Try Apple Music ☆Amazon人気アプリ☆ http://www.example.com/page-1/

ioritorei’s blog

完全趣味の世界

音楽のプロ56人間が選ぶ‼︎【関ジャムJ-POP史SP】宇多田ヒカル、スピッツ、あいみょん、髭男、嵐、ミスチル、ドリカム、B'z、星野源の最強ベスト10‼︎‼︎

 

 

ネタバレがあります。

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関ジャム 完全燃SHOW』とは

 

関ジャム 完全燃SHOW』は、テレビ朝日系列で2015年5月10日から放送されている音楽バラエティ番組だ。

表舞台に立つアーティストから、音楽プロデューサーら裏方の人間まで、音楽業界をけん引するゲストが毎週登場し、音楽の基本から、制作の裏側や専門テクニックなどを掘り下げる音楽バラエティ番組である。

いつもは裏方のプロデューサーさん等が出演して音楽のあれこれをガチで語ってくれる、音楽好きには今の時代非常に貴重な番組だ。

ためになるから勉強のつもりでいつも拝見している。

 

 

 

関ジャム 完全燃SHOWスペシャル』

 

そんな関ジャムがスペシャルで放送された。

今回はJ-POP史をさらに深堀りし、『関ジャムJ-POP史 プロが選ぶ 豪華アーティスト9組の最強ベスト10』と題して近年のJ-POP界で数々の金字塔を打ち立ててきたアーティスト9組それぞれの名曲ベスト10を、音楽のプロたちが厳選する。

関ジャムで、いやさ音楽番組でB'zについて本気で掘り下げてくれる機会は意外と少ない。

ファン心としてそれだけで見る価値があるというものだ。

B'zの結果の発表前に、とりあえず他のアーティストの3位〜1位に選ばれた曲を発表しよう。

 

 

 

Official髭男dism

3位 宿命 ('19)

2位 Cry Bady ('21)

1位 Pretender ('19)

 

 

 

宇多田ヒカル

3位 traveling ('01)

2位 First Love ('99)

1位 Automatic ('98)

 

 

 

スピッツ

3位 楓 ('98)

2位 チェリー ('96)

1位 ロビンソン ('95)

 

 

 

あいみょん

3位 君はロックを聴かない ('17)

2位 マリーゴールド ('18)

1位 裸の心 ('20)

 

 

 

3位 Monster ('10)

2位 Love so sweet ('07)

1位 A・RA・SHI ('99)

 

 

 

 Mr.Children

3位 HANABI ('08)

2位 innocent world ('94)

1位 Tomorrow never knows ('94)

 

 

 

 DREAMS COME TRUE

3位 未来予想図Ⅱ ('89)

2位 決戦は金曜日 ('92)

1位 LOVE LOVE LOVE ('95)

 

 

星野源

3位 ドラえもん ('18)

2位 アイデア ('18)

1位 恋 ('16)

 

 

 

 

どれも名曲だらけだが、個人的にはイマイチ腑に落ちない。

メジャー曲ばかりだからだ。

シングルカットされるような曲は、ある程度万人受けを狙って作られている。

アーティストが事務所やレーベルの意向に左右されず、本当にやりたい音楽をやるためには実績が必要だ。

簡単に言えば、売れなければ本当にやりたい音楽もやれないのが実情だ。

だからシングルカットには力を入れる。

特定のアーティストを支持する人ならわかると思うが、アルバム収録曲やカップリング曲にこそそのアーティストの本質が隠されている。

プロか選ぶと銘打つからには、とことんリアルなトップ10であって欲しかった。

そういう意味では、最強の名に相応しいか疑問符が残る。

 

 

 

 

 

注目のB'zトップ10

 

とりあえず結果から見ていただこう。

 

 B'z

 

10位 太陽のKomachi Angel ('90)

  9位 Liar! Liar! ('97)

  8位 イチブトゼンブ ('09)

  7位 ギリギリchop ('99)

  6位 いつかのメリークリスマス ('92)

  5位 今夜月の見える丘に ('00)

  4位 ALONE ('91)

  3位 愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない ('93)

  2位 LOVE PHANTOM ('95)

  1位 ultra soul ('01)

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的な目線でこのランキングを眺めてみる。

正直、無難であり妥当。

特別ファンではなくても当たり障りなく聴ける曲ばかりだ。

ではファン目線ではどうだろう。

正直、意外性もなければワクワクもしてこない。

余程の演出でもない限り、このセトリでLIVEをやられてもモヤモヤしたものが残るだろう。

前述した通り、アーティストの本質はアルバム収録曲やカップリング曲にこそ隠されている。

そんな曲は1曲も入っていない。

新旧はあるもののすべてがメジャー曲だ。

 

選曲した音楽のプロたちに、9組のすべてのアーティストの作品を全曲聴けというのは無理な話だろう。

だからメジャー曲に絞って選曲したのはわかる。

だけど本当に知りたいのはそういうことじゃないのだよ…

ファンにとって一番知りたいのは、ガチでプロ目線ならいったいどんな曲の評価が高いのかだった。

やはりそういう企画を本気でやりたいなら、YouTubeとか配信系でしか叶わないのだな…

 

 

 

 

ちなみに関ジャニ∞といえば…

 

実はB'zのLIVE会場で関ジャニ∞のメンバーがすぐ後ろにいたことがある。

メンバーのひとりが大のB'zファンらしい。

誰だったか…

ステージ横のスタンド1Fの2段目。

ステージからは決して遠くはないが、横から観ているから良席ともいえない。

そんな席の一画に陣取っていた関ジャニ∞

LIVE中は着席したまま。

前の席の数列は空けてあり、誰も近づけさせないという念の入れようだった。

アンコール前に帰っていったのだが、実は最後まで関ジャニ∞だと気づかなかった。

前の席の女の子が後ろを向いて手を振っているのを見て、初めてあれが関ジャニ∞だったと知った。

さらに隣りにはDAIGOさんもいたらしい。

著者が覚えているのは、マネージャーさんかSPなのかイカツイ男性が付き添っていたことくらいだ。

あぁ、早くLIVEに行きたいな。

 

 

 

 

 

 

〔あわせて読む⤵︎〕  

 

『イチブトゼンブ / B'z』【この曲のこの歌詞がスゴい】たとえ1>99であろうとも感受できる素敵な考え方。 - ioritorei’s blog

タブーのない言葉選びと抜群の語彙力【実は歌詞がスゴい】『もう一度キスしたかった / B'z』 - ioritorei’s blog

【カリスマ・アーティストの歌に宿る】言霊の存在 - ioritorei’s blog

ウザい横文字語を覚える暇があったら、ことわざや故事の成り立ちを学べ。 - ioritorei’s blog

ウザい横文字語を覚える暇があったら、漢字の成り立ちの美しさを学べ。 - ioritorei’s blog

ウザい横文字語を覚える暇があったら、日本語の美しさを学べ。 - ioritorei’s blog

ウザい横文字語で話す奴らの本質 - ioritorei’s blog

 

かに本舗

網走水産

完全趣味のブログ - にほんブログ村

 

【プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせフォーム】 - ioritorei’s blog