは観れなかった。

最終回での実に美容師らしい木村拓哉の振る舞いに、脚本の見事さを感じると共に号泣しながら熱中していたのを、今でもハッキリ覚えている。

さすがトレンディドラマの名脚本家・北川悦吏子女史のドラマである。

 

本作もなかなか再放送されない作品だ。

もしどこかで観る機会があったなら、一度観てみるといい。

平均視聴率32.3%、最高視聴率41.3%。

平成中期の最大のヒット作は伊達じゃない。

 

 

 

☆今すぐApp Storeでダウンロード⤵︎

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

Hulu / フールー 人気ドラマや映画、アニメなどが見放題

  • HJ Holdings, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

Paravi(パラビ)

Paravi(パラビ)

  • Premium Platform Japan, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料